2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月30日 (水)

飲み会@味の民芸

S__2138124_0

2019年10月30日、古くからの芝居仲間である柳沢さん、森川さん、歌野さんと我が家の近所のファミレスで飲み会。久しぶりに逢えて嬉しかったし楽しい時間を過ごせた。

シンタックス

人間のエッセンス

シーニュ

共有地の悲劇

https://kotobank.jp/word/共有地の悲劇-1125495

 

「共有地の悲劇」とは、1968年に生物学者ギャレット・ハーディンが雑誌「サイエンス」に掲載したモデルのことである。
・このモデルは、Dawesによって1975年にゲーム理論として定式化され、社会的ジレンマ、特に環境問題を言及するときに頻繁に取り上げられる。
・ある集合体の中で、メンバー全員が協力的行動をとっていれば、メンバー全員にメリットがあった。しかしそれぞれが合理的判断の下、利己的に行動する非協力状態になってしまった結果、誰にとってもデメリットになってしまうことを示唆したモデルである。
・(例)
ある共有の牧草地があり、5人の村人がそれぞれ20頭ずつ羊を飼っている。ここには羊100頭分の牧草しかなく、それが守られていれば、村人みんなが牧草地の恩恵に預かれる。また、この羊は1頭100万円で取引され、羊が1頭この牧草地に増えることにより餌となる牧草が減り、栄養不足のため99万円で取引される。以後、1頭増える度に、1万円ずつ取引価格は下がっていく。(初期の村人一人の取引高は2000万円)
合理的な村人は、自分の効用(利益)を最大限に高めたいと考える。村人にとって、羊を減らしたり、現状数を維持するより、増やしたほうが自分にメリットがあると考える。そこで村人Aはもう1頭羊を放牧した。結果、村人Aは2079万円の利益を得た(羊21頭×99万円)。他4人の村人は、1980万円と取引高が減った(羊20頭×99万円)。
それを見た周りの村人も自分の効用を最大限に高めたいという合理的な考えの下、それぞれが自由に羊を共有地に放し始めた。結果として、牧草地が荒れ果て誰にとっても使えないものになってしまった。
加えて、自由に放牧した場合の総利益は最適に管理された状況での総利益よりも少なくなってしまう。例えば、5人全員が1頭ずつ羊を増やした場合、一人当たり1995万円(羊21頭×95万円)となり、適正に管理をしていたときに受け取れる利益2000万円(羊20頭×100万円)より少なくなってしまう。
また、全体の利益を考えても、最適な管理下での総利益は1億円(羊20頭×100万円×5人)であったはずが、自由な放牧下では、9975万円(羊21頭×95万円×5人)と、こちらも減少する。
・周りと協力すれば誰にとってもいい結果であったものが、自らの利益追求図ろうとしたため、最終的には誰にとっても悪い結果になってしまうことを意味している。

忘却

仕事/労働

絵は、いかにも実物らしく見せかけるものではない

2019年10月29日 (火)

証人

拙作の芝居で共演した役者が結婚することになったとのことで、婚姻届の「証人」を頼まれた。というわけで、当人が書類を持って我が家に来た。めでたい話だし、久しぶりに会えて嬉しかった。末永くお幸せに!

2019年10月28日 (月)

ウェーバーの定義による「権力」

2019年10月27日 (日)

末梢神経障害

末梢神経には手足を動かすための運動神経、感じたものを脳に伝えるための感覚神経、内臓などの働きに関係する自律神経が含まれています。末梢神経障害の時には、主に自覚症状として感覚や運動の症状が起こります。感覚の症状はしびれ、痛み、触った感じなどがわかりにくいと言うような症状です。運動の症状は力が入りにくい、筋肉がやせるというような症状です。但し、これらの症状は末梢神経以外の神経の病気でも起こりえます。例えば脳梗塞でも力が入りにくくなり、しびれや痛みを伴う時もあります。自律神経障害では立ちくらみなどに関連することがあります。末梢神経障害の症状は一般的には手足の先の方でより強く出てきます。また体の構造上、末梢神経が圧迫されやすい部分があり、体の特定の部位のみに症状が起こることもあります。

 

http://www.byouin.metro.tokyo.jp/tmnh/medical/medical/neurology/disease/pn.html

多発神経障害

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/09-脳、脊髄、末梢神経の病気/末梢神経疾患/多発神経障害

 

 

