フォト
無料ブログはココログ

リハビリ

2022年11月12日 (土)

下肢の名称

Photo_20221112193801

2022年11月 8日 (火)

脳出血の後遺症

https://kaifukuki.doctorsfile.jp/sick/02

Photo_20221108222801

錯覚

https://kotobank.jp/word/%E9%8C%AF%E8%A6%9A-69142

2022年10月19日 (水)

ひじを打ったとき、たまにしびれるのはなぜ?

https://www.kodomonokagaku.com/read/hatena/5265/#:~:text=%E8%82%98%E9%96%A2%E7%AF%80%E3%81%AE%E5%86%85%E5%81%B4%E3%82%92,%E3%81%AA%E7%8A%B6%E6%85%8B%E3%81%AB%E6%88%BB%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

2022年10月 9日 (日)

5年以内の致死率

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jstroke/32/6/32_6_572/_article/-char/ja/#:~:text=%E8%84%B3%E5%8D%92%E4%B8%AD%E5%85%A8%E4%BD%93%E3%81%AE5%E5%B9%B4,%E6%A2%97%E5%A1%9E62.8%25%E3%81%A7%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%EF%BC%8E

 

脳卒中の自然経過を検討する目的で,生命予後と死因について調査し,AHAによる報告と比較した.対象は1998年4月から1999年3月に脳卒中を発症し,栃木県内で登録された5,081人である.発症から5年9カ月までの死亡の有無と,死因簡単分類で死因を調査した.生存率はKaplan-Meier法で算出した.脳卒中全体の5年生存率は62.3%であり,病型別の5年生存率は,くも膜下出血54.9%,脳出血57.9%,脳梗塞62.8%であった.死因の観察では,すべての病型で1位を脳卒中,2位を循環器系の疾患が占め,3位はくも膜下出血と脳出血では悪性新生物,脳梗塞では呼吸器系の疾患が占めた.くも膜下出血と脳出血では原疾患による急性期死亡が多く,75歳以上の脳梗塞では肺炎による死亡が多かった.AHAの報告によると,脳卒中の5年以内の致死率は男性47%,女性51%であり,栃木県の致死率は男性38.5%,女性36.7%とアメリカの報告より低かった.脳卒中の生命予後の改善には,急性期治療の充実と慢性期脳梗塞の肺炎に対する対策が重要と考える.

5年生存率

2022年8月18日 (木)

しびれ

https://www.megumikai.com/columns/inaji/000047.html

2022年7月28日 (木)

高次脳機能障害

2022年7月26日 (火)

プルースト効果

https://www.med.or.jp/nichiionline/article/008191.html#:~:text=%E7%89%B9%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%8C%E3%80%81%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%AB,%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82

特定のにおいが、それに結びつく記憶や感情を呼び起こす現象は、プルースト効果と名づけられている。フランスの作家マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』という小説の中で、主人公がマドレーヌを紅茶に浸した際、その香りで幼少時代を思い出す場面があり、その描写が元になっているということである。

 

 

2022年7月25日 (月)

自律神経は脳の視床下部に支配されている

https://setagayanaika.com/blog/1061#:~:text=%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%8D%E3%81%AF,%E5%BD%B9%E5%89%B2%E3%82%92%E6%9E%9C%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

律神経のはたらきは、脳の視床下部という場所によってコントロールされています。「視床下部は自律神経系の最高中枢」と呼ばれているほど。脳の中ではとても小さな部分ですが、人間のホメオスタシスの維持に最も重要な役割を果たしています。

より以前の記事一覧