フォト
無料ブログはココログ

ことば

2022年11月28日 (月)

同格の「の」

https://kou.benesse.co.jp/nigate/japanese/a13j0108.html

2022年11月25日 (金)

論理的思考力

http://ronri2.web.fc2.com/hanron13.html

2022年10月 8日 (土)

トレードオフ

トレードオフ(trade-off)とは、両立できない関係性を指します。「一方を選択すれば別な片方を失う」ということです。

 

https://www.ashita-team.com/jinji-online/business/13345#i

2022年9月 8日 (木)

クロマチック

クロマティック(クロマチックとも、英語: chromatic)は、ハーモニカおよび蛇腹系のリード楽器(アコーディオン、コンサーティーナ、バンドネオン、他)について使われる、特殊な専門用語。ダイアトニック(ディアトニック)と対になる概念。「半音階もすべて演奏できるハーモニカ」「半音階もカバーしている蛇腹楽器」が本来の定義であるが、楽器業界の慣用的な用語として、蛇腹楽器については「蛇腹を押した時と引いた時で、同一のボタン(ないし鍵盤)から同じ音が出る、押引同音式の蛇腹楽器で、半音階も鳴らせるもの」を指す。

 

https://www.weblio.jp/content/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF

2022年8月28日 (日)

「なり」の識別

https://shindohaiku.com/kotenbunpou-sikibetu-6/

2022年8月17日 (水)

腐心

名](スル)ある事を成し遂げようと心をくだくこと。苦心。「会社の再建に―する」

 

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%85%90%E5%BF%83/

2022年8月13日 (土)

マガーク効果

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%AF%E5%8A%B9%E6%9E%9C

 

マガークとマクドナルド(McGurk & MacDonald 1976)は、ある音韻の発話の映像と別の音韻の音声を組み合わせて視聴すると、第三の音韻が知覚されることを初めて報告した。たとえば、「ガ(ga)」と言っている映像に、「バ(ba)」と言っている音声を組み合わせて視聴すると、「ガ」でも「バ」でもなく、「ダ(da)」と聞こえる。 この現象は矛盾した情報を脳が言語処理を行う以前の段階で自動的に統合することによって発生するため、体験者は矛盾が生じている事を意識できない[2]。

マガーク効果は、音韻知覚が音声の聴覚情報だけで決まるのではなく、話者の口元の映像のような視覚情報など、他の感覚モダリティの情報にも影響を受けることを示しており、視聴覚情報統合の代表例となっている。海外ではMcGurk-MacDonald effectと呼ばれることもある。 マガーク効果は視覚情報と聴覚情報を矛盾させた人工的な環境によって体験できる現象であり、日常的に発生することはない[2]。

2022年6月11日 (土)

帰納/演繹

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12177697817

帰納は経験から結論を導き出すこと
演繹は絶対的に正しいと思われることから推論して結論を出すこと

「ぬ」の基本的な意味は完了です。否定(打消)の「ぬ」というのは「ず」という打消の助動詞の連体形です。

 

見分け方としては、否定(打消)の「ぬ」は連体形なので、「ぬ」の後ろに体言(名詞)がきていればその「ぬ」は否定の「ぬ」です。

 

一方、完了の意味で「ぬ」が出てきたときは、その「ぬ」は終止形です。完了の助動詞「ぬ」の活用は、
 未然形 な
 連用形 に
 終止形 ぬ
 連体形 ぬる
 已然形 ぬれ
 命令形 ね
なので、「ぬ」となるのは終止形のときだけです。終止形ということは、「ぬ」の後ろに句読点( 、や 。)がきていればその「ぬ」は完了の「ぬ」です。また、句読点のほかにも、「まじ」、「めり」、伝聞・推定の「なり」、「らし」、「らむ」、「べし」は終止形接続の助動詞なので、これらが後ろにきたときも完了の「ぬ」と判断できます。

 

また、後ろの語だけでなく前の語から判断できるときもあります。前の語が未然形なら否定(打消)の「ぬ」、連用形なら完了の「ぬ」です。

 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1823782.html

2022年6月 6日 (月)

つ、ぬ、たり、り

「つ」「ぬ」は【完了】の意味合いが強い助動詞、
「たり」「り」は むしろ ある動作が完了した時のままの状態で【存続】している点に重きが置かれる助動詞です。

 

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110121131

より以前の記事一覧