多発神経障害(多発神経炎)は、全身の多くの末梢神経に同時に機能不全が起こる病気です。
感染症、毒性物質、薬剤、がん、栄養不良、その他の病気などが原因になって、多数の末梢神経に機能不全が起こります。
感覚、筋力、またはその両方が障害されます。多くの場合は、まず足や手に、続いて腕、脚、または体幹に症状が現れます。
診断は、筋電図検査、神経伝導検査、血液検査、および尿検査の結果に基づいて下されます。
基礎疾患を治療しても症状が軽減されない場合は、理学療法や薬剤などの治療が有用になることがあります。
多発神経障害には次の2種類があります。
急性(突然始まる)
慢性(数カ月から数年かけて徐々に発生する)
原因
急性の多発神経障害には、以下のように様々な原因があります。
細菌が作る毒素が関与する感染症(ジフテリアなど)
体が自分の組織を攻撃する自己免疫反応(ギラン-バレー症候群[ ギラン-バレー症候群]など)
薬剤、例えば抗けいれん薬のフェニトイン、一部の抗菌薬(クロラムフェニコール、ニトロフラントイン、スルホンアミド系薬剤など)、一部の化学療法薬(ビンブラスチンやビンクリスチンなど)、一部の鎮静薬(バルビタールやヘキソバルビタール[hexobarbital]など)
がん(多発性骨髄腫など)が神経へ直接浸潤したり、神経を圧迫したり、自己免疫反応を惹起したりすることで神経が損傷を受ける
特定の毒性物質、例えば有機リン系殺虫剤、リン酸トリオルソクレシル(TOCP)、タリウムなど
慢性の多発神経障害は、しばしば原因不明です。分かっている原因としては以下のものがあります。
糖尿病(最多— 糖尿病)
過度の飲酒
チアミン欠乏などの栄養不良(栄養不良状態のアルコール依存症患者を除けば、米国ではまれ)
ビタミンB12欠乏症(亜急性連合性脊髄変性症[ 亜急性連合性脊髄変性症]やしばしば悪性貧血[ 吸収不良]の原因になる)
甲状腺機能低下症(甲状腺の活動が不十分になった状態)
鉛や水銀などの重金属や、その他の有害物質
腎不全
肺がんなどのある種のがん
まれに、ビタミンB6(ピリドキシン)の過剰摂取
慢性の多発神経障害の最も一般的な原因は、血糖コントロール不良の糖尿病ですが、過度の飲酒によって起こることもあります。
糖尿病性神経障害は、糖尿病が原因で発生する数種類の多発神経障害です。(糖尿病では単神経障害または多発性単神経障害が発生することもあり、後者では、眼や太ももの筋肉に筋力低下がみられるのが典型的です。)
遺伝性の多発神経障害を有する人もいます( 遺伝性ニューロパチー)。
多発神経障害で侵される神経は原因によって異なり、運動神経(筋肉の動きを制御している神経)、感覚神経(感覚情報を伝える神経)、脳神経(頭部、顔面、眼、鼻、筋肉、耳と脳とをつないでいる神経)のいずれかが侵される場合もあれば、これらのうち複数が侵される場合もあります。
症状
ギラン-バレー症候群などで起こる急性の多発神経障害は、両脚に突然現れ、急速に上方に広がって腕に達します。症状としては筋力低下、チクチクする感覚、感覚消失などがみられます。呼吸を制御している筋肉が侵され、呼吸不全に至ることもあります。
最も多くみられる種類の慢性多発神経障害では、感覚だけが侵されます。最初に症状が現れるのは、通常、足ですが、手の場合もあります。目立つ症状は、チクチクする感覚、しびれ、灼熱痛、振動覚の消失、位置覚の消失(腕や脚の位置を認識できない状態)などです。位置覚が失われると、歩行が不安定になり、立っているだけでもふらつくようになります。その結果、筋肉が使われなくなり、最終的には筋力低下と筋肉の萎縮が生じます。そして、筋肉が硬直し恒久的に短縮(拘縮)します。
糖尿病性神経障害では、手足にチクチク感や灼熱感が起こる、遠位型の多発神経障害と呼ばれる症状が現れます。痛みはしばしば夜間に悪化し、触れられたり温度が変わったりすることでもひどくなります。温度感覚と痛覚が失われるために熱傷(やけど)を負ったり、長時間の圧迫やけがによって皮膚に潰瘍ができたりします。過剰の負荷がかかっていることの警告サインである痛みを感じないために、関節は損傷を受けやすくなります。このような損傷は、シャルコー関節と呼ばれています( 神経病性関節症)。
多発神経障害では、血圧、心拍、消化、唾液分泌、排尿など、無意識に維持される体の機能を制御している自律神経系の神経がしばしば侵されます。典型的な症状は便秘、性機能障害、血圧の変動などで、血圧の変動は立ち上がったときに最も顕著にみられます(起立時にみられるこのような急激な血圧の低下を起立性低血圧と呼びます)。皮膚の色は青白くなり、乾燥して発汗量が減少します。頻度ははるかに下がりますが、排便または排尿を制御できなくなり、便失禁または尿失禁に至ることもあります。
遺伝性の多発神経障害では、足の指がかぎつめのように曲がる槌趾(つちゆび)変形、足のアーチの高さの増大、は脊椎の弯曲(脊柱側弯症)を伴うことがあります。感覚異常と筋力低下は軽度です。これらの症状は、本人も気づかずにいたり、気づいてもたいしたことではないと考えていたりすることがあります。なかには、重症化する患者もいます。
どれだけ完全に回復するかは、多発神経障害の原因によって異なります。

涙が出なくて目が乾く

末梢神経に原因がある場合 顔の筋肉だけが動かなくなるという症状で病院にいらっしゃる方の多くは、末梢神経である顔面神経の麻痺によるものです。多くの場合片側だけ目が閉じない、瞼が下がる、口が動かない、食べ物が口の端からこぼれるなどの症状が出ます。中には食べ物の味が感じにくくなる、涙が出なくて目が乾く、などの症状も見られる場合があります。末梢性の顔面神経麻痺が何故起こるのか、まだはっきりわかっていません。 比較的急に起きる(数日単位で症状が完成)ようなものの場合には、顔面神経の炎症などで筋肉を動かすという情報がうまく 伝わらなくなるということが想定されていますが、そうだとしても、なぜ、どんな炎症が起きているのか、さまざまな原因が可能性として挙げられています。まず水疱瘡ウィルスが神経の中で活動的になって麻痺が起こる、という考え方があります。その場合、適切な抗ウィルス薬によってより早く治る可能性があります。また、自分の身体に備わっている病原体をやっつけるための蛋白質が、間違って顔面神経を攻撃してしまって症状が出る、ということも考えられています。稀に両側の顔面神経に麻痺が出ることがありますが、このような場合の多くはこういうことが 原因ではないかと考えられています。そのほか、やはり腫瘍やデキモノで神経が圧迫されて起きる場合がありますが、その場合には急に症状が出てくるということはあまりないでしょう。数週間~数年単位で症状が進むと考えます。
http://www.azabunougeka.or.jp/renew/syojyo/mahi.html

感覚障害

https://medley.life/news/56d650d0267e7f13008b8663/
運動神経同様、感覚神経にも経路が存在します。感覚神経は脊髄あるいは延髄で交叉し大脳まで上行していきます。そのため、感覚神経が脳内で損傷された場合も一般的には反対側に感覚障害の症状が現れます。感覚神経は脳出血を発症しやすい視床と呼ばれる部分を中継地点とし、大脳へと経路を伸ばしています。そのため、視床出血を起こすと感覚障害が出現しやすいです。また最も脳出血を起こしやすい部位である被殻と呼ばれる部分が出血を起こした場合も感覚障害が現れることは多いです。その理由としては、被殻のそばには内包と呼ばれる部分があり、この内包にも感覚神経線維が通っていることから感覚障害を引き起こしてしまうのです。感覚障害を起こすと、冷たい・温かいという感覚がわからなくなる、触られてもわからない、痛みがわかりにくくなる、自分の手足の位置が目をつぶるとわからなくなるといった症状が現れます。

2019年10月26日 (土)

婚姻届の証人

●書き方について ・生年月日は「昭和」「平成」など和暦で記入。 ・住所は現在証人が住民登録している住所を記入。 ・本籍は戸籍に記載されている本籍地を記入。 ・万が一、記入に間違いがあった場合は該当箇所を二重線で消して、その枠内の余白に正しい内容を記入します。この時、修正液や修正テープは使用できません。 ●証人に婚姻届に署名してもらう項目は? ・証人2人には、婚姻届にある「証人」の欄に「署名」「生年月日」「住所」「本籍」をそれぞれ記入してもらい、印鑑を押印してもらいます。 ●印鑑について ・証人が使用する印鑑は認印でも実印でも問題ありません。インク浸透式のゴム印(通称:シャチハタ ※注1)以外が良いとされています。
https://wedding.mynavi.jp/contents/press/detail/post-28/

