2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 推論と | トップページ | 片腕だけの経済学者 »

2019年6月19日 (水)

私の手が、私に差し出されたものを取るためにひとりでに動くように

その運動機能の喪失は、だから広義の失語症といえるのではないか。以前のようには「書けない」というのはそういうことであり、単にペンが持てる/持てない、とかキーボードが叩ける/叩けないとかの話ではないのだ。
「書く」というのがどういうことか分からぬ者すなわち創作があらすじの伝達だと思ってるような者には決して理解できまいが。「書く」という行為がフィジカルなものなんだと私がいうのはこういう意味である。単にペンを動かすとかキーボードを叩くとか、そういうことを言ってるんじゃない。

« 推論と | トップページ | 片腕だけの経済学者 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 推論と | トップページ | 片腕だけの経済学者 »