フォト
無料ブログはココログ

ことば

2024年6月21日 (金)

過ぎたるは猶及ばざるが如し

https://kotobank.jp/word/%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%81%AF%E7%8C%B6%E5%8F%8A%E3%81%B0%E3%81%96%E3%82%8B%E3%81%8C%E5%A6%82%E3%81%97-541177

 

度が過ぎたものは、足りないものと同様によくない。不十分なのも困るが、過剰なものには弊害があり、物事にはほどよさが大切である。

[使用例] 事物の弊害はややもすれば基本色に反対するもの多し。過ぎたるはなお及ばざるがごとしとは、すなわち弊害と本色と相反対するを評したる語なり。たとえば食物の要は身体を養うに在りといえども、これを過食すればかえってその栄養を害するがごとし。栄養は食物の本色なり、過食はその弊害なり[福沢諭吉*学問のすゝめ|1872~76]
[解説] 「論語―先進」にあることばで、孔子が二人の門人、子張と子夏とを比較して中庸の大切なことを述べたものですが、ことわざとしては、程度のはなはだしいことをいさめる意で用いられます。

雨模様

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E9%9B%A8%E6%A8%A1%E6%A7%98_%28%E3%81%82%E3%82%81%E3%82%82%E3%82%88%E3%81%86%29/

 

1 雨の降りそうな空の様子。あまもよう。「—の雲」
2 雨が降っているらしい様子。あまもよう。「山間部は—らしい」

[補説]1が本来の意味。2は新しい意味で、近年はさらに「現に雨が降っている」意にも使う。

 

2024年6月12日 (水)

這っても黒豆

https://ja.wiktionary.org/wiki/%E9%80%99%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%82%E9%BB%92%E8%B1%86#:~:text=%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%8F%E3%81%96,-%E9%80%99%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%82&text=%E6%98%8E%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AB%E9%96%93%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%A8%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%81%A3,%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%88%E3%80%82

 

明らかに間違いとわかっても、自分の間違いを認めようとしないことのたとえ。
由来
黒いものが落ちており、黒豆だと言った人が、それが這いだして虫だとわかっても黒豆といいはる、という意味から。

圧巻

https://xn--3kq3hlnz13dlw7bzic.jp/masterpiece/

 

「圧巻(あっかん)」の本来の意味は「全体の中で最もすぐれた部分」のことです。

「圧倒されるもの」という意味で使用するのは正しい表現ではありません。

2024年6月 8日 (土)

人称制限

2024年6月 5日 (水)

きらいがある

https://nihongokyoshi-net.com/2019/02/19/jlptn1-grammar-kiraigaaru/

2024年6月 2日 (日)

助動詞の意味による分類表

https://wordrabbit.jp/grammar/auxiliary_verb

Photo_20240602090501

ふうだ

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E3%81%B5%E3%81%86%E3%81%A0/

2024年5月28日 (火)

悪法もまた法なり

ソクラテスは、道行く人たちと熱く議論をしていた。自らは物を知らないというスタイルで知識人たちを論破していった。このような斬新なスタイルから若者たちから広く支持されることになった。ソクラテスにやり込められて恥をかかされた者はたまったものではないため、ソクラテスは若者たちを堕落させていると言いがかりをつけられて告訴される。裁判にかけられてもソクラテスは自らの罪を認めないで、陪審員からの印象が悪くなるような発言をしていたために、死刑という最悪の判決をされることとなった。もともと陪審員には国外追放でよいという考えがあった。ソクラテスが幽閉されてから支持者たちはソクラテスを国外に脱出させるための計画を立てたもののソクラテスはこれを拒否する。逃げられたにもかかわらず死刑になるということを選んだ。そして悪法もまた法なりという言葉を残して死刑になったと伝えられる[2]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E6%B3%95%E3%82%82%E5%8F%88%E6%B3%95%E3%81%AA%E3%82%8A

2024年5月27日 (月)

思いやり

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E6%80%9D%E3%81%84%E9%81%A3%E3%82%8A/

 

1 他人の身の上や心情に心を配ること。また、その気持ち。同情。「—のある処置」「病人に対する—がない」
2 想像。推察。
「奥山の—だに悲しきにまたあま雲のかかるなになり」〈かげろふ・上〉
3 思慮。分別。
「ことに責むれば、若き人の—少なきにや」〈堤・花桜をる少将〉

 

より以前の記事一覧