2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

膝折れ

ではないのだけど、健側の脚が疲労で体重を支えていられない。

ホモ・モルタリス

人間だけが死ぬ動物

夢を見た。

レコード店で俺がZOAのレコードを探してる。店員が「取り寄せになりますが」という。「お願いします」と俺。そしてどこかに電話した。「エジソン。じゃなかった、ディスクユニオン」
エジソンとは懐かしい、と夢から覚めた俺が思った。

西暦早見表

http://www.nichieiarchive.com/filmsearch_seireki.html

 

正直、一旦西暦に直さないと、過去を思い返すことができない。

2019年4月29日 (月)

読書によって

言葉と方法をインプットしなきゃ、何も次作を書き出せない。

弁証法

シニフィアン

権力関係

それをアングラとは呼ばないよ

単に大文字の問題に言及しさえすれば「意識が高い」と目されると踏んでいる浅薄な社会派気取りのプロパガンダ劇にすぎない。しかもヘタクソなもんだから、誰もその「主張」に靡いたりはしない。ただ仲間内で互いに承認し合うことだけが目的なのだ。くだらない。

宅配ボックス

があるのになぜ荷物を持ち帰るのか。不在連絡票も入ってないし、つか、そもそも不在じゃなかったのだが。いったいどうなったいるのか。

会話

というものは単に用件を伝えるのみじゃない。否応なしにプラスアルファの情報を孕んしまうものである。

ナンバ歩き

なんて言い方があるように、右足と左手、左足と右手という組み合わせのスタイルが歩き方としてアプリオリに「正しい」わけじゃないだろう。そにこだわるメリットデメリットを考えなきゃ駄目だ。

受容理論

https://kotobank.jp/word/受容理論-842170

1960年代末に生まれた文学理論。英語reception theoryの訳。ドイツ語圏では受容美学とも称される。ドイツのコンスタンツ大学でH.R.ヤウス,W.イーザーらによって理論化・実践された。読者は〈期待の地平〉を持って作品に接し,読みの過程でこれを修正・訂正すると主張,読書行為の相互作用性を指摘。また,時代によって異なる〈期待の地平〉と個々の作品の間には,新たな解釈・評価が積み重ねられてゆくという観点から,作品と読者の間の〈対話〉という新しい文学史観を提唱。

 

 

ホモ・モルタリス

虫になったザムザは

人間時代の彼と同一の主体であるといえるのかという問いについて。

 

http://kazutakaimai.cocolog-nifty.com/kazutakaimai/2019/04/post-cd5ae5.html

不要な干渉を招かぬよう

関係を整理し、経つべきは絶つくらいの努力は必要だろう。

「痛い」

が口癖になって、言葉のインフレを起こしている。

なんだってよりによって?

と思ったものだ。案の定、自己批評性のかけらもないクソ芝居であった。クソリプ飛ばしてくるバカな権威主義者が書いただけのことはある。

2019年4月28日 (日)

緑は現世と死後の世界との間で明滅する色

偶然

運動制御と身体認知を支える脳内身体表現の基礎基盤

https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/43S3/0/43S3_59/_pdf

自分の同一性を保証するものは何か?

https://researchmap.jp/mu2gwsdgy-1774112/?action=multidatabase_action_main_filedownload&download_flag=1&upload_id=91425&metadata_id=39541

 


 

知るか

聞いたことない、とか、おめえがそうでも世間には存在するんだよ。知るかって話だ。

相変わらず

画像の貼り付けができない。何だこのブログ。使えねえなあ。リニューアル前の状態に戻せないのかなあ。

2019年4月27日 (土)

グロテスク

焼肉

につれてってもらった。友人というべきか芝居仲間というべきか、いずれにせよ長い付き合いになる。予定が二転三転したが結局、引っ張り出してもらって良かった。美味しかったし楽しかった。ありがたいことである。

 

 

 

 

 

 

