フォト
無料ブログはココログ

« 今のマンションに | トップページ | とは云ふもののお前ではなし »

2020年12月30日 (水)

余生

過去の「栄光」というほどのものではないにせよ、少なくともアイデンティティを支える矜恃たりえる客観的事実があるならば、それにすがって生きるしか、自己同一性の先にわずかな未来が開ける可能性がないのだ。もはやそういう余生の中にいる。そういう自覚がある。

« 今のマンションに | トップページ | とは云ふもののお前ではなし »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今のマンションに | トップページ | とは云ふもののお前ではなし »