2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 資料をめくって | トップページ | 不要なトラブル »

2019年10月15日 (火)

起立性低血圧


https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/SearchResults?query=%e8%b5%b7%e7%ab%8b%e6%80%a7%e4%bd%8e%e8%a1%80%e5%9c%a7&icd9=458.0

立ちくらみは、血圧制御の異常が原因で引き起こされます。正常な場合、立ち上がると、重力によって脚や体幹の静脈に血液がたまります。血液が下の方にたまることで血圧が下がり、心臓から脳に送り出される血液の量が減少します。脳に流れる血液が減ったことで、めまいなどの症状が起こります。通常はこれを補うため、神経系の働きによって速やかに心拍数が上昇して、血管が収縮し、その結果として、症状が現れる前に血圧が正常に戻ります。この代償機能を担っている神経系は、自律神経系と呼ばれています( 自律神経系の概要)。 多くの病気により、血圧の制御に問題が発生して、立ちくらみが起きやすくなることがあります。原因の種類には以下のものがあります。 病気や薬剤による自律神経系の機能不全 心臓が血液を送り出す能力の低下 血液量の減少(循環血液量減少) ホルモンに対する反応性の低下 原因は、症状が新たに発生したものか、しばらく続いていたものかによって異なります。 一般的な原因 立ちくらみが新たに発生した場合、最も一般的な原因は以下のものです。 血液量の減少(脱水または失血に起因する可能性) 薬 長期間の床上安静 副腎の活動低下(副腎機能不全) 立ちくらみが長期にわたって(慢性的に)発生している場合、最も一般的な原因は以下のものです。 加齢に伴う血圧調節の変化 薬 自律神経系の機能不全

« 資料をめくって | トップページ | 不要なトラブル »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 資料をめくって | トップページ | 不要なトラブル »