2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 麻痺は、食道や胃や、すべての内臓に及んでいる | トップページ | リビドー »

2019年6月21日 (金)

ニューロリハビリテーションのメリット・デメリット

http://www.ci-hemiplegia.com/therapeutic_method/neurorehabilitation.html

メリット メリットは先ほどにも紹介したように、通常のリハビリとは異なりどこでもできるというものです。 また、脳にも良い刺激を与えるので、高齢者の認知症予防にもつながります。継続的に続けることで、脳を活性化させるので、効果は運動機能を回復させるだけではなく、脳機能の向上にもつながるという期待があります。また、様々な方法があるので、好きなリハビリ方法を選択できるという自由度もあります。 脳卒中患者でも手遅れにならない 脳卒中患者は、発症して6ヶ月以上経過してしまうとリハビリをしても効果があらわれないと言われてきました。しかし、そんな患者でもニューロリハビリテーションを受けて、くりかえしリハビリを行えば、麻痺を和らげることができることがわかってきました。通常のリハビリでは難しいと言われてしまった人でも根気よく通うことで改善することが期待できます。

デメリット
デメリットは次のようなものが挙げられます。
保険適用外
2つのリハビリのデメリットは、保険適用の疾患ではないということです。そのため、費用がかかります。また、この費用は継続的に必要になるため、期間が長くなるほど費用が重なっていくのがデメリットです。研究が進んでリバビリとして認められれば、保険適用がきくようになるかもしれませんが、それはもう少し時間がかかってしまうことだと理解しておきましょう。
実施している病院が少ない
ニューロリハビリテーションはまだ注目されてからの年数が浅いので、全ての病院で実施しているものではありません。リハビリテーション科でも行なっているところとそうでないところがあります。また、今回紹介されたリハビリ方法が必ずあるとは限らないので、どのようなリハビリを行なっているのか確認する必要があります。
場合によっては近所にそのような病院が無いという可能性もあるので、広い視野での病院探しが重要になります。

« 麻痺は、食道や胃や、すべての内臓に及んでいる | トップページ | リビドー »

リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 麻痺は、食道や胃や、すべての内臓に及んでいる | トップページ | リビドー »