フォト
無料ブログはココログ

« 5年生存率 | トップページ | 消去法の過去 »

2022年10月 9日 (日)

5年以内の致死率

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jstroke/32/6/32_6_572/_article/-char/ja/#:~:text=%E8%84%B3%E5%8D%92%E4%B8%AD%E5%85%A8%E4%BD%93%E3%81%AE5%E5%B9%B4,%E6%A2%97%E5%A1%9E62.8%25%E3%81%A7%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%EF%BC%8E

 

脳卒中の自然経過を検討する目的で,生命予後と死因について調査し,AHAによる報告と比較した.対象は1998年4月から1999年3月に脳卒中を発症し,栃木県内で登録された5,081人である.発症から5年9カ月までの死亡の有無と,死因簡単分類で死因を調査した.生存率はKaplan-Meier法で算出した.脳卒中全体の5年生存率は62.3%であり,病型別の5年生存率は,くも膜下出血54.9%,脳出血57.9%,脳梗塞62.8%であった.死因の観察では,すべての病型で1位を脳卒中,2位を循環器系の疾患が占め,3位はくも膜下出血と脳出血では悪性新生物,脳梗塞では呼吸器系の疾患が占めた.くも膜下出血と脳出血では原疾患による急性期死亡が多く,75歳以上の脳梗塞では肺炎による死亡が多かった.AHAの報告によると,脳卒中の5年以内の致死率は男性47%,女性51%であり,栃木県の致死率は男性38.5%,女性36.7%とアメリカの報告より低かった.脳卒中の生命予後の改善には,急性期治療の充実と慢性期脳梗塞の肺炎に対する対策が重要と考える.

« 5年生存率 | トップページ | 消去法の過去 »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5年生存率 | トップページ | 消去法の過去 »