2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

公演記録

2019年6月 2日 (日)

活動履歴

1997.1.17~19『楽園の夜』@下北沢駅前劇場(作演出)

1997.9.19~21『水の中の天使』@新宿シアターモリエール(作演出)

2002年 第24回文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作受賞

2004.7.12~20日本劇団協議会主催創作奨励公演『温室の花』@東演パラータ(作)

2004年 第26回文化庁舞台芸術創作奨励賞特別賞受賞

2005.10.8~16日本劇団協議会主催創作奨励公演​『痕-KON-』@青年座劇場(作)

2009年 第25回名古屋文化振興賞佳作
2010年 「日本の劇」戯曲賞2010最優秀賞  

2011.3.25~27新進芸術家育成公演事業等『オトカ』@恵比寿・エコー劇場(作)

2012.6.14~17『ジョマクノギ』@せんがわ劇場(作演出)

2013.4.3~7『猫町』@北品川楽間(脚本演出)

2013.6.27~014.4.27劇団飛行船公演『ロビンフッドの冒険』@多摩市民館大ホールほか、@台湾(演出)

2013.12.9~15『ささやかな/午後』@江古田兎亭(演出)

2014.10.10~13『痕-KON-』@要町アトリエ第七秘密基地(作演出)

2015.11.4~8『風待ち』@東松原ブローダーハウス(作演出)

2016.9.30~10.2『冥途』@せんがわ劇場(脚本演出)

2017.11.9~12『オトカ』@せんがわ劇場(作演出)

 

 

 

 

2018年12月 3日 (月)

『オトカ』によせて


6年ぶりの再演である。
『オトカ』の初演は2011年3月。「日本の劇」戯曲賞2010最優秀賞を受け、文化庁主催「新進芸術家育成公演事業等」として、日本劇団協議会の製作により上演された。
ちょうど東日本大震災で上演中止が危ぶまれた。
地震のあったとき、私は家にいた。寝室の薄型CDラックが倒れないように両手で壁に押しつけつつ、このまま家が倒壊したら住宅ローンの残りはどうなるのだろうと考えていた。
死の恐怖というより生の恐怖。

初演のパンフレットに私は次のように書いている。
『不惑を過ぎてなお迷い続けている。興味の対象も日々移ろいゆく。それでも書きたい気持ちの枯れぬ限りは、書き続けていきたいと思う。さて、次は何を書いたら、よかんべか?』
それから自身の演出で6本の芝居をピタパタで上演した。
そのうち3本が私のオリジナル戯曲、2本が脚色、1本が他の作家の書き下ろしである。
6年でぐるっと一周したような気がする。
先のことはまるでわからないが、とにかく2周目に入る。

ピタパタ代表 今井一隆

2018年5月22日 (火)

オトカ

Otoka 2017.11.9~11.12
@調布市せんがわ劇場
「日本の劇」戯曲賞2010最優秀賞
出演
歌野美奈子、小川由樹枝、尾山道郎、神門駿兵、佐藤詩音、田辺誠二、中井亮、船場未生
スタッフ
舞監 宮田克徳
照明・音響 高橋清志
作・演出・美術 今井一隆
撮影 ホワイトホール㈱
制作 高橋俊也(THEATRE-THEATER)/ピタパタ制作部
企画・製作 ピタパタ

冥途

Meido 2016.9.30~10.02
@調布市せんがわ劇場
出演
歌野美奈子(劇団がらんどう)、小川由樹枝、長田咲紀、尾山道郎、神門駿兵、作能太一(演劇ユニットAny)、佐藤詩音、千勢桐子(アミティープロモーション)、冨永カズエ、濱本一興
スタッフ
舞監】 宮田克徳
【照明】 高橋清志
【脚本・演出・音響・美術】 今井一隆
【撮影】creative office doel
【制作補】千風凛
【制作】 ピタパタ制作部/高橋俊也(THEATRE-THEATER)
【企画製作】ピタパタ

風待ち

Kaze2015.11.4~8
@ブローダーハウス
出演
歌野美奈子、加藤さと、尾﨑彰雄、大橋あをい、片桐美穂、西島美都子、滝野洋平、ヒロト
スタッフ
舞監 宮田克徳
照明 高橋清志
作・演出・美術・音響・映像 今井一隆
制作 高橋俊也(THEATRE-THEATER)/ピタパタ制作部
企画・製作 ピタパタ

