フォト
無料ブログはココログ

« ジャズスタンダード楽譜 | トップページ | Living is not breathing but doing. »

2024年1月26日 (金)

耳ざわり」は「障り」か「触り」か

広辞苑 第6版」(平成20年・岩波書店)

みみざわり【耳障り】 聞いていていやな感じがすること。聞いて気にさわること。▽「―がよい」というのは誤用。

「明鏡国語辞典 第2版」(平成24年・大修館書店)
みみざわり【耳障り】 〔名・形動〕聞いていて不快に感じること。▽「耳触り」と解し「耳触りがよい」のように使うのは,本来は誤り。「目障り」についても同様。
このように「耳ざわり」は,「差し支える」「害になる」といった意味の「障る」という漢字を当て,聞いていて嫌な感じがしたり,不快に感じたりすることを表す言葉です

 

https://www.bunka.go.jp/prmagazine/rensai/kotoba/kotoba_004.html

« ジャズスタンダード楽譜 | トップページ | Living is not breathing but doing. »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャズスタンダード楽譜 | トップページ | Living is not breathing but doing. »