フォト
無料ブログはココログ

« 可視化/見える化 | トップページ | iOS/Android OS »

2024年1月10日 (水)

助詞

https://alpha-katekyo.jp/tips/tips092/

 

【格助詞】
格助詞は上につく言葉が主に体言(名詞、代名詞、数詞等です)で、上につく言葉と下の言葉の関係を示します。
上で「主に」と書いたように例外はありますが、格助詞は体言につくと押さえておけば、高校入試レベルでは、オッケーです。
上に体言がついていて「を・に・が・と・より・で・から・の・へ・や」であれば、それは格助詞です。
「を・に・が・と・より・で・から・の・へ・や」は語呂合わせのようにして覚えましょう。

 

【接続助詞】
接続助詞は上につく言葉が主に活用語(動詞、形容詞、形容動詞、助動詞)で、様々な関係で前後をつなぎます。
上で「主に」と書いたように例外はありますが、接続助詞は活用語につくと押さえておけば、高校入試レベルでは、オッケーです。
上に活用語がついていて「けれど(も)・と・ても・から・し・が・たり・て・ながら・ば・のに・ので」であれば、それは接続助詞です。
これも語呂合わせのようにして覚えましょう。

 

【終助詞】
終助詞は文の終わりなどについて、気持ちや態度を表します。
上で「など」と書きましたが、「これはね、本なのよ。」のように文節の切れ目に使われることがあります。
語呂合わせは「な・ぞ・か・ね・かしら・の・さ・よ」です。
これ以外にもありますが、文末についていれば終助詞と判断して良いです。

 

【副助詞】
一番判断が難しいのが副助詞です。
格助詞、接続助詞、終助詞かどうか判断して、それ以外が副助詞と押さえておけば良いでしょう。
副助詞は色々な語句について意味を付け加えます。
語呂合わせは「は・も・こそ・さえ・しか」「ばかり・だけ・ほど・くらい」「など・きり・なり・やら」「ずつ・でも・か・まで・とか」です。

 

が/格助詞
ば/接続助詞
は/副助詞
か/終助詞

 

« 可視化/見える化 | トップページ | iOS/Android OS »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 可視化/見える化 | トップページ | iOS/Android OS »