フォト
無料ブログはココログ

« パラフレニー | トップページ | ゲルストマン症候群に含まれる手指失認と左右失認 »

2019年5月 4日 (土)

身体図式

身体図式は、再帰的な意識、自覚を必要とせずに、身体運動を意識下で調整している主体であるとされる。一方、身体イメージとは、顕在的な自己身体に関する知識を指す。身体イメージが障害され、身体図式が保たれるというパターンを示した手指失認の純粋例をAnemaらが報告している

 

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/失認#.E3.82.B2.E3.83.AB.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.9E.E3.83.B3.E7.97.87.E5.80.99.E7.BE.A4.E3.81.AB.E5.90.AB.E3.81.BE.E3.82.8C.E3.82.8B.E6.89.8B.E6.8C.87.E5.A4.B1.E8.AA.8D.E3.81.A8.E5.B7.A6.E5.8F.B3.E5.A4.B1.E8.AA.8D

« パラフレニー | トップページ | ゲルストマン症候群に含まれる手指失認と左右失認 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パラフレニー | トップページ | ゲルストマン症候群に含まれる手指失認と左右失認 »