ひもとく

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/187166/meaning/m0u/


1 《書物の帙 (ちつ) のひもを解く意》書物を開く。本を読む。「漢籍を―・く」
2 《1から》書物などで調べて真実を明らかにする。「歴史を―・く」
3 衣服の紐、特に、下紐を解く。
「秋風に今か今かと―・きてうら待ち居 (を) るに月傾きぬ」〈万・四三一一〉
4 つぼみが開く。
「ももくさの花の―・く秋の野を思ひたはれむ人なとがめそ」〈古今・秋上〉

ソシュールの記号学解体作業

書かねば

ならんね。まったく、冗談じゃないよ。

合理主義

自己同一性

ある個物が他の個物から区別されて、それ自身としての一貫性を保持すること。ある物が数において、一つであり二つではないことを表すため、「数的同一性」ともいわれる。個人の場合はとくに「人格同一性」が用いられる。[野家啓一]

https://kotobank.jp/word/自己同一性-518735

通俗的かつ単純な

善悪の構図に基づけば、物語を作りやすいのだろう。自己批評性の欠如した頭の悪い人間にとっては。

誰もあんたに言ってねえだろ

ってことに横から割り込んでくだらねえ揚げ足取りしてんじゃねえよって話。しかもトンチンカンな上から目線で揚げ足もとれてねえし。

連休中こそ

役所の窓口は開いていてほしいものだ。

爪が伸びて

指先がなんだかモヤモヤする。猫が爪とぎする気持ちが分かる。

4月25日(木)

固定資産税を払った。

混同

ブックオフオンラインとネットオフを混同してた。

2019年4月26日 (金)

一般には知られていないが、自分の中では重要なバンドの

ライブ会場で買ったCD。メジャー流通はしておらず、それだけになくしたらもう手に入らない貴重品。

最後の人間

自己同一性

病前に難なくできたことがことごとくできなくなったものだから、紫煙をくゆらすことごときでも、変わらずできると嬉しいのである。自己同一性が化確認されるというか、以前の自分と現在の自分とが繋がっていると感じられるから。ま、禁煙できないことのいいわけにしかなってないのだが。

CAUSE FOR PAUSE

最初に聴いたアウトレイジのアルバムがこれで、新大久保にライブを観にも行った。これはこれでカッコイイのだが、どこが和製メタリカ? つか、メタル? って思ったのだった。

郵便物を受け取りに

エントランスの郵便受けに杖歩行で向かうも、挫折して途中で引き返す。我が家は一棟の恥に位置しているからエレベーターまで遠い。こけないように慎重に杖歩行するから時間がかかりすぎて、途中で尿意をもよおし、引き返してきたのである。こいつの管理がたいへんなのだ。恐怖である。尿意があるだけマシともいえるが。

コードなき差異

ホモ・ロクエンス

赤頭巾ちゃん御用心

2017年の高崎・影山・井上の対談[7]では、再結成で演奏しないことについて、高崎は「いい曲なんやけど、やらん」「普通にあれをやってるんだったら『ええ曲やね』って思うんやけど、派手なジャンプスーツ着てさ、ピンク・レディーみたいに足をパカパカやったり」と、楽曲自体は評価しつつも、振り付けと衣装に違和感を感じていたことを述べ、影山も「たっかんは、曲だけじゃなくて、衣装とか振付とかその当時の黒歴史がともに甦ってくるのが嫌なんだよね」とその心情に理解を示していた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/赤頭巾ちゃん御用心

ファンは聴きたいだろうに、それに応えるのがプロってもんだろう、などと思ったこともあったけれど、そうじゃない。ファンなら当然レイジーのデビューのいきさつや「ヘヴィメタル宣言」から後のラウドネスに繋がる流れを知っているのだし、むしろ、最大のヒット曲をあえてやらないという選択が彼ら「らしさ」でもあり、その「らしさ」を見せてやることの方がファンサービスってもんなのだろうと今は思う。

2019年4月25日 (木)

いまわの際には

妻に手を握っていてほしい。けれど俺は涙を流すことすらできないだろう。涙が出ないのだ。自律神経がバグってるのか、薬の副作用なのかわからない。なにしろ主治医に何を言ったって「様子を見てみましょう」っていう定型句の下、不作為なのだから。来月、主治医を変える。少しはマトモになるといいな。

