フォト
無料ブログはココログ

« 靴の脱ぎ履き | トップページ | 脳は再生しない(?) »

2021年4月23日 (金)

高血圧=塩分の過剰摂取だけが原因ではない

https://www.familyset.jp/column/%E8%A1%80%E5%9C%A7%E3%81%A8%E5%A1%A9%E5%88%86%E3%81%AF%E9%96%A2%E4%BF%82%E6%80%A7%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%EF%BC%9F%E9%AB%98%E8%A1%80%E5%9C%A7%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%9F/#:~:text=%E9%AB%98%E8%A1%80%E5%9C%A7%3D%E5%A1%A9%E5%88%86%E3%81%AE%E9%81%8E%E5%89%B0%E6%91%82%E5%8F%96%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%8C%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84&text=%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%80%81%E9%AB%98%E8%A1%80%E5%9C%A7%E3%81%8C%E5%BF%85%E3%81%9A%E3%81%97%E3%82%82%E5%A1%A9%E5%88%86,%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%84%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82

塩分を過剰に摂取すると、体内に水分が蓄積し、血流量が増えることで血圧が上昇するため、塩分と血圧には深い関係がある。ただ、高血圧には本態性高血圧や二次性高血圧などがあり、塩分以外が主な原因として高血圧になるケースもある。そのため、高血圧が必ずしも塩分によるものだとは言い切れない。実際に、塩分と血圧は必ず関係があるわけではなく、まだ証明されていないとする報告がなされたこともある。また、ナトリウムと水分を共に排出する腎臓のナトリウム排泄機能が、うまく働かない場合も高血圧になるといわれている。
塩分で血圧が高くなる仕組みは血液量
塩分に含まれるナトリウムを多く摂ると、血液の濃度が高くなるため、浸透圧を一定に保とうとする働きで血液中に水分が増える。ただ、水分だけが増えることはなく、水分と同時に血液量も増えるため、血管壁にかかる負担が大きくなり、血圧が上がる仕組みになっている。他にも、肥満などの生活習慣や遺伝、薬などによって、血圧は上がるといわれている。

« 靴の脱ぎ履き | トップページ | 脳は再生しない(?) »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 靴の脱ぎ履き | トップページ | 脳は再生しない(?) »