空間的にも

時間的にも充分な「余白」が必要なんだ。

勝手に他人に投影

挙げ句に身勝手な病名を投げつけてきたりな。まったく迷惑な話である。

死なないでよかった

とも言い切れぬ状態が一生続くのである。

ただ何となく

そう思うからということをいくら語気を強めようが合理的根拠は発生しない。それがわからぬからバカだというのだ。

実在論

嫌い

脳卒中によって起こる障害とは

https://medicalnote.jp/contents/150610-000004-PNNCLG

 

脳卒中における障害の代表的なものには、大きく分けて以下の7種類があります。
意識障害
麻痺・感覚障害
言語障害
嚥下障害
高次脳機能障害
精神障害
半側空間無視

 

脳卒中における脳損傷が同じように起こっても、左脳と右脳には違った症状が現れてきます。
右脳は、私たちヒトが全体のバランスをとるための役割を果たしています。すなわち、右の脳がやられてしまうと、全体のバランスを取ることができなくなってしまうのです。全体のバランスが取れなくなると、本能的に色々なものごとに固執してしまうようになります。「これはダメですよ」と言ってもそれを止めることができず、衝動を抑制することもできず、学習することもできないため、何度注意しても同じ失敗を繰り返してしまいます。このため、中等度以上の右脳損傷の患者さんの治療は難しいと言えます。これを右半球損傷による劣位半球症候群と呼びます。
それに対して、左脳は計算や言語分野など、非常に高次で、限局的な機能を備えています。それゆえ、左脳が障害を受けてしまうと、言語障害(失語症)や失計算、失書などが起こります。このために、左脳に障害を持った患者さんは重症だと思われがちですが、右脳に障害を受けた患者さんと違い、全体のバランスは保たれています。そのため、左脳損傷の方は右脳損傷の方と対照的に、「学習」ができます。
言語障害は起こってしまうため、言語能力の低下は認められますが、非言語的な学習はできます。ですから、左脳に障害を持っている患者さんの方がリハビリテーションによって回復しやすいといえるでしょう。しかし、大脳が広範に損傷された場合は、左右に関わらず、重度な高次脳機能障害が生じ、回復は容易ではありません。

そもそも知覚が存在するのは、私が私の身体によって世界に属しているから

2019年10月25日 (金)

ソシュールの記号学解体=構築の後段階が目指すもの

短絡的ですらない

論理的合理性を欠いた願望の強調になど、耳を貸す価値がないだろう。

過去

怒りを忘れない

どうにでも

好きにしたらいい。私の与り知らぬことだ。

2019年10月24日 (木)

居留守

ベルギーのパラ金メダリストが安楽死、世界に合法化訴え

https://www.cnn.co.jp/showbiz/35144373.html

うつくしい美術解剖図

★演劇活動休止のご報告

【転載不可】
2017年10月に、主宰で作・演出の今井(=私)が病に倒れ、約半年の入院後、退院して現在は自宅に戻りましたが、重度の後遺症が残り、演劇活動再開の目処が立たない状況です。芝居仲間から励ましの言葉も多く頂いていますが、身体機能のいろいろを不可逆的に喪失し、「治る」とか「恢復する」といった種類のものでなく、復帰は相当に困難というのが正直なところです。
2012年の旗揚げから概ね年一回のペースで公演を重ねてきましたが、上記の理由により、ここで活動を休止します。公演を楽しみにしていてくれたお客様にはたいへん申し訳ないのですが、どうかご了承ください。ピタパタの芝居づくりに関わってくれた俳優およびスタッフはそれぞれ個々の活動を継続していますので、引き続き応援していただけますと幸いです。また、過去作品の戯曲はこちらで公開しています。
ピタパタ主宰 今井一隆

https://www.pitter-patter.info/blank-1

2019年10月23日 (水)

主体

「奥さん・奥様」は他人が呼ぶ呼び方

https://trend-town.info/archives/1854.html

シニフィアン

鉄の三角形

想像界/象徴界

自己愛

「親切にしてやった私」を享受したいというのが言い過ぎならば、「親切にしてやらなかった私」から逃れたいのだろう。

勝手に

どこへでも行くがいい

私の与り知らぬことだ。

不要な干渉

を退けるのは手間だから、そもそもそれを招き入れぬ環境作りを自ら心がける必要がある。

母集団と標本


2019年10月22日 (火)

プロレタリアート(英語表記)proletariat

https://kotobank.jp/word/プロレタリアート-128221

 

階級としての資本家,すなわちブルジョアジーに対立する概念で,資本主義社会において,生産手段をもたず,みずからの労働力を資本家に売ることによって生活する階級としての労働者をさす。奴隷や農奴とは異なって生活手段の所有から解き放されているばかりでなく,人格的な自由をもち,自己の労働力を商品として資本家に販売することのできる自由な労働者が多数生み出されたのは,ブルジョア革命と本源的蓄積過程においてであり,産業革命以後,社会は大きくブルジョアジーとプロレタリアートに分離された。彼らを社会階級として初めて認めたのは A.スミスであったが,マルクスは,労働者階級は唯一の価値の創造者であり,歴史変革の主体であると規定した。語源はラテン語の proletetarius (無産者) 。かつては無産者階級,今日では労働者階級と訳されるが,労働者階級が経済学的規定をもつ用語であるのに対して,プロレタリアートはより広義の歴史的,社会的な概念を含む用語として用いられることが多い。プロレタリアを労働者,勤労者,無産者,プロレタリアートを労働者階級,無産者階級と訳して区別することもある。

twitter

以下リンク先フォローお願いします。
twitter

芥川全集

が届いた。
持っていると思い込んでいたのが、実は持っていないと判ったのでオークションで文庫を買ったのだ。

軽くあっさりと嫌い合ってゆけばいい

反省がたりない?