学説

本能

血圧上昇誘因

https://kumamoto-pt.org/up_file/useful/1708/useful_9111948_1.pdf

 

運動負荷•全身運動 •負荷強い運動 精神的要因•ストレス・恐怖・興奮・緊張・不安・ 怒り・感激 •会話がずんでいるとき •面接・認知課題
排便・排尿困難•いきみ
睡眠不足•昼夜逆転
痛みを我慢している•麻痺側肩痛み •腰痛 •関節痛(OA)・そ他 急激な体調変化•寒さ・脳血管障害再発

 

肩手症候群

 

https://kotobank.jp/word/肩手症候群-162858

肩の鈍痛のほか,運動が制限され,進行すると外旋運動が害される。痛みは頸部から腕にまで及び,手は赤くはれ,手指の伸展,屈曲が完全にはできなくなる。いわゆる交感性異栄養症の特徴である四肢末梢部の疼痛 (とうつう) ,灼熱感や,関節周辺部の圧痛,腫脹 (しゅちょう) や浮腫を伴い,手指末端は冷感,チアノーゼを呈することもある。冠不全,狭心症,脳血管障害,石灰化腱炎など比較的高齢者に多く見られる疾患が引き金となって起こる。症状の軽い例では自然治癒の傾向があるので,リハビリテーション,温熱療法,ステロイド剤関節注入などを行なう。

わかってくれなんて言ってない。

わかりもしねえくせに所詮は他人事の気楽さできいたふうな干渉してくんなというのだ。鬱陶しい。

何かの比喩とかレトリックでなしに


「息の仕方が分からない」ということはあり得るのだな。

眠い。

やっと寝入れたたのだからもっと眠りを貪っていたい。

目に映ったものが

そのとおりに認識されないならば、見えないより悪い。

2019年4月24日 (水)

精神的コスト

の中味を考えてみれば、イライラするのにも理由がある。ちんたらやってる間に機会損失が増大しているのだ。

ひょっとしたらまたいつか

必要になるかも、と思って不要なモノが場所を取る。「いつか」は来ないかもしれないし、だから極力整理してしまおう。モノは物でもあり者でもある。

あのときああしておけば式の

明確な後悔はできないから、あれがいけなかったか、これが祟ったかなどと、ありもしない因果関係を探してしまうな。

他動運動

hhttps://www.ikyo.jp/commu/question/711

関節可動域(関節の動く範囲)を広げたり、維持したりする運動のひとつ。
高齢者や身体障害者などの関節を、介護者が助力する形で行われるものを指します。

歯医者の定期検診

に行かなきゃなと思ってたところ、奥歯に違和感。虫歯かと思ったが、虫歯にはなってないとのこと。よかった。

他人の身体に

憑依した幽霊みたいだ。

ガラスの破片が

顔や頭や身体のあちこちに突き刺さってる自分の姿が思い浮かぶ。

自分の腕の重さ

など、普通は意識しないものだ。

バカな上に卑怯

ある者を貶める文脈で、バカとかアホとかいう意味で「知的障害」の概念を召喚しておきながら、差別の意図はないなどと、検証不能な「気持ち」の話に逃げ込むなど、バカな上に卑怯である。

アスペルガー症候群

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-03-006.html

アスペルガー症候群は広い意味での「自閉症」に含まれるひとつのタイプで、幼児期に言語発達の遅れがなく比較的わかりにくいですが、成長とともに対人関係の不器用さがはっきりすることが特徴です。これまでは学童期以降あるいは成人後に初めて診断を受けることが少なくなかったのですが、幼児期に診断を受けるケースも増えてきました。早い時期から子どもの特徴を理解し、ニーズに合った適切な支援につなげていくことが、子どもの発達には望ましいことです。

2019年4月23日 (火)

スペンサー

 

ナンバ歩き

https://ja.wikipedia.org/wiki/ナンバ_(歩行法)

