2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 芝居 | トップページ | 感覚秩序 »

2019年5月13日 (月)

あるホテルで見た、九階の客室の窓

 

ある時、あるホテルで見た、九階の客室の窓がふと私の心に浮んだ。

 

上記は川端康成『片腕』にある一文である。「見た」は文法的に分解すれば「見る」の連用形+助動詞「た」の連体形だろう。すぐ後に続く「九階」もかかると読まれることを拒むために「、」が打たれているのだ。しかしそれによって「た」が連体形であることまでも打ち消されはしないから、修飾する先が一旦保留の状態に置かれるのだ。そうして文末まで読み進めた後に遡って修飾/被修飾の関係が確定されるのだ。

こんなケースはそう珍しくもない。「川端」の権威によって正当化されるのではないのだ。連体形の後に読点を打つのは「間違い」と機械的に決めつける者があるが、マークシート的思考停止であり、それこそが「間違い」なのである。その程度の認識もなく専門家気取りなど片腹痛い。

« 芝居 | トップページ | 感覚秩序 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 芝居 | トップページ | 感覚秩序 »