アイデンティティ

ウェブサイトを整理

する中で『オトカ』のダイジェスト動画を眺める。やはり心残りがないといえば嘘になる。場当たりに立ち会いたかったし、音響オペもしたかった。要するに演出がツメきれなかったのが悔しいというのが正直なところだ。今さら言っても詮なきことではあるし、あの状況でよくぞここまでに仕上げてくれたという思いも嘘ではないのだけれど。

昨夜

少し長めに歩いたら、疲れが溜まったのか、今朝は膝がぐらぐらする。

2019年10月21日 (月)

杖歩行で

ちょっとした買い物に行こうとしたが、
雨で断念。

冥途

「栄 造 さ ん 」
「 ん ?」
「も し も 私 が 死 ん だ ら 、 私 の こ と 、 忘 れ て く だ さ る ?」
「え ?」
「 最 初 か ら 何 も な か っ た み た い に」

杖歩行

できる距離を伸ばしたい。スピードは結果的に後からついてくるものだろう。

自然全体は我々自身の生の上演であり、もしくは、我々の一種の対話の相手である

余白

転ばぬように気をつけるだけでは足りぬ。転んだら起きられないという「余白」のなさが問題なのだ。

ストレス解消を目的とした外出

に伴うストレスが、解消されるストレスを上回るならば、じっとしていた方がマシである。

自分の敷いたロジックでないやり取りは、我慢ならない病?

どうやら、自分の敷いたロジックでないやり取りは、我慢ならない病やな🐻

 

言霊に縛られずに、破綻前には、ユーモアベターよおばちゃまに習い玉恵💇

 

 

これまた何を言ってるのかわからない。いつもいつも自己完結した妄想をまき散らすばかりで話にならないから、所与の条件から飛躍することなく論理を積み重ねよと言っているのが理解できないようだ。自分で言ってて「言霊」の意味も知らぬらしい。それでいて、どういうわけか国語力には自信があるらしいから嗤わせる。裁判を戦った経験が自尊心の支えになっているらしい。くだらない。

排除?

君よ、君の相手は、なるほど君、以外は、排除し、続けるのか

 

さすれば、君は、唯我独尊なり🐼

 

妄想に基づく身勝手でデタラメな物語に他人を回収する、それを正当化するために他人の発言を曲解・矮小化して、「○○病」などと無礼かつトンチンカン漢なレッテを貼りつけてくる。それが曲解であるからそう指摘すると、被害者ヅラして「排除」とかいいだすわけだ。バカじゃねえのか? って話である。

 

2019年10月20日 (日)

2F隅の我が家から

マンションの共用廊下を経てエレベーターで1Fエントランス、一旦外に出て、正面玄関脇の非常階段を上って我が家に戻った。ちょっとした歩行訓練。結局のところ、ある程度まとまった距離を歩く、というのがいちばんの練習になる。問題は脚の筋力じゃないのだということを実感する。しかし(「専門家」を含めて)傍目には、筋力の問題に見えるのだろう、というか、そのストーリーがもっとも呑み込みやすいからそこに回収したがるのだろうけれど。

関わらぬが吉

他人をダブルスタンダード呼ばわりしておきながら、どの発言が、どのようにそうなのかを明らかにしない(できない)。こんな人間とはやはり関わらぬが吉であろう。

『オトカ』オンデマンド書籍

Otokahon

画像をクリックしてください

障害等級

障害等級 1級
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状によって、日常生活ができない程度のもの。 (他人の介助を受けなければ自分の身の回りのことができない程度)
障害等級 2級
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が、 日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの。 (必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で労働により収入を得ることができない程度)
障害等級 3級
労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの。 また、傷病が治癒していない場合は労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のもの。

 

https://nenkin-support.jp/knowledge/grade/

2019年10月19日 (土)

パリサイ人

https://kotobank.jp/word/パリサイ派-116907


1 キリスト時代のユダヤ教の一派。律法を厳格に守り、細部に至るまで忠実に実行することによって神の正義の実現を追求した。その結果形式主義となり偽善に陥ったが、ユダヤ教を後世に伝承することになった。ファリザイ派。
2 宗教や道徳で、形式に従うだけで、内容をかえりみない人。偽善者。形式主義者。

要するに思考怠慢者であり、平たくいえばバカである。

パリサイ主義

話の筋が通らぬ

バカな話を見聞きするとストレスがかかり、血圧が跳ね上がるらしい(実体験)。

自由の条件

「伝統」とか言ってりゃ己の思考の怠慢が正当化されると思ってるバカには反吐が出る。

加重平均

https://toukeigaku-jouhou.info/2015/08/23/weighted-average/

湯ドクター

https://www.u-doctor.com/

持っている

と思い込んでた芥川龍之介の全集を実は持ってないとわかったので、オークションで入札。

情緒的自己満足

意味不明

鷲は、全て、理解しておる🐗
鷲は、ヌシの頭の、上野ほうで、見回り、

鷲は、ときおり、地上のエサに、舞い降り、

鷲は、また、黄昏に、飛び立つ

戦況は、もう説明せんで、よかと🐗

しんどん。もう、ここいらで、よか🐧

 

鳥の鷲と一人称の「儂」をかけているようである。
だとしても意味不明で何が言いたいのか、まるでわからない。
自分が全知全能の神だと言いたいのだろうか? だとすれば、ずいぶんな思い上がりだ。何を根拠にそう思えるのか。
これの文意が理解できないのはこちらのユーモアのセンスが欠如してるからなんだとよ。

 

脳ドック

https://www.ota-g-hospital.com/noudoc.html

関わらぬが吉

という判断に至るに充分な経験をしたのだ。そのことを忘れてはならぬ。徒にリソースを削られたくないなら、それなりの努力が必要だ。

ソシュールは「音楽も舞踊も広い意味のコトバであり、これが動物と人間の境界を画する唯一のしるしだ」と考えた。

主語もなければ

何についての言及なのかさえ明らかにされない、ただ頭に浮かんだ妄想を書き連ねただけの「文章」が、理解できないのは読み手にユーモアのセンスが欠如してるせいなんだとさ。小学生以下の作文力で、なんでそこまで自惚れられぬのだろう?

 

自分の意思を阻害する

この身体の存在が疎ましい。

自助努力

妄想に基づき勝手につくりあげた客観的に無根拠なストーリーに現象を押し込めるために、他人の言葉を曲解・矮小化して自説の補強材料に使う、そうされぬようにするために、そういう人間との関係を絶つくらいの自助努力は必要だろう。

 

 

ニューロリハビリテーション

http://www.izumino.or.jp/sick/past/20170804_nerve79.html

 

ニューロリハビリテーションとは、脳科学を応用したリハビリのこと。 麻痺した手足だけでなく、それらに運動の指令を出す脳のメカニズムにも目を向け、 その回復を図ることで麻痺の改善をめざす治療法です。 以前は不可能と言われていた維持期においても麻痺の改善報告があるなど、科学的根拠のある有効な治療法です。 注目されているのは、脳の可塑性。 可塑性とは、良くも悪くも変化するということ。 リハビリをすることで脳は変わることができるのです。
麻痺のない状態では、無意識に歩いたり動いたりできますが、 例えばゴルフやダンスなど新しい運動を始めるときは無意識ではできません。 体の動きやバランスなどを意識し、コツを覚えて、何度も繰り返してうまくできるようになります。
麻痺がありうまく歩けない場合も同様です。 「歩く」という新しい動作を、麻痺のある足を意識して、体重移動し、バランスをとって、コツを覚え、繰り返し練習します。 続けることで、障害が生じた部位の働きを補おうと脳が変化し、機能が改善するのです。

