2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2020年7月 | トップページ

2020年8月

2020年8月12日 (水)

親切

こちらの問いに的確に回答する、その情報開示の態度こそが親切というものだ。 身勝手な妄想に基づく物語に他人を回収し、他人のリソースを無駄遣いして肥大した自己愛の充足に使うことでは決してない。

片手落ち

PCのキーボードも片手でしか打てなくなった。それに伴い、思考も片手落ちになった気がする。

2020年8月11日 (火)

self23

安楽死

手術後10日間も意識が戻らなかった。あのまま死んでしまっていれば、厄介な余生を生きずとも限りなく安楽死に近かったのに。と正直、思わずにいられない。

京都安楽死事件

https://news.yahoo.co.jp/articles/161e090893d531569523fb0d74a323efb0ef8542?page=1

実は何も考えていない

2020年8月10日 (月)

札幌ブラック

Black

狸小路の巡回コースに入っていたものの、何丁目目だったか記憶が定かじゃなく気になっていたのだが、雑誌宝島の記事で検証できた。1丁目だったのだ。

不随意運動

https://www.igaku-shoin.co.jp/misc/pdf/1402107652.pdf

ホームセンター

多摩川の土手のサイクリングロードを進んでホームセンターへ行ってきた。土手上に見つけた白い建物は公衆トイレだった。

余生

2017年の秋に発病し、この時点で人生が終わった。のだが、死に損なって、人生は余生に入った。あのときすっきり死んでしまった方が楽だったと正直、思わずにいられない。

2020年8月 9日 (日)

シャットダウンボタンを作る

https://dekiru.net/article/14278/

地下鉄

に乗るのは札幌駅まで。そこから南へは歩いて行く、そう決めていたわけではないけれどなんとなくそんな感じだったなと、ストリートビューを眺めながら思う。

2020年8月 8日 (土)

排泄障害

南平台の洋館

https://www.shibuyabunka.com/area.php?id=12&num=2

キングムー

https://sapporokara.com/2017/12/28/post-864/

2020年8月 6日 (木)

1988年札幌

ぶん回し

麻痺により足首の底背屈ができぬのであるから、無理に「マトモ」な足の振り出しを模倣すれば爪先を地面に引き摺る。そうして捻挫することを避けようと思ったらいわゆるぶん回しになるのは道理だろう。

死ぬのはいつも他人ばかり

マルセルデュシャンもいうように「死ぬのはいつも他人ばかり」で、己の死を認識することはできない。

外出?

車椅子で外出しようかとも思ったが暑いのでよして、杖歩行でマンション敷地の端まで杖歩行。 杖を持ちながらのドアの開閉で指に痛み。それ由来で足にクローヌスが出た。どこがどう繋がってるんだかわかったものじゃない。

限りある人生のリソースを

「諦めたらおしまい」だとか「奇跡は起きる」などの陳腐な精神論に従ってムダに消費するわけにはいかないのだ。

2020年8月 5日 (水)

クラーク会館

言葉は正真正銘の身振りである

多摩川住宅名店街

http://blog.livedoor.jp/gotokentarou/archives/68522718.html

多摩川住宅中央名店街

2020年8月 4日 (火)

太田病院移転跡

https://www.torisen.co.jp/shop/gunma/oota/333/

コミュニケーション的弱者

そもそも彼らは「コミュニケーション」の何たるかを知らぬ。せいぜいその場しのぎの愛想の良さ程度にしか思っていないのだ。

病前/病後

病気を境にして、人生は断絶した。
病後にひとつも作品を書けないかもしれぬという焦りがある。
書くためには自己相対化が必要で、それをすればするほど、状況は絶望的であることと己に死期の迫っていることを認識しないわけにはいかぬ。

最後の晩餐

食事には気をつけたい。
というのも、それが最後の晩餐になる蓋然性がそれなりに高いからだ。何を食ったっていい。「誰と」が問題だ。だから、バカでくだらない人間とは金輪際飯を食いたくない。

死期

漠然とではあるけれども、死期の迫っているのを感じる。

用語集

https://noureha.com/glossary/

体感幻覚

https://www.nozomigaoka.com/businessblog/121_2018-02-01_13-35-00.html

2020年8月 3日 (月)

札幌駅の歴史

札幌地下街

旧柏屋

http://noborito.biz/wp-content/uploads/2019/09/Kashiwaya02.jpg

 

多摩区登戸2466

時間と記憶は溶解しあっている

現実の知覚の構造

2020年8月 2日 (日)

サプライズ

独りよがりな物語に他人を回収して悦に入る。それを動機の純粋性で正当化する、だから俗にいう「サプライズ」ってやつは大嫌いである。

2020年8月 1日 (土)

梅雨明け

今日8月1日に長い梅雨が明けたらしい。

“文化/自然という二項対立”を疑わない思考形式

« 2020年7月 | トップページ