2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ラウドネスのライブDVD | トップページ | 以前(というのは入院中および退院してしばらく) »

2019年5月10日 (金)

何をもって「治った」とするか。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jkpt/11/0/11_0_1/_pdf

 

リハビリテーションの定義は「一度失った能力を再び回復させる」である。しかし、「再び回復させる」と
いう意味には、いくつかの考え方がある。私は大きく2つに分類できると考えている。ひとつは「障害の後遺症
を残したまま、日常生活をおこなう方法」と、もうひとつは「障害の後遺症を回復させて正常に近い状態に戻そ
うとする方法」である。前者の「障害の後遺症を残したまま日常生活をおこなう方法」では、回復可能といわれ
ている時期までは積極的にリハビリテーションをおこなうが、それ以降は後遺症として残存する障害を受容さ
せ、機能維持を目的としたリハビリテーションをおこなう方法である。この考え方では、障害を受容させた時点
で、治ったとすることができる。しかし、後者の「障害の後遺症を回復させて正常に近い状態に戻そうとする方
法」では、障害受容させるのではなく患者さんの可能性を追求する方法である。要するに、セラピストの技術の
差により、患者の回復度も変化することとなる

ダウンロード - e4bd95e38292e38282e381a3e381a6e6b2bbe381a3e3819f.pdf

 

« ラウドネスのライブDVD | トップページ | 以前(というのは入院中および退院してしばらく) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラウドネスのライブDVD | トップページ | 以前(というのは入院中および退院してしばらく) »