気圧の変動と自律神経

https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/theme/201804.html


春は気温の寒暖差とともに、気圧の変動によっても、自律神経のバランスを崩しやすい時季です。気圧が下がったり上がったりすると、耳の奥にある内耳が敏感に感知します。内耳とは、中耳のさらに奥に位置し、三半規管や前庭など体のバランスを保つ気管が集まっている部分です。
内耳が感じ取った気圧低下などの情報は、内耳の前庭神経を通って脳に伝達され、それによって自律神経はストレス反応を引き起こし、交感神経が興奮状態になります。その結果抑うつやめまいの悪化、心拍数の増加、血圧の上昇、慢性痛の悪化などの症状が現れます。
もともと人間は、ある程度の外部環境ストレスには耐えられるようになっています。そのバランサーとして機能するのが自律神経です。自律神経が正常に機能するためには、暑い場所では汗をかき、必要な場所で血圧が上がるような自然環境が必要です。しかし、空調が完備された環境で暮らしていたり、昼夜逆転するなど生活リズムが乱れたりしていると、自律神経が整いにくくなってしまいます。その結果、気圧の影響についていけない体になってしまうのです。
気象病にならないためには、重要なのは天気や季節変化から受ける影響を少しでも減らし、痛みなどで体調を崩してしまう回数を減らすことです。そのため、自律神経を整えて寒暖差や気圧の変動に耐えられる体づくりを心がけましょう。



2019年10月18日 (金)

事実に反すること

を即座にそう指摘するのが脊髄反射で推敲が足りないんだとよ。バカじゃねえのか?

方向を微調整

しながら自走している車椅子に他人の力を加えられるのは怖いし迷惑である。しかし、おのが「善意」は何にも増して尊重されるべきと考える心情倫理絶対視型人間は、それが伝わらない。(施してやってる私)という自己愛を充足させるためにそのような不利益は施される側が引き受けるのが当然と思っているのだ。

態度

良心

増水した川

に近づかぬようにするように、事故リスクの予測可能な環境はできるだけ避けるのだ。その程度の自助努力は必要だろう。「環境」には人間関係も含まれる。意思疎通できない(するつもりがない)のみならず、他人の言葉を曲解して己の根拠なき妄想の補強材料としたがる人間には金輪際関わらぬことだ。

夢の中で

大学生の自分が半身不随になっていた。

意思疎通不可能

な人間と、一緒に飯など食いに行きたくない。そんな拷問に耐えねばならぬ筋合いはない。

2019年10月17日 (木)

クッションの綴じ目

俗情との結託

大西巨人の文学用語。大衆におもねった通俗的な表現のこと。

 

http://d.hatena.ne.jp/keyword/¯%BE%F0%A4Ȥη%EB%C2%F7

身振り

2019年10月16日 (水)

感情論

まったくである。俗情と結託した心情倫理の絶対視により、おのが善人性が担保されると考えているのだろう。かような思考の怠慢(善人ヅラしたがるバカ)こそが害悪である。

身体図式

2019年10月15日 (火)

不要なトラブル

に巻き込まれぬよう、切るべき縁は切ってしまおう。

起立性低血圧


https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/SearchResults?query=%e8%b5%b7%e7%ab%8b%e6%80%a7%e4%bd%8e%e8%a1%80%e5%9c%a7&icd9=458.0

立ちくらみは、血圧制御の異常が原因で引き起こされます。正常な場合、立ち上がると、重力によって脚や体幹の静脈に血液がたまります。血液が下の方にたまることで血圧が下がり、心臓から脳に送り出される血液の量が減少します。脳に流れる血液が減ったことで、めまいなどの症状が起こります。通常はこれを補うため、神経系の働きによって速やかに心拍数が上昇して、血管が収縮し、その結果として、症状が現れる前に血圧が正常に戻ります。この代償機能を担っている神経系は、自律神経系と呼ばれています( 自律神経系の概要)。 多くの病気により、血圧の制御に問題が発生して、立ちくらみが起きやすくなることがあります。原因の種類には以下のものがあります。 病気や薬剤による自律神経系の機能不全 心臓が血液を送り出す能力の低下 血液量の減少(循環血液量減少) ホルモンに対する反応性の低下 原因は、症状が新たに発生したものか、しばらく続いていたものかによって異なります。 一般的な原因 立ちくらみが新たに発生した場合、最も一般的な原因は以下のものです。 血液量の減少(脱水または失血に起因する可能性) 薬 長期間の床上安静 副腎の活動低下(副腎機能不全) 立ちくらみが長期にわたって(慢性的に)発生している場合、最も一般的な原因は以下のものです。 加齢に伴う血圧調節の変化 薬 自律神経系の機能不全

資料をめくって

必要な情報を拾い出す、ただそれだけの作業が、病前の1/3程度にしかできぬのだ。

幼児の対人関係

2019年10月14日 (月)

銀杏並木@北大

メニエール病

https://inoue-jibika.jp/meniere/index.html

メニエール病というと「若い女性がストレスでめまいを起こす病気」というイメージがあるのではないでしょうか。メニエール病の原因はずばり「内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態)」です。その根底にはストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格などがあると考えられています。 内耳には前述したとおり、①聞こえの細胞が詰まっている蝸牛と、②平衡機能を司る三半規管と耳石器があります。この両方もしくはどちらか一方が強く水ぶくれになるかにより症状が異なります。蝸牛が強く水ぶくれになれば、めまいは感じず難聴だけを自覚します。水ぶくれが弱ければ難聴を自覚せず、「耳が詰まった感じ」や「耳鳴り」、「音が響く感じ」のみ出現する場合もあります。反対に三半規管・耳石器が強く水ぶくれになれば、難聴や「耳が詰まった感じ」などは感じず、めまいのみを自覚します。めまいの強さも「グルグル回転する激しい」ものから、「フワフワ雲の上を歩いている感じ」のものまでさまざまです。めまいの持続時間は10分程度から数時間程度であることが多く、数秒~数十分程度のきわめて短いめまいが主である場合、メニエール病は否定的です。