痕-KON-

Kon2014.10.10~10.13
@要町アトリエ第七秘密基地
第26回文化庁舞台芸術創作奨励賞特別賞受賞作品
出演
山道郎、柴野弘志(劇団俵屋総本店)、歌野美奈子(劇団がらんどう)、滝野洋平(劇団俳協)、尾﨑彰雄、宮下奏(Zelfstandig)、加藤さと(プロダクションMAP)、小林依通子
スタッフ
作・演出・音響・美術 今井一隆
照明 村上士郎(龍前正夫舞台照明研究所)
舞監 ㈲加藤事務所/宮田克徳
撮影 内田誠
制作 ピタパタ制作部
当日制作  高橋俊也(THEATRE-THEATER)
企画・製作 ピタパタ

ささやかな/午後

Sasayaka 出演 靑山杉子、歌野美奈子、太田雅子、おきなお子、尾﨑彰雄、齋藤穂高、宮下奏
スタッフ
【舞台美術(絵画・陶器)】松下富裕美
【宣伝美術】いしいえつ魚
【照明/音響】ピタパタ
【制作】ピタパタ制作部/DS1

猫町

Neko 出演
柴野弘志(劇団SHOW&GOFESTIVAL)、林美月(プロダクション・タンク)、本間美由紀、尾﨑彰雄、滝野洋平(劇団俳協)、三浦梢(コズエヲプロデュース。)、五位野隆雄、板井健二、兎洞大
 
スタッフ
原作:萩原朔太郎
舞台監督:加藤事務所
舞台美術:今井一隆/加藤事務所
照明:村上士郞(龍前正夫舞台照明研究所)
音響:歌野美奈子(劇団がらんどう)
舞台撮影:内田誠(劇団がらんどう)
宣伝美術:いしいえつ魚
演出助手:穂坂拓杜(劇団己疑人)
制作:ピタパタ制作部/高橋俊也(THEATRE-THEATER)

ジョマクノギ

Jomakuギャラリー
25回名古屋文化振興賞佳作受賞作品)
出演
靑山杉子(DS1)、秋本泰英、飛鳥悠子(Brand-S)、荒川大三郎(演劇集団円)、入江純(演劇集団円)、生津徹(ファザーズコーポレーション)、小暮智美(劇団青年座)、小鷲順子(ポツりんく)、柴野弘志、染谷麻衣(劇団昴)、永井将貴(劇団昴)、南保大樹(劇団東演)、能登剛(劇団東演)
スタッフ
 
【作・演出】今井一隆
【照明】村上士郎(龍前正夫舞台照明研究所)
【音響】井出比呂之
【舞監】川田康二
【美術】根来美咲(劇団青年座)
【制作】高橋俊也(テアトルシアター)

2018年4月21日 (土)

ピタパタ活動休止のご挨拶

【転載不可】
2017年10月に、主宰で作・演出を担当する私が病に倒れ、半年ほど入院し、現在は退院して自宅に戻っておりますが、重度の後遺症が残り、活動再開の目処が立たない状況です。芝居仲間から多くの励ましの言葉も頂いていますが、身体機能のいろいろを不可逆的に喪失し、そもそも「治る」とか「恢復する」といった種類のものでなく、復帰は相当に困難というのが正直なところです。
2012年の旗揚げから概ね年一回のペースで公演を重ねてきましたが、上記の理由により、活動を休止します。ピタパタの公演を楽しみにしていてくれたお客様にはたいへん申し訳ないのですが、どうかご了承ください。ピタパタの芝居づくりに関わってくれた俳優およびスタッフはそれぞれの活動を継続していますので、引き続きそちらを応援していただけますと幸いです。また、過去作品の戯曲はこちらで公開しています。

上演用台本をお探しの方へ
上記リンク先ウェブサイトで公開中の戯曲は、学校のクラブ活動やアマチュア劇団の無料公演、ワークショップの教材としてご使用になる場合、脚本使用料は無料です。
使用許可、テキレジの許可等、いずれもご連絡いただく必要ございません。ダウンロードしてご自由にお使いください。
プロ劇団、またはそれに準じる団体(アマチュア劇団の有料公演)でのご使用の際は、事前にメールでお知らせください。使用条件

等、詳細について折り返しご連絡差し上げます。なお、脚本使用料の目安は総製作費の5%です。
その他、ご不明な点は、メール(このページの左下「メールを送信」から)でお問い合わせください。

ピタパタ主宰 今井一隆