「ナンバ」とは、日本における歌舞伎の動作である六方(ろっぽう)にみられる、同じ側の手と足を動かして歩く動作のことである。 古武術研究家の甲野善紀の著作などにより一般に知られるようになった。江戸時代以前の日本ではナンバ歩きが一般人の間で広く行われていたが、明治以降、西洋的生活様式の移入とともに失われたとされる。ただし、これは厳密な検証を経た学説ではなく、歴史学界では一般に甲野個人の武術理論から生まれた「伝統の創造」の類と見なされている。ただし、ナンバを基本とする身体の使い方は、伝統武術や陸上競技などに一定程度応用することが可能であり、スポーツ科学の観点からも研究が行われている。
日本の舞踏では蘆原英了の『舞踊と身体[1]』第四章 日本舞踊の身体 ナンバンによると「ナンバン」と呼ばれ嫌われる動作であるとされ、元来は南蛮人の歩き方を嘲笑したことが由来ともいわれ、演劇評論家の武智鉄二の『伝統と断絶[2][3]』により知られた。武智によれば他に古代ギリシアの壺絵など世界各地にみられたものであるという。また、竹馬での歩行はナンバそのものであり、天秤の担ぎ方、相撲の鉄砲、段梯子の登り方、阿波踊りなどもなんばであり、ゴリラの走り方もなんばである。また、ナンバに類似したものにテレマークスキーの歩きがある。
一説によると、江戸時代の大名行列の絵などを基に、当時の日本人の歩き方は手に何も持たない場合は腕や上半身をあまり振らず、腕を振る場合は出た足と同じ側の手がわずかに出るような動きだったとする見解がある。ただし、科学的な方法で実証されたわけではないため、仮説の範囲を出ない。この仮説によれば、西洋人の歩行のような体をひねる動きは、特に武士は大小の日本刀が邪魔になり着物が絡むため難しい。また、着物の帯も緩みやすい。そもそも近代以前に肉体を道具として駆使して山などで運搬する農作業者や行商などの職業では、重量のある荷物を運ぶにあたっては体がぶれないよう歩くことは必然であり、ことさら腕を振ったり体をひねったりする動作は行なえない。以上の事実からナンバ歩きが発達したものというのである。しかし、様々な剣やサーベルを提げた兵士や、農作業者、行商は西欧にも存在するため、それをもって日本人の歩行が西欧人と根本的に全く異なるものであったという根拠にはならない、という意見もある。
また、武道家・武道史研究家の高橋賢は、「江戸時代においても、ナンバは訓練された特殊な動きで、昔の一般の日本人がこのような動きをしていたのではない」という説を提唱している。さらに、現代の時代劇や大河ドラマにおいても、狂言師や歌舞伎役者などを含め、俳優の歩行は「ナンバ」ではない。これは逆に言えば、大小の日本刀を差し、和服を着ていても手と足を逆に出して歩くことは難しくないことを示しており、刀と和服を根拠としたナンバ論に疑問をもたらす原因ともなっている。
また一説には、従来のナンバ歩きが廃れた原因は、明治初期に徴兵制が導入された際、西欧式軍事教練が学校教育に右手と左足、左手と右足を同時に出し、体をひねる歩行が取り入れられた故であるとされ、また衣服や住居の作りが西欧化したこともその要因に挙げられる。しかし、明治初頭に東京で撮影された写真では街路を歩く通行人は現在と同様な手の振り方をしている。映画が発明された後の大正以降に撮影された映像や写真においても、「ナンバ」は確認できない。衣服や住居の西欧化は昭和に至っても日本社会に広く普及していたわけではないが、にも関わらず学校で教えられた歩行法のみが全国的に浸透したと考えるのは、明らかに不自然である。このように、近代以前にはナンバが一般の日本人の間で広く行われていたという説は、学術的にはほとんど支持されておらず、日本の古武術研究家による「伝統の創造」の類であるという見方が現在のところ有力である。

zeldaの『 夜の時計は12時』

を聴くといつも、北大の新サークル会館へ向かう途を思い出す。昔、初めてそこへ行く途中、おそらく軽音楽研究会の誰かがコピーしてるのが風に乗って聞こえてきたのだ。

亜脱臼の

左肩をかばって、右を下にして寝返りを打つと、左腕が背中側に置き去りになり、かえって左肩をねじって痛めてしまう。困ったもんだ。

単に

動きづらいならなんとか無理して使うようにするが、まったく動かないのだから話にならん。

くるにの「ばらの花」

を聴いたら、急性期病棟にいた頃を思い出した。
あの頃、どういうわけかこの曲が頭の中で鳴っていたんだ。

科学による反革命

 