脳貧血

脳の血液循環量が一時的に減少した状態。起立性低血圧・ショック・失血などによって起こり、顔面蒼白・冷や汗・めまいなどの症状が現れ、意識を失うこともある。 脳の血流が不足して起こる障害。頭痛,あくび,冷汗,嘔吐(おうと),めまい,耳鳴り,意識消失などを呈する。原因は急激な失血,心不全,精神感動,過度の運動,長時間の入浴,飢餓など。静かに横臥(おうが)し,衣服をゆるめ,原因療法を行う。

 

https://kotobank.jp/word/脳貧血-112012

血管性迷走神経反射

過度のストレスや強い痛み、恐怖心などが原因となり迷走神経が刺激され、末梢の血管が拡張し血圧が低下するために、脳に十分な血液が送れなくなり起こります。立位または座位で生じますが、横になった状態では起こりません。症状は血の引くような感じ、冷や汗が出る、目の前が暗くなる、吐き気や腹部の違和感などですが、これらを前兆として失神(気を失う)に至ることもあります。 失神を起こした場合は他の病気の可能性を考え、場合によっては検査が必要です。電車の中や朝礼などでの長時間の立ちっぱなし、注射や採血のあと、激しい腹痛のあとなど、生活のさまざまな場面で起こる可能性があり、寝不足や飲酒といった状況はこの反射をさらに起こりやすくします。 対応としては、まずは迷走神経反射を起こしやすい状況を避けることです。すべてが避けられなくても例えば朝礼の前日はしっかり睡眠をとる、採血や注射は寝た状態で行うなども有効な対策です。 前兆を感じた場合は、可能であれば横になる、不可能ならばしゃがみこむことですが、どちらもできそうもなく症状が軽い場合は、足を交差させてふくらはぎや臀部(おしり)に力を入れたり、両手を引っ張ることで血圧が上昇し、失神が予防できることがあります。症状がなくなったら、ゆっくり慎重にようすを見ながら立ち上がってください。

http://koganei-med.or.jp/info/info_memo/230.html

アドバイス

と称する(自己愛を満足させるための)不要な干渉。退けるコストはこちら持ちなのだから、迷惑この上ない。

 

ありがちな

ベタなストーリーが悪いというのではない。それをそうと認識せぬ(できぬ)不用意な筆致(鈍感さ)が悪なのだ。

私と共にある

身体図式

森ゆうこ議員の国家戦略特区に関する質問通告

今月25日

で、私の三回忌である。早いもんだ。
入院中の方が今よりよかったことといえば「正当な手続きを経てここを出さえすればまた元通りの生活に戻れる」と「外部」を信じることができたことだ。それを「希望」と呼ぶならば、希望はもはや完全に潰えた。

2019年10月13日 (日)

話すべき言葉など何もない。


なぜなら何を言ったところで新たな曲解の材料として消費されるだけだからだ。
そのことを経験から学んだ。
ゆえに関わらぬが吉と結論づけたのである。

2019年10月12日 (土)

騙される脳

装具

を久しぶりにつけている。歩きやすいとか安定するとかいった実感はないが、ごくシンプルな物理の理屈で、いわゆる「ぶん回し」を回避しやすいってのはあるようだ。

下肢装具のメリット


脳卒中など麻痺のある人は、歩行の装具を使うことでどのような利得があるのでしょうか。
まず第一に、介助量が減ります。全く不自由がなくなるわけではありませんが、装用することで長く歩行することができ、楽になることが多いです。
第二に、尖足(せんそく:つま先が不自然に変形)・反張膝(はんちょうしつ:膝が後方に押される)・拘縮(こうしゅく:かたまること)、といった望ましくない変化を予防する効果があります。
第三に、自己流ではない正しい運動が学べます。適切な時期に適切な装具装用が必要です。

http://www.kameda.com/patient/topic/rehabilitation/14/index.html

良性発作性頭位性めまい

http://www.kma.jp/kouhou/no136/2.html


良性発作性頭位性めまいは起床や前かがみなど、頭の位置を変化させたときに、回転性めまいが短時間おこるめまいです。また、歩行中ふわふわとした浮動感やゆらぎを訴えることもあります。そして、めまいのおこり方は気まぐれで、反復します。
 20年前までは、めまいの種類の中でも原因不明の軽症のいわゆる「めまい症」の占める割合が高く、効果のある治療法はなく、自然に治ることを待っていました。しかし、現在ではこの「めまい症」の多くは良性発作性頭位性めまいであることがわかりました。めまい専門外来を訪れる患者さんの6割は良性発作性頭位性めまいであるとの報告もあります。
 このめまいは、時間が経過すれば自然に治る場合もあり、上手に頭を動かしていくだけで回転感からより早くすぐに解放されるめまいです。
2.原因は内耳の構造と「耳石」
 耳の奥の仕組みは簡単、構造は複雑、機能は精密ですが、大きさは0・25とコンパクトに出来ている見事な器官です。
 良性発作性頭位性めまいは「ふくろ」(卵形嚢)の中にある耳石のかけらが「つの」に迷い込むことが原因です(図4)。「つの」に迷い込んだかけらが集まると再び石になります。この再結成された石が「つの」のなかで動くことで内リンパ液の強い流動がおこり感覚毛が激しく揺らぎます。その結果身体は回転していないのに回っているという間違った情報を脳に伝え、めまいやゆらぎとして感じるのです。

2019年10月11日 (金)

dangerとrisk

https://www.gabastyle.com/english/synonym/synonym023/

“danger” は程度を問わず「危険」を表す最も一般的な言葉で、物に損害を与えたり、人を死傷させたりするような深刻な状況や ”catastrophe”(大惨事、大災害)が起きてしまうような「危険」に対してよく使われます。“risk” とは異なり、通常 “danger” を受け入れたり、敢えて冒そうとする人はいません。 ちなみに、海や川などによくある「泳ぐな、危険」といった看板には、この ”danger” が使われます。 類義語としては ”peril”(怪我や死に関わるような大きな危険)が、対義語としては “safety”(安全、無事)が挙げられます。

一方 ”risk” は予測可能な悪い出来事や結果がもたらされる「可能性」を表します。「可能性」と言っても、“chance” や “opportunity” などとは異なり、”risk” の場合は常に悪い意味での「可能性」を示唆します。
danger”の場合とは違って、全体としてより好ましい結果をもたらすように、一定程度の好ましくない出来事が起こる可能性を受け入れたり、そうしたことが起こる可能性をコントロールすることができます。

台風で私たちの身体に起こること

気象病とは、気圧や湿度、気温などの変化に影響を受け、引き起こされる不調や病気です。代表的なのが、気圧の変化をきっかけとする痛みです。

 

