2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« コギト | トップページ | 運動麻痺の出現の機序 »

2019年6月26日 (水)

失語

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/09-脳、脊髄、末梢神経の病気/脳の機能障害/失語

 

失語とは、会話や文字でものごとを表現したり、理解したりする能力が部分的または完全に失われる障害です。言語を制御する脳領域の損傷が原因で起こります。
言葉を読む、書く、話す、理解する、または繰り返すことが困難になります。
医師は通常、患者に質問することで、この問題を特定できます。
CT(コンピュータ断層撮影)検査やMRI(磁気共鳴画像)検査などの画像検査が行われます。
失語のある患者の多くで、言語療法が助けになります。
ほとんどの人では、言語機能は以下の脳領域によって制御されています。
ブローカ野と呼ばれる左前頭葉の一部
ウェルニッケ野と呼ばれる左側頭葉の一部
頭頂葉の後下方部分(ウェルニッケ野に隣接する部位)
これらの領域同士をつなぐ経路
これらの領域のどこかが損傷を受けると、言語機能が少なくとも部分的に障害されます。通常、書くことと話すことは同程度に影響を受けます。

 

 

« コギト | トップページ | 運動麻痺の出現の機序 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コギト | トップページ | 運動麻痺の出現の機序 »