2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 無意識の実在性 | トップページ | 「書く」ということ »

2019年6月30日 (日)

時間、速度の経験

幼児の経験する時間、速度といったものを、我々の時間、空間等々…の未分化(indifférenciation)として、理解する権利が我々にはあるだろうか。こんなやり方は、諸現象を尊重しようと努める傍で、幼児の経験を我々の経験に均すことにほかならない。『見えるものと見えざるもの』

 

メルロポンティのいうこの言葉の「幼児」を「身体障害者」に置き換えてみれば良い。

« 無意識の実在性 | トップページ | 「書く」ということ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無意識の実在性 | トップページ | 「書く」ということ »