「私は“天気痛”と呼んでいますが、国内では約1000万人もの人に症状があると推定されています。ほかにも心臓病や脳卒中、うつなどの精神疾患、喘息、歯周病など、多くの病気が気象の変化により悪化することがわかってきています」(ウェザーニューズ気象病顧問アドバイザー・愛知医科大学客員教授・中部大学教授の佐藤純先生)

 

佐藤先生が、気象病に大きく影響していると考えているのが、気圧の変化です。

 

例えば人体そのものが、気圧の変化により膨張・収縮しており、肺や血管なども影響を受けます。これらはストレスとして自律神経に作用し、気象病を招くのです。

 

気象病の患者さんは、数ヘクトパスカルの差でも頭痛やめまいなどの不調に苦しめられますが、台風では数十倍の変化が急速に起きます。

 

「台風で症状が悪化しやすいのが、脳梗塞や心臓病等の循環器系の病気とめまい、ぜんそくなどです。もともと心疾患のある人は、命に関わることもあります」(佐藤先生)

https://weathernews.jp/s/topics/201908/140085/

communication

夢の中で

大学時代の女友達に再会した。

2019年10月10日 (木)

広場恐怖症

https://www.heartclinic-machida.com/kokoro/byouki/ippan_agoraphobia.html


広場恐怖症は、通常であれば何でもないような状況に対し、過剰な恐怖や不安を持つ「不安症群」の一つです。恐怖する対象で最も多いのは、すぐに逃げ出すのが難しい場所や状況です。具体的には、以下5つの状況のうち2つ(またはそれ以上)に対し、ほぼ常に著しい恐怖または不安があり、それが典型的には6ヵ月以上持続します。
公共交通機関の利用(例:自動車、バス、列車、船、航空機)
広い場所にいること(例:駐車場、市場、橋)
囲まれた場所にいること(例:店、劇場、映画館)
列に並ぶまたは群衆の中にいること
家の外に一人でいること

アメリカの多くの研究者は、パニック症の患者さんの大半に広場恐怖症が併存すると考えています。しかし、パニック症を併発しないこともあるため、アメリカ精神医学会の診断と統計マニュアル『DSM-5』では独立した障害として分類されています。

広場恐怖症の患者さんが恐怖する対象として、パニック様症状が現れそうな状況もあります。パニック様症状とは、突然、激しい恐怖または強烈な不快感に襲われ、動悸や発汗、身震い、息苦しさなどが起こることです。
また、自分で何もできなくなったり当惑するような状況も、広場恐怖症の人が恐怖する対象となります。例えば、人前で嘔吐したりお腹を壊したりすること。年配の人なら転倒の恐れ、子どもでは迷子になる感覚などが挙げられます。

広場恐怖症のもう一つの特徴は「回避」です。恐怖や不安を感じる状況を頑なに避けようとするのです。
公共交通機関を利用しないために自宅近所の仕事を選んだり、買い物に出掛けずに済むように宅配を利用したりします。その結果、症状が重い人は、ほとんど家にしばりつけられ、引きこもりのような生活になります。
外出する場合は、家族や友人などの付き添いがあれば耐えられることがあります。患者さんによっては、家から離れるときは常に誰かに同伴して欲しいと言います。しかし、これが疾患によるものではなく、単なる性格の変化だと誤解され、夫婦の不和に陥ることもあります。

広場恐怖症の生涯有病率は議論の余地がありますが、いくつかの研究から2~6%と考えられています。また、『DSM-5』によると女性は男性のおよそ2倍の有病率とされています。患者さんの2/3は初発が35歳前後で、40歳以降にも第二の発症の危険期があります。

見当識

現在自分が生活している状況および自分自身の存在を客観的に正しくとらえる精神機能をいい,人間の意識的な行動の出発点になるものである。周囲に対する認識を意味する指南力という言葉にも当てはまる。見当識は,現在の日時に関するもの,場所やそのときの状況に関するもの,自分自身や周囲の人に関するもの(生年月日,年齢,職業,家族関係など)に区別される。現在置かれている状況を洞察・展望し,照合確認することが見当識であるから,注意や認知,思考,判断,記憶などの精神機能の統合が不可欠である。

https://kotobank.jp/word/見当識-492823

約半年の入院中

一日も欠かすことなくリハビリを受けたものの、身体機能の観点からは、全く、1ミリも「回復」していない。

めまいと見当識

私たちには、空間における自分の身体の状態を認識する力(見当識)があります。目を閉じていて も、地面に対して、頭や胴体や手足がどのような位置にあるのか、ひっくり返っているのか、横になっているのかということもおおよそわかりますね。この見当 識に障害が起こって目がまわったり、くらくらしたりするのがめまいというわけです。  それは、頭の位置や身体の姿勢に関する情報が脳に入り、さらにその情報がお互いに調整されて「結論的」に認識できる、ということです。
https://www.min-iren.gr.jp/?p=6776

血圧異常とめまい

https://www.hotweb.or.jp/shirato/bpress.html

2019年10月 9日 (水)

血圧治療における降圧目標

Photo_20191009213001

シニフィアン

関係

脳出血後,短期間に両側視神経萎縮を来し失明に至つた2例

https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika1913/67/11/67_11_1412/_article/-char/ja/

同名半盲

同名半盲(どうめいはんもう、英: homonymous hemianopsia/hemianopia)は、神経学症候のひとつで、両眼の同じ側が見えなくなる症候のこと。同名性半盲ともいう。
同名半盲が起きるのは通常眼そのものの機能異常ではなく、大脳が脳卒中や外傷などで障害されることによって起こる。脳血管障害や脳腫瘍によって一側の視索(視交叉と外側膝状体の間の視神経の束)あるいは大脳の側頭葉や後頭葉に障害が生じると、反対側の同名半盲が起こる。例えば右の視索に病変があると、両眼とも視野の左半分が見えなくなる。右後頭葉の脳卒中でも同様の視野欠損が起こるが、この場合は黄斑回避により中心部の視野は保たれる。また側頭葉や後頭葉の小さな病変では、視放線の一部が傷害されるため、視野の半分のうち上半分あるいは下半分だけが欠損する事がある。この場合全視野の4分の1が欠損することになるので、これを同名四分盲という。
右大脳の広範な脳卒中の場合、同名半盲だけでなく左半側空間無視も生じることがある。これは空間認識をつかさどる頭頂葉が障害されることによる。ただしこれは左大脳が優位半球の人(言語野が左大脳にある人。90%以上の人がそうだといわれる)の場合に限る。空間認識は劣位半球の頭頂葉に中枢があるからである。また同名半盲は非可逆的な病変だけで起こるわけではない。例えば片頭痛の前兆期の症状として現れることもある。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/同名半盲

2019年10月 8日 (火)

みんなの喜ぶ顔がみたい?

