2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

彼女が欲しい不倫不倫体験談浮気体験談エッチな出会いエッチ体験談ブログパーツ

リハビリ

2020年6月26日 (金)

高血圧になる仕組みとその弊害

https://www.kracie.co.jp/ph/k-suisinkai/ketsueki-kekkan/symptom/hypertension.html

2020年6月24日 (水)

杖歩行

2020年6月12日 (金)

鶏歩

https://clinic-yokoyama.com/blog/?p=1207
下垂足とは、下腿の外側から前面にかけて走行している腓骨神経という神経が圧迫あるいは損傷を受けることで、足関節運動に対して麻痺が生じるものです。足関節には底屈と背屈という動きがあり、その中の背屈という動きができなくなってしまいます。この背屈よいう動きができなくなってしまうと、歩くときに足が引っかかりやすくなってしまいます。腓骨神経麻痺により下垂足になると、足が引っかかるのを避けるために、足を投げ出して歩くような「鶏歩」という特徴的な歩き方になります。

2020年5月28日 (木)

半身不随と自由

2020年5月22日 (金)

歩行のバイオメカニクス

https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/report/gakujutsu/2008/3-8/SB_08.pdf

2020年5月14日 (木)

予期不安

発作がまた起きるのではないかという不安から、下記の症状があらわれることがある。 発作が起きた場所を避けるようになる。(=広場恐怖) 外出できなくなる。 発症が1回だけでも、予期不安が1か月続く場合は、パニック症(パニック障害)の可能性があります。うつ病などの他の精神疾患を併発することが多いのも特徴です。
https://www.mental-clinic.net/disease-name/dn-no06

体性感覚

体性感覚とは触覚、温度感覚、痛覚の皮膚感覚と、筋や腱、関節などに起こる深部感覚から成り、内臓感覚は含まない。皮膚感覚が皮膚表面における感覚であるのに対し、深部感覚とは身体内部の感覚を意味する。後者は固有感覚または自己受容感覚とも呼ばれ、筋受容器からの伸縮の情報により、身体部位の位置の情報が得られる。
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/体性感覚

2020年5月13日 (水)

深部感覚

https://kotobank.jp/word/深部感覚-82483
皮膚や粘膜の表面ではなく,それより深部に存在する受容器によって起る感覚。位置感覚,運動感覚,振動感覚,重量感覚,抵抗感覚など,筋,腱,関節に関係する感覚をいう。

位置覚

https://kotobank.jp/word/位置覚-31221
深部感覚の一つで,視角などに頼らずに,自分の身体の各部がどういう相対的な位置にあるかを判断する感覚をいう。関節,骨,靭帯,腱,筋肉などのあらゆる感覚を総合して感知するもので,この位置覚と運動覚をあわせて関節覚という。この感覚の障害は四肢末端で起りやすい。検査を行う場合には,たとえば被検者の目を閉じさせ,検査を行う者が片方の上肢をいろいろな位置に持ち上げ,もう一方の上肢で被検者に模倣するように命じ,それが正しいかどうかを判断する。位置覚に障害があると,他動的に関節を動かしても,伸ばしているのか曲げているのかがわからなくなる。

感覚障害

【感覚障害とは】 知覚の異常や感覚の鈍麻など、感覚神経の異常反応を生じる障害を指します。 触覚、痛覚、温度覚、振動覚、位置覚など感覚の鈍麻、痺れや痛み、筋力・統制力の低下を生じる運動感覚の失調や逃避反射の喪失などが出現すること。 【種類】 ①感覚過敏(hyperesthesia)、②異常感覚(dysesthesia)、③錯感覚(paresthesia)、④神経痛(neuralgia)などの症状を陽性症状と分類します。 また、⑤感覚鈍麻(hypesthesia)、⑥感覚脱失(anesthesia)などの症状を陰性症状と分類します。 【症状】 ①感覚過敏(hyperesthesia):周囲の音や匂い、味覚、触覚など外部からの刺激が過剰に感じられ、激しい苦痛を伴って不快に感じられる状態のこと。 ②異常感覚(dysesthesia):しびれ・ じんじん・ぴりぴりなどが自発的にみられる感覚のこと。 ③錯感覚(paresthesia):異なった感覚 として認識された感覚を指し、触覚を痛み・ぴりぴり感とし て感じることが多い。 ④神経痛(neuralgia):人の身体において、さまざまな原因により末梢神経が刺激されることに起因する痛みのこと。 ⑤感覚鈍麻(hypesthesia):五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)が敏感すぎること。 ⑥感覚脱失(anesthesia):五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)が鈍感であること。
https://kouzenkai.info/kc-rs/リハビリ豆知識第三弾「感覚障害」について/

より以前の記事一覧