ライブハウスで

シューゲイザーの轟音を浴びながら身体を揺らす「遊び」など、思い立ったらいつでも簡単にできるもんだと信じて疑わなかった。

滑り止めマット

それ自体が滑っちゃうんじゃ意味ないよ。

手足が

石のように重くて起きてるだけで疲れてしまう。

調整コスト

https://kotobank.jp/word/調整コスト-159651

 

一般的には,経済主体が与件の変化に伴い資源配分の変化を余儀なくされることによって被るコストのことを指すが,より限定的には,企業の投資行動における基本的な概念として用いられている。新古典派の静態的投資行動論においては,資本に対する需要は投資需要ではなくストックで表されている。 1960年代以降,こうした新古典派の投資行動論に調整コストの概念を導入することにより,企業の投資行動の理論の動学化を図る試みが相次いでなされ,現在に至っている。

所有権

 

であるなら、共産主義のヤバさは自明ということになる。

 

もうずいぶん長いこと

戯曲を書いていない。ピタパタ旗揚げ前は、常に何か書いていた。上演の予定はなくとも、戯曲賞への応募という目標がペースメーカーになっていた。そうして実際、いくつかの作品が書き上がり、後に自ら上演することにもなったのだ。

古いCD

が見つからない。メジャー流通してないものだから貴重なのだ。どこへやったのかなあ。

事実

と断定するならそれなりの根拠を示せという話をしているのだ。そんなことすらわからぬアホが漫画チックな敵/味方の二元論で吹き上がっている。

関係ない。

で、多くのことは済んでしまう。

べつに死にたいとは思わない。

けれども正直、この不自由な生の終わりを夢見てしまう。

以前はほんの数歩で

文字どおり瞬く間にたどり着けたキッチンも、今はひどく遠い。

深層の言葉

 

退院から一年、

もはや生きているとは呼べぬ状態でただ「生存」し続けている。

使えない側の手足を

補って、使える側に負担がかかりすぎて痛くしてしまう。

2019年4月22日 (月)

伸び上がり

https://gohdp.net/glossary/

 

歩いているときに義足が地面を擦らないよう、健足が背伸びをするようにつま先立ちになること。ぶん回しと並んで典型的な「義足っぽい」歩き方になってしまいます。
主にクリアランスが確保できていないことが原因だと思います。
伸び上がりとぶん回しを抑えることができれば自然な歩行に近づきます。

 

麻痺の脚がぶん回しになりがちだったり、腰から持ち上げがちなのも同じ理屈である。「自然な歩行」に近づけるにはそのカタチを表層的に模倣するわけで、だから不安定になるのも道理なのだ。

水道水

退院から一年経った。
退院したばかりの頃は、給水器に並ぶことなくいつでも好きなだけ水道水をごくごく飲める自由に感動したものだが、さすがにそれには慣れた。身体の不自由さと絶望感にも慣れてきた。

意思

は体内で常にくすぶっている。文字通り手も足も出ないのだ。

2019年4月21日 (日)

たわいない

https://japanknowledge.com/articles/blognihongo/entry.html?entryid=229

 

「他愛ない」と書かれることもあるが、これは当て字なのである。
 ただ、現在では「たわいない」の方が一般的であると考えられていて、辞書も「たわいない」「たあいない」ともに見出し語としているものの、「たあいない」は参考項目扱いで、「たわいない」を本項目としているものがほとんどである。

 

 

生なき生

 

ラカン

 

