フォト
無料ブログはココログ

リハビリ

2021年9月18日 (土)

一般的なリハビリ

https://tenjin.clinic/regenerative_medicine/sequelae/

脳神経細胞は、発症後6か月以降になると再生しないと言われているため、慢性期(維持期)の脳梗塞後の後遺症治療は、一般的にリハビリなど理学療法による残存機能の維持のみを目的として行われています。

2021年9月 4日 (土)

痙縮

2021年8月11日 (水)

緩和ケア

緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア

 

http://www.kanwacare.net/formedical/press/kanwacare_pressrelease140523.pdf

2021年8月 3日 (火)

トランス

トランスとは「トランスファー」の略で、「移動・乗り換え」という意味を持ちます。

 

https://kaigo.jobtoru.com/tips/?p=1225

2021年7月27日 (火)

尊厳

バランス

Photo_20210727224301

2021年7月24日 (土)

感覚障害

【感覚障害とは】
知覚の異常や感覚の鈍麻など、感覚神経の異常反応を生じる障害を指します。

触覚、痛覚、温度覚、振動覚、位置覚など感覚の鈍麻、痺れや痛み、筋力・統制力の低下を生じる運動感覚の失調や逃避反射の喪失などが出現すること。

【種類】
①感覚過敏(hyperesthesia)
②異常感覚(dysesthesia)
③錯感覚(paresthesia)
④神経痛(neuralgia)などの症状を陽性症状と分類します。
また、⑤感覚鈍麻(hypesthesia)、⑥感覚脱失(anesthesia)などの症状を陰性症状と分類します。

【症状】
①感覚過敏(hyperesthesia):周囲の音や匂い、味覚、触覚など外部からの刺激が過剰に感じられ、激しい苦痛を伴って不快に感じられる状態のこと。
②異常感覚(dysesthesia):しびれ・ じんじん・ぴりぴりなどが自発的にみられる感覚のこと。
③錯感覚(paresthesia):異なった感覚 として認識された感覚を指し、触覚を痛み・ぴりぴり感とし て感じることが多い。
④神経痛(neuralgia):人の身体において、さまざまな原因により末梢神経が刺激されることに起因する痛みのこと。
⑤感覚鈍麻(hypesthesia):五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)が鈍くなり、感じにくくなる状態のこと。
⑥感覚脱失(anesthesia):五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)が感じなくなる状態のこと。

 

https://qr.paps.jp/T1TDo

2021年7月18日 (日)

緩和ケア

「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関してきちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフを改善するためのアプローチである。」

Palliative care is an approach that improves the quality of life of patients and theirfamilies facing the problem associated with life-threatening illness, through the prevention and relief of suffering by means of early identification and impeccable assessment and treatment of pain and other problems, physical, psychosocial and spiritual

https://www.hospat.org/public_what.html

2021年7月13日 (火)

分離脳

2021年7月 4日 (日)

ホメオパシー

ホメオパシー医療としても知られるホメオパシーは200年以上前にドイツで確立された医療体系です。異なる2つの理論を基にしています。

一つは「類似したものは類似したものを治す(同種の法則)」で、ある物質を健康な人に投与すると起こる症状に関して、その症状がある人にその物質を投与すると治るという考えです。
もう一つは「超微量の法則」という考えで、薬剤が微量であるほど、その有効性が高くなるという考えです。多くのホメオパシー製品は、元の物質の分子が残らないほど非常に希釈されています。

ホメオパシー製品には、植物(赤タマネギ、アルニカ[山岳地帯の薬草]、ツタウルシ、ベラドンナ、イラクサ)、鉱物(ヒ素など)、動物(蜂を丸ごと潰したものなど)があります。ホメオパシー製品は、砂糖玉にしたものを舌下に置いて服用します。他には、軟膏、ゲル、点滴、クリーム、タブレット錠などの形状があります。治療は人それぞれに「個別化」または最適化されています。同じ症状のある人たちが、異なる治療を受けることはよくあります。

(注)日本学術会議(平成22年8月24日)において、「ホメオパシーの治療効果は科学的に明確に否定されている」との会長談話が出されている。

 

https://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c02/05.html

より以前の記事一覧