2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

政治・経済

2019年8月16日 (金)

消費税

ゼロサム

https://kotobank.jp/word/ゼロサム-549147

一方が利益を得たならば、もう一方は同じだけの損をし、全体としてはプラスマイナスゼロになることをいいます。

2019年8月14日 (水)

今後はゲームをしない

別の言い方をするならば、関わらぬが吉ということだ。最悪の関係を避ける(=平和)のためのコストと割り切るべきなのだろう。得るものがあれば失うものもあるのだ。

2019年8月13日 (火)

心情倫理の「古層」

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51801312.html

丸山眞男は歴史意識の「古層」と並んで、政治意識と倫理意識の「古層」をさぐる三部作を書く予定だった。前者は「政事の構造」(『丸山眞男集12』)として論文になったが、倫理意識はまとまった論文にはならなかった。しかし講義や座談で、彼はその内容を語っている。

歴史意識のキーワードが「なりゆき」だとすれば、倫理意識のそれはキヨキココロである。これは善悪ではなく、動機の純粋性を基準とする倫理だ。これは「なりゆき」を重視する歴史意識と関連している。西洋的な(キリスト教の)倫理意識では、時間は最後の審判という目的に向かって流れるが、日本ではそういう未来の目的がないため、現在のキヨキココロかキタナキココロかで価値が決まる。

このような倫理は世界的にみても異例である。儒教では普遍的な規範があり、行動はその結果によって判断されるので、「直情径行は夷狄の道なり」とされ、目的合理的に行動することが求められる。これに対して日本では共同体を超えた規範がないため、特定の集団への忠誠心が倫理基準になり、結果は問われない。「生きて虜囚の辱を受けず」といった戦陣訓が強い訴求力をもったのも、こうした心情倫理の伝統があったからだろう。


消費者余剰の計算方法


http://wakarueconomics.com/経済学/post-442

2019年8月 9日 (金)

伊丹万作『戦争責任者の問題』

https://www.aozora.gr.jp/cards/000231/files/43873_23111.html

「哀れ」などという言葉で人を蔑む

2019年8月 8日 (木)

経済学の方法

http://www.seinan-gu.ac.jp/~shito/ja/econ/intro/node2.html

経済学を学ぶ前に,研究対象に対し経済学がどのようにアプローチするのかの 概観を掴んでおく必要がある. アプローチの仕方は大きく2つに分かれている.それは,理論分析と実証分析 である.理論分析は,複雑な現象を抽象化し,複雑な構造やその因果関係を明 らかにする方法である.実証分析は,抽象化した理論が,現実の現象をうまく 説明できているかを統計的に検証する.

2019年8月 7日 (水)

2019年8月 5日 (月)

慰安婦デマ

より以前の記事一覧