2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

政治・経済

2020年10月18日 (日)

知への反発?

2020年10月11日 (日)

簿記の基礎

2020年10月 3日 (土)

 芸術利権 

2020年8月28日 (金)

安倍首相辞任の意向を固める

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12198-774553/

2020年7月25日 (土)

財とサービス

https://kotobank.jp/word/財・サービス-1540962
人間の欲望を充足させるものを一括して財(貨)・サービスという。そのうち、機械や家具などの有形物が財であり、教育や医療などの無形物がサービス(用役)である。

2020年7月23日 (木)

政府機能の拡張

2020年7月16日 (木)

社会的余剰(総余剰)

https://wakarueconomics.com/経済/経済用語/post-839

 

社会的余剰(総余剰)とは、市場全体の消費者余剰の合計と生産者余剰の合計とを足し合わせたものであり、社会全体の余剰を表します。

2020年7月15日 (水)

ゼロサムゲーム

https://www.tokaitokyo.co.jp/kantan/term/detail_0178.html
ゼロサムゲームとは、ゲーム理論と呼ばれる経済理論です。参加者の得点と失点の総和(サム)がゼロになるゲームを指します。為替取引の場合、二国間の為替の取引を行うので市場全体の価値が上がるという事はありえず、一方のレートが上がれば、もう一方のレートが下がるので、ゼロサムゲームが成立します。一方、同じ投資という切り口である株式市場においては需要によって市場全体の大きさが変動するため、為替市場とは異なり非ゼロサムゲームと呼ばれます。

2020年7月 7日 (火)

損益分岐点

 

1個80円で仕入れた商品を120円で販売しています。1カ月の固定費が50万円だとすると、利益を生み出すには何個売らなければならないでしょうか?
120円で販売しており、仕入原価は80円なので、限界利益は120円−80円=40円となります。
固定費50万円を回収するためには、50万円÷40円=12,500個売る必要があることがわかります。そうすると、利益が0になる売上高は、販売額にこの12,500個を掛ければ求められます。

https://biz.moneyforward.com/accounting/basic/34/

 

仮に売価を100円としたら、どうか?
限界利益は100円-80円=20円だから、25000個売ってやっと固定費が回収できるということだ。

2020年7月 5日 (日)

[仕訳事例]仮受消費税

https://www.lan2.jp/jisyo/journal.asp?aid=1690

商品の売上代金2万2,000円(内消費税2,000円)を現金で受け取った。

現金22.000/売上20,000
     /仮受消費税等2,000

より以前の記事一覧