不運

であるとは思うけれども不幸だとは思わない。たとえ今このまま死んだとしてもじゅうぶん幸せな人生だったといえる。

知らぬ間に

膝をぶつけているらしく、ちょっと触れると内にこもった痛みが吹き出す感じ。

バーク

ベランダの手すりに

妻が蒲団を干している。俺も我が身をそこに引っかけて陽光にさらしたい気分だ。

無根拠なこと

を手前の思い込みに基づいて無責任に口走るのも自由ではあるだろう。だがそんな言葉にリアクションしてやる筋合いはないんだ。

一年

退院してから今日でちょうど一年である。過ぎてしまえば時の経つのは早いものだ。「治る」とか、「快復する」とかいうものじゃないという理解を少なくとも妻と親とはしてくれているのが救いである。

2019年4月20日 (土)

脳出血 (脳内出血)

https://www.hokuriku-hosp.jp/service/exp_ls6.html

脳血管の脆い部分が破れ、脳内に出血する疾患です。 多くの場合、高血圧が原因となっています。 血圧の高い状態下、脳動脈壁の損傷部位が圧負荷に耐えられず破綻すると考えられます。 高血圧症がないにもかかわらず脳出血を起こすヒトでは、おそらく先天的に血管に脆弱な個所が潜んでいたため破れたと推定されます。 出血部位によって症状は異なり、小出血ならば軽い手足のシビレ感にとどまりますが、大出血では一気に昏睡状態に陥ることがあります。軽い出血は、脳内に漏出した血液が吸収されるに従ってその部位の脳の機能が回復してきます。出血がある程度多量ですと、元に戻らない片麻痺(半身不随),言語障害などを残します。 脳梗塞との鑑別が必要、また出血部位と大きさによって緊急に血腫の外科的切徐をきめるためにはCTを撮る必要があります。 発作時に頭痛が激しく、嘔吐をくり返し意識障害に陥る場合は、広汎な出血が疑われます。 また、脳へルニアのリスクも念頭におかねばなりません。

 

不随意運動

 

https://kotobank.jp/word/不随意運動-124760

 

大脳基底核の病変によって錐体外路が侵され,意識とは無関係に異常運動が起る状態をいう。運動過多が現れることが多い。不随意運動のうち,最も多くみられる形は振戦で,その代表的なものにパーキンソン症候群の際の「銭を数えるような」指の反復運動がある。そのほか,舞踏病様運動などがある。不随意運動は通常,睡眠時には休止し,感情的な刺激によって強くなる。
不随意運動を注意されても、知らねえよって話である。

経験的な私の自己経験と超越論的統覚の私

 

横歩き

で、狭いとこを通り抜けるのに、スリングで腕を抱えてると邪魔になるなあ。

脳の可塑性

https://www.shimadzu.co.jp/boomerang/27/06.html

脳には、死んだ神経細胞に代わって別の神経細胞がその役割を肩代わりする“可塑性”というメカニズムがある。一度壊れた回路に代わる迂回路が、損傷を免れた別の神経細胞によって再形成されるのだ。この脳の力を、最大限に引き出すことを意図して考え出したのが、促通反復療法だ。 「たとえば、指の曲げ伸ばしのリハビリでは、『曲げてごらん』と患者さんを促すと同時に、『曲げる』神経回路の興奮を高めるように軽く叩いて刺激します。患者さん自らが『曲げる』という意志を持った状態で、指につながる神経回路をきちんと指定して脳に分からせることが大切なのです。これを100回1セットとして繰り返し、リハビリを行うことで、損傷した部分に代わり、新たな迂回路が形成され、神経回路が強化されていくわけです」 もちろん効果には個人差がある。麻痺の度合いなどから、回復が見込めないと判断する場合もあるという。しかし、 「最終結果は、やってみないとわからない。リハビリは、回復が見込まれないと診断した場合でも、とにかくいろいろな手法を駆使し、組み合わせて、やるだけのことは全てやってみることが大切なのです」(川平教授)

綺羅、星のごとく

https://proverb-encyclopedia.com/kirabosinogotoku/

 

じつは「綺羅星」という言葉はありません。「綺羅(きら)、星(ほし)のごとく」という言い方から、誤ってできた語なのです。
「綺羅」には「美しい衣服」、転じて「外見が華やかなこと、 栄華をきわめること」という意味があり、「綺羅星のごとく」は、地位の高い人や明るいものが多く並ぶようすのたとえです。
よって、「会場にはロックスターたちが綺羅星のごとく居並んでいた」と言うことはできますが、「彼は、綺羅星のごとく輝くロックスターだ」ということはできません。

無意識

 

記憶

音を聞けば勝手に指が動くほど完全に身体で覚えてたギターリフの「記憶」も失われてしまった。

久しぶりに

ラウドネスのリマスターベストアルバムを聴く。
スカッと健康的。

言語

下手くそなりに

ギターを弾いたりすることでコードの何たるか、スケールの何たるかなど、音楽の構造に触れることができたのだと、その機能を失って改めて思う。楽器というものはそれを奏でて他人に聴かせるという表層的な単一の目的に奉仕する道具ではないのだ。「聴く」のは自分自身でもある。それ
そんなことすら理解できず、一家言あるふうにふるまいたがる自尊心の肥大した者の言葉など無視すればいい。つきあうだけ時間の無駄である。

退院から一年

経った。給水器に並ぶことなくいつでも水道水をごくごく飲める、どころか、熱いコーヒーまで飲める幸せにも慣れっこになった。が、「回復」の兆しすらなく、その絶望にも慣れてきた。

暑くもなく寒くもなく

いい天気だからちょっと散歩でも、というふうに気楽な行動ができれば世話ないのである。

低級な頭脳の人間

 

興味のアンテナ

が、執筆中はおのずと立って、情報収集を常にしている感じだけれども、書いていない状態だと、読書するのもしんどい。

寺山修司に触れたのが

萬年さんや山田さんを通してであったように、フーコーには寺山経由で触れるべきなのかもしれない。

所有している宝島社の『芝居探検隊』シリーズ

のうち、お気に入りで、かつて繰り返し観たものをPCに取り込んでmp4化した。

安直なペシミズム

 

丸山圭三郎

 

暇に任せて

というほど暇じゃないんだ。

常に何かしらの痛み

が身体の中にこもっていて、すっきり爽快ってことがない。

2019年4月19日 (金)

チクチクというか

チリチリというか、麻痺側の足が痛む。それを補うべく、健側の足に負担がかかり、これまたやんわりと痛みを帯びて、逃げ場がない。亜脱臼の肩は相変わらず痛い。筋肉のつながりによるものだろうが、身体をひねったり右腕に力を入れたり、直接左方に触れなくても痛みが走る。

処方された薬を

完全に信じきってるているわけでは全然ない。副作用だってあることも知っている。が、多少の不都合は引き受けて、割り振られた「患者」の役を全うするのがせめてもの社会参加だろうという気がするのである。

フォルダに画像を貼り付ける

◆設定方法◆

 

最初に適当なフォルダを作成→[表示]→[縮小版]を選択する。

 

作成したフォルダを右クリック→[プロパティ]を選択する。

 

[カスタマイズ]タブ→[画像の選択]をクリック→適当な画像ファイルを

 

選ぶと、それ以降フォルダアイコンに画像が表示されます。

ビデオキャプチャーで

古い天井桟敷のアンソロジービデオをPCに取り込んでいる。『レミング』がでてきて、新宿スペースゼロで万有引力の『レミング』を観たのはいつだったかと思い、調べてみたら1992年とのこと。あれから27年も経ったのだ。

新宿のスペースゼロで

万有引力の『レミング』を観たのは1992年だったか。

ホモ・イコノミカス

 

意識/無意識

 

なんだか今日は

足がチクチク痛む。

ジョルジュドンのVHSテープ

をデジタル救出。

何がどうなって

そうなったのか、脚が蒲団に絡まって、起床することができなかった。

2019年4月18日 (木)

肩手症候群

http://www.ptakita.org/36.html

 

 