2019年10月 7日 (月)

単細胞が

その思考の怠慢ゆえに
単純化した一面的価値観に従うのは勝手だが、心情倫理でどんなに強調しようが、
他人がそれに付き合わされる筋合いはないのである。

2019年10月 6日 (日)

こちらは何も頼んでいない。

恩着せがましく意味不明な言説を投げつけてきて他人のリソースを削らないでくれ。

こちらは何も頼んでいない。

恩着せがましく意味不明な言説を投げつけてきて他人のリソースを削らないでくれ。

ずっと探してる

CDが、どうしても見つからない。どこへやっちゃったのだろう?

正体

施してやっているという

自己愛充足のための材料として消費されるのはまっぴらゴメンである。

時間稼ぎ

https://dictionary.goo.ne.jp/word/時間稼ぎ/

自分に有利な状況になるのを待つために、ものごとの進行を遅らせたり、他のことをしたりすること。「敵に追いつかれるまでの時間稼ぎをする」

2019年10月 5日 (土)

おもむろに

https://dictionary.goo.ne.jp/word/徐に/

[副]落ち着いて、ゆっくりと行動するさま。「徐に立ち上がる」「徐に口を開く」

デューデリジェンス

https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/te/J0603.html

デューデリジェンス(Due Diligence)とは、投資を行うにあたって、投資対象となる企業や投資先の価値やリスクなどを調査することを指します。デューデリジェンスには、組織や財務活動の調査をするビジネス・デューデリジェンス、財務内容などからリスクを把握するファイナンス・デューデリジェンス、定款や登記事項などの法的なものをチェックするリーガル・デューデリジェンスなどがあります。

同窓会?

2017年に上演した『オトカ』の座組の同窓会が来月あるとのことだけれども、私は顔を出すのが難しそうだ。それほどまでに後遺症は重く、ひょいと出かけるのが困難である。久しぶりに皆に会いたいけれども、残念である。

2019年10月 4日 (金)

死よりも深い絶望

のあることぐらい、想像がつくだろう。

脳梗塞、脳出血、脳腫瘍による視野障害

https://mayuzumico.jp/neuro-opthalmology/vf-of-stroke-and-braintumor/


 


脳卒中が起きると、「半身不随」、つまり右半身が動かなくなる、左の手足が動かなくなる、といった「片麻痺」の状態になることがあります。眼に症状が出る場合も同様で、「片側」に症状が現れます。
つまり右眼も、左眼も、片側だけ見えにくくなる、片側の視野障害、「同名半盲」という状態になります。
大脳の中でものを見る機能を後頭葉にありますが、実際には目から大脳への信号が通る経路(視覚路)である、側頭葉から大脳基底核、後頭葉のいずれの部位が脳卒中で障害されても、視野障害は起こりえます。
一般的に発症直後からしばらくの間は若干症状が強なり、その後、やや改善し、半盲が残し安定することが多いようです。 実際の生活では視野が狭くなった側で気が付かないうちに体をぶつけてしまったり、体を引っかけてしまったりすることが問題となりますので、残っている視野を有効に使えるよう、顔の向きを少し横に向け、体の正面に十分注意を払えるよう訓練を進めることになります。

2019年10月 3日 (木)

引用返信

https://business-mail.jp/mail-writing/10615

たったこれだけのこともできないくせに、熟練者ぶってマウントとりたがるのだから、バカを通り越して関わっちゃヤバいレベルである。

善人面したいがための

押しつけがましさ(余計なお世話)を心情倫理の絶対視が正当化する。

妄想と推測

の区別がつかぬ阿呆は危険だから関わりたくないんだ。根拠がないという指摘さえ曲解しておのが妄想を補強する材料に使うのだから。

単に視力が

落ちてるのでなしに、 目からの情報の受信に問題があるような気がする。

ルーチンの

仕事の一部がぽこっと抜けてしまったり。いよいよヤバいなと感じる。

2019年10月 2日 (水)

善人の最大の罪

何故そうなるかといえば,心情倫理の絶対視に基づき、おのが善意は何にも増して尊重されるべきと信じて疑わぬ思考回路のためだろう。

半月後に

無事支払いがされたら、社労士への支払いを済ませて、最大の懸案事項が終わる。家電の買い換えに備えて貯金しなきゃ。

ときどき

意識がふわっと遠のく。そのまま絶望の谷底に転落してしまいそうだ。

我が身が

正直、邪魔で足手纏いである。というか、果たしてこれが「我が身」なのか? 「我が身」の定義を聞かせて欲しい気分だ。

「神」

2019年10月 1日 (火)

死体の

手足をくっつけているみたいだ。

読みやすいとか

読みづらいとか、優しさとか思いやりとか、そういうレベルの話じゃないだろう。悪意をもってしてるとしか解釈のしようがない曲解に基づく妄想そして失礼極まりないレッテル貼り。そういう人間とは金輪際関わりたくないんだ。

心情倫理

https://kotobank.jp/word/心情倫理-298823

M・ウェーバーの用語で、責任倫理と対をなす。彼は、あらゆる倫理的行為を律する二つの対立した原則として、この二つを理念型的に区別する。行為の類型からすれば、心情倫理は価値合理的行為に、責任倫理は目的合理的行為に対応する。  心情倫理においては、ある行為がどのような結果をもたらそうとも、それを意に介することなく、ひたすら自分が正しいと信じる究極的価値ないし倫理的命令に従って行為することが求められる。事の成否は問わない。「人事を尽くして天命を待つ」という態度である。キリスト教でいえば、たとえば「山上の垂訓」を絶対視し、「神の命令に従って正しく行動し、結果は神にゆだねる」という形をとる。ここでは純粋な心情の炎に燃えて無条件かつ一義的に献身することだけが求められるから、もしその目的に成功の望みがなく実現不可能な場合には、破滅的な結果ともなりかねない。それが宗教的には殉教者の場合であり、政治的には心情的ラディカリストの態度にも通じる。他面、結果に対する無関心は、自分の行為の責任を神や社会や他人に押し付ける「あなた任せ」の無責任さにも通じ、価値目的のために手段を選ばないアナーキーな態度となることもある。一見カントの「よき意志」や動機の純粋さに似通っているが、あくまで行為論のレベルに設定された理念型であることに注意すべきである。[徳永 恂] 『M・ヴェーバー著、脇圭平訳『職業としての政治』(岩波文庫)』

リハビリによる筋肉痛

だとばかり思い込んでいたものが実はそうではないとわかるまでに二年の月日を要した。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »