フォト
無料ブログはココログ

« 盗みの構造 | トップページ | ディスコミュニケーション »

2020年9月 9日 (水)

脳内身体表現

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sicejl/56/3/56_181/_pdf

 

運動を行おうとするとき,脳の中ではあらかじめ行う
運動の計画がたてられる.この運動計画は,運動前野,補
足運動野などの高次運動領野とよばれる領域でつくられ,
その運動計画に基づき身体のさまざまな筋に対して,一
次運動野から皮質脊髄路を経由して筋収縮,弛緩の命令
が伝達される.このように運動計画をあらかじめたてる
ためには,操作対象である手や足などの効果器の正確な
位置情報が必要となる.なぜならば,運動を行う時に操
作対象の効果器がどの位置にあるのかという情報がなけ
れば,どの筋をどの程度収縮させるかが決定できないか
らである.

 

« 盗みの構造 | トップページ | ディスコミュニケーション »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 盗みの構造 | トップページ | ディスコミュニケーション »