フォト
無料ブログはココログ

ことば

2022年1月22日 (土)

「silly」「stupid」「foolish」の違い

 

https://eigobu.jp/magazine/silly-stupid-foolish

 

「silly」「stupid」「foolish」はどれも「バカ」という訳になってしまいますが、実際には微妙にニュアンスに違いがあります。特に「silly」は親しみを込めて使われることが多く、ネガティブにとらえてしまうと会話に誤解が生まれてしまいます。

2022年1月21日 (金)

サービスバルコニー

「サービスバルコニー」と表記されている部分は奥行きが1メートル以下と浅く、人が何か作業をする場という想定はなく、空調室外機を置くか、なにか物を置く程度の場として設置されています。従って、日当たりのよい場所に設けられることもほとんどありません。しかし、マンションで「物が置ける」というのは大きな利点。窓の庇としての役割や、子どもの落下防止という観点からも、あった方がよい施設の一つです。

https://allabout.co.jp/gm/gc/387627/#2

2022年1月19日 (水)

クラスター

https://fastalert.jp/column/coronavirus/coronavirus-technical-term#%E7%8F%BE%E7%8A%B6%E3%81%AF%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%8C%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%8F%E4%BC%9D%E3%82%8F%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E5%82%BE%E5%90%91%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B

 

新型コロナウイルス関連で使われているクラスターとは、新型コロナウイルス感染者の集団や集団感染を意味しています。

本来のクラスター(Cluster)の意味は、「群れ、集団、塊」であり、英語圏などではITや天文学などさまざまな分野で使われています。

2022年1月13日 (木)

認める

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%82%8B_%28%E3%81%BF%E3%81%A8%E3%82%81%E3%82%8B%29/

1 目にとめる。存在を知覚する。気づく。「人影を―・めた」「どこにも異常は―・められない」

2 見て、また考えて確かにそうだと判断する。「有罪と―・める」「頭がよいと―・める」

3 正しいとして、また、かまわないとして受け入れる。「自分の非を―・める」「試験に教科書の持ち込みを―・める」

4 能力があると判断する。「世に―・められる」

5 気をつけて見る。じっと見る。

イエロー・ジャーナリズム

https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0-817106

 

新聞が,扇情的な記事などを使って読者の関心をひき発行部数を伸ばそうとする行為。 1890年代にアメリカのニューヨークで,ピュリッツァー系の『ワールド』紙とハースト系の『ジャーナル』紙が演じた激しい部数拡張競争を表すことばとして用いられた。

2021年12月30日 (木)

き・けり

https://www.kotenbunpou.com/%E5%8A%A9%E5%8B%95%E8%A9%9E/%E3%81%8D-%E3%81%91%E3%82%8A/

2021年12月29日 (水)

嚆矢(こうし)

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%9A%86%E7%9F%A2/

 

1 《「嚆」は叫び呼ぶ意》かぶら矢。
2 《昔、中国で戦いを始めるとき、敵陣に向かって1を射たところから》物事のはじまり。最初。「二葉亭の『浮雲』をもって日本近代小説の―とする」

2021年12月18日 (土)

適応/適用

https://news.mynavi.jp/article/20210811-1925835/#:~:text=%E9%81%A9%E5%BF%9C%E3%81%AF%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%82%84%E6%9D%A1%E4%BB%B6,%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E6%84%8F%E5%91%B3%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82&text=%E9%81%A9%E5%BF%9C%E3%81%A8%E4%BC%BC%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B,%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9%E3%82%92%E5%BF%83%E3%81%8C%E3%81%91%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84%E3%80%82

 

「適応」はその場の環境や条件にうまく「当てはまる」という意味の言葉です。また、性質や習慣を適するように変化させることも「適応」となります。適応と似ている言葉に「適用」がありますが、「適用」は規則や法律に「当てはめて用いる」という意味です。

防寒対策?

Photo_20211218124501

 

防寒グッズの広告に「防寒対策」と書かれてあったのだが、防寒に対策するのは、どうにか防寒を突破して寒さを浸透させようとするいわば北風側の発想じゃないかと思う。

2021年12月 4日 (土)

風立ちぬ

https://blogs.itmedia.co.jp/kyamamoto/2013/10/post_27.html

より以前の記事一覧