2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

リハビリ

2020年10月 1日 (木)

いわば脳と身体の関係は、車に例えると双方向に機能するエンジンとタイヤのような関係です

https://univ-journal.jp/column/202032170/

 

森岡教授:「ニューロリハビリテーションとは、近年めざましい発達を遂げている脳科学や神経科学を応用したリハビリテーションのことです。これまでの理学療法─いわゆるリハビリの世界は、さまざまな要因で運動機能が低下した人々に対して、物理的な訓練によって関節や筋肉の動きの回復を促すという考え方が主流でした。
 しかし、同じリハビリメソッドを適用しても効果が出る人と出ない人がいるのは何故か。もしかしたらリハビリには、損傷された脳や神経の働きが大きく関係しているのではないか─そういった疑問が、ここ20年ほどの脳・神経科学の発展によって、徐々に解き明かされようとしています。つまり、麻ひで運動機能が低下した手足だけでなく、運動の指令塔としての脳のメカニズムを研究し、そこから得られた知見をリハビリに活用することの重要性が示されてきたのです。
 けれど現状では、理学・作業療法士あるいは言語聴覚士が最新の知見を学び、研究できる環境が充分にあるとはいえません。また、今後この分野をめざす学生にも、ニューロリハビリテーションの大切さやスキルを学ぶ場が必要です。
いわば脳と身体の関係は、車に例えると双方向に機能するエンジンとタイヤのような関係です。エンジンの司令でタイヤが回転しますが、悪路ではタイヤが走り方を変え、それを脳に伝えて脳が新たな学習をするというわけです。従来のリハビリではタイヤだけをうまく動かそうとしていましたが、エンジンの構造や能力をきちんと知ることで、新たなリハビリの可能性が広がってきたのです。

従来のリハビリテーションの問題点

http://medt00lz.s59.xrea.com/rhx/node2.html

 

1.2.1 従来型のリハビリの考えかたには問題がある
従来のリハビリテーションは、障害をもった個人が何ができなくなったかということより、 残された能力によって何をなしうるかが重要であるという哲学に基づいて 2いる。
このため、リハビリテーションの目標は「患者が有するすべての能力を最大限に活用する」、 という方向に向けられ、「麻痺した手足を再び動かす」というアプローチはあまり考えられていなかった。
外傷の患者の場合、そもそも動かす手足がなくなってしまったからリハビリテーションを 行うため、こうしたアプローチが主流なのは当然といえば当然であるが、 脳梗塞の患者が再び歩けるようになるためのアプローチとしては、 従来型のリハビリの考えでは不十分な可能性がある。
1.2.2 学習された不使用
野良猫の前足をペンチなどで潰してやる3と、彼らは残った3本足で器用に逃げていく。
動物が何らかの理由で肢の動きが不自由になった場合、当然リハビリをしている暇などない。
この状態でも生き残るためには、"不自由になった肢の存在を急速に忘れること"しかない。 手足を無くした猫のの脳も、3本足になった体に急速に適応していく。 人間も例外ではなく、入院患者が自分のベッドで生活するときには、 麻痺した方の手足はほとんど使わなくなってしまう。
たとえば右手の麻痺を生じた患者さんが歯を磨こうとした場合、右手を出そうとして麻痺に気がつき、 その後に左手を使うかと思うとそうではない。右麻痺で入院した方の多くはすぐに左手を出し、 右手が動かない状況に急速に順応していく。
この働きは、生存競争に生き残っていくには有利な反応ではあるが、 脳梗塞の患者が、再び麻痺した手を動かすにはむしろ邪魔になっているかもしれない。

 

従来のリハビリテーションは、患者のADLの早期からの拡大を目指す。この方法論では、 装具の使用などにより麻痺側の働きをより減らし、まだ動くほうの手足の動きを鍛えることで、 患者脳の麻痺側への関心はますます低下してしまうことになる。

運動学習とニューロリハビリテーション

運動には筋力や体力など動力系(Power)の側面と,スキル
や巧みさなどの制御系(Control)の側面がある。従来のリハ
ビリテーション関連分野では動力系の研究が主であり,制御系
の研究は未開拓であった。その理由は,動力系の要素,たとえ
ば筋力や体力は数値化しやすいのに対し,制御系については定
量化そのものが難しかったことや,制御の側面がほとんどブ
ラックボックスであったことも一因として考えられる。

 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/rigaku/40/8/40_KJ00009392307/_pdf

ニューロリハビリテーション

http://www.f-seisyukai.jp/pdf/kamoku_nousottyu_01.pdf

 

科学的なリハビリテーション訓練の重要性が以前より強調されているが,個人差や環境の影響が大きく,エビデンスを作りにくいリハビリテーションは,まだまだ経験に基づいて行われ,施設間でその方法やゴール設定に差があるのが現状である.
旧来のリハビリテーションアプローチは,利き手交換などによる残存機能による代償手段の獲得が中心であり,いったん失われた機能は元に戻らないことを前提としていた.しかし中枢神経の可塑的変化や神経ネットワークの再構築による回復が起きることがニューロサイエンスによる動物実験やニューロイメジングで示されるようになり,脳障害に関するリハビリテーション(ニューロリハビリテーション)は治療としての新しい時代を迎えている

2020年8月20日 (木)

歩行分析

https://rehatora.net/%E6%AD%A9%E8%A1%8C%E5%88%86%E6%9E%90%EF%BD%9E%E6%AD%A9%E8%A1%8C%E6%99%82%E3%81%AE%E7%AD%8B%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%81%A8%E5%8F%AF%E5%8B%95%E7%AF%84%E5%9B%B2%E3%82%92%E5%9B%B3%E3%81%A7%E8%A7%A3%E8%AA%AC/

2020年8月 4日 (火)

用語集

https://noureha.com/glossary/

2020年7月23日 (木)

これまでのリハビ リテーション

http://www.rehab.go.jp/ri/event/2008openhouse/undo01.pdf

 

脊髄損傷や脳血管障害などに起因する運動機能障害に対して、これまでのリハビ リテーションでは麻痺の改善よりも、主に残存機能の強化や代償機能を活用すること で、日常生活の制約を軽減することに重点が置かれてきました。

つまり認識の前提として「治る」とか「回復する」といった種類のモノではなかったわけだ。

2020年7月22日 (水)

従来のリハビリ

https://style.nikkei.com/article/DGXKZO95468150U5A221C1NZBP01/
脳卒中の後遺症による片マヒのリハビリは従来、マヒのない側を訓練し片手で日常生活を送れるようにするのが主流だった。新手法によりマヒした側の機能をある程度回復できる可能性が出てきた。

2020年6月24日 (水)

杖歩行

2020年6月12日 (金)

鶏歩

https://clinic-yokoyama.com/blog/?p=1207
下垂足とは、下腿の外側から前面にかけて走行している腓骨神経という神経が圧迫あるいは損傷を受けることで、足関節運動に対して麻痺が生じるものです。足関節には底屈と背屈という動きがあり、その中の背屈という動きができなくなってしまいます。この背屈よいう動きができなくなってしまうと、歩くときに足が引っかかりやすくなってしまいます。腓骨神経麻痺により下垂足になると、足が引っかかるのを避けるために、足を投げ出して歩くような「鶏歩」という特徴的な歩き方になります。

より以前の記事一覧