脳卒中発症後に二次的に生じる痛みとして、麻痺した手足の筋肉の痛み、肩手症候群などがあります。まず筋肉の痛みは、関節を 動かそうとすると痛みがでることが特徴です。これは、主には筋肉などの軟部組織の拘縮(こうしゅく)している部分を伸ばされる、あるいは筋肉が過緊張の状 態にある場合に無理に急激に伸ばされことによって生じます。これには、筋肉や関節が固くならないように、1日数回、他動的に動かすことが必要です。入浴後 などに筋肉をマッサージなどでリラックスさせてから、ゆっくりと伸ばすこと、痛みが出ない範囲から徐々に拡大して下さい。また、脳卒中の特徴として姿勢に よって筋肉の緊張状態が異なりますので、仰向けなどリラックスした姿勢で行うことが良いです。無理に強引に行うことは別の損傷を伴う危険がありますので注 意してください。具体的には理学療法士などの専門家に一度指導を受けることをすすめます。
次に肩手症候群ですが 、肩の亜脱臼を伴い、麻痺した側の肩や手の強い痛み、手の甲の腫れ・熱感、動かした時だけでなくじっと していても痛みがあることが特徴です。医師の治療を受けることが必要ですが、日常の生活の中で注意していくことも大事です。まず肩の亜脱臼とは、腕を肩関 節に支えている筋肉の麻痺によって、腕がそのまま肩にぶら下がるような格好になる状態です。肩にとっては非常に負担になり、その原因を取り除くことを、日 常生活の中で工夫しましょう。また、感覚障害を伴う場合や、麻痺した側に注意が向きにくくなる方もいますので(麻痺側の身体無視)、手の位置など見て確認 したりなど注意していくことが必要です。例えば、仰向けの姿勢で寝る時は麻痺のある側の肩の下に枕を置き、同様に腕・手も少し持ち上げてその枕の上に載せ る。車椅子に坐る場合は、備え付けのテーブルに手を載せる、あるいは掌を下にして膝の上に置く、歩く時は、肩への負担を減らすためにアームスリングや三角 巾で腕をつる(固定時間が長いと逆に苦痛を伴う場合があるので注意して下さい)などです。また見かけ上は腕や肩の問題でも、身体や足の姿勢すべてがこれに 影響を与えることも多く、身体を丸くしない、麻痺した側が後に引けないように注意しましょう。例えば、車椅子に座る場合は、身体に合った車椅子を選ぶこと が大切で、必要に応じて背もたれやクッションを用います。そしてできるだけ背筋を伸ばし、麻痺した足が外向きにならないように、また車椅子から身体が斜め にずり落ちないように注意しましょう。
これ以外の痛みとして 、足の浮腫伴う痛みは、特に麻痺が強く歩行が困難な方に見られます。弾性包帯や靴下、足浴、マッサー ジ、臥位になるときに麻痺した足を、少し上げて寝ることなどにより、軽減されることがあります。あまり程度が強いと足の深部静脈がつまっている可能性もあ り、重篤な合併症を引き起こすこともありますので、医師の診察を受けて下さい。

 

作業時間が

いつどういう形でとれるかわからないから、その一歩手前まで、できるところは進めておきたいのだ。

マイナス金利政策

 

https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/ma/J0694.html

マイナス金利とは、民間の金融機関が中央銀行(日本では日銀)に預けている預金金利をマイナスにすることです。金利のマイナス化により、預金者が金利を支払うことになります。
日銀のマイナス金利政策は、2016年1月に「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」として導入されました。日銀のマイナス金利政策でマイナス金利が適用されるのは、金融機関が持つ日銀の当座預金のごく一部です。日銀はマイナス金利政策によって、金融機関が日銀に資金を預けたままにしておくと金利を支払わなければならなくすることで、金融機関が企業への貸し出しや投資に資金を回すように促し、経済活性化とデフレ脱却を目指しています。

 

ヨーロッパでも、2017年6月現在 欧州中央銀行(ECB)やスイス、スウェーデン、デンマークの中央銀行などが既にマイナス金利政策を導入しています。いずれも民間の銀行と中央銀行との間で適用されています。

 

随意運動と不随意運動

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/随意運動と不随意運動

 

 

随意運動は、必ずしも外的な感覚刺激要因によらず、手や足(特に手指)に加え、顔面筋や眼球など体のさまざまな部分を、自らの意思によって自在に動かすことによって、自らの意図する行動の目的を達成するだけでなく、言語の生成や、表情を表わすことによって、社会生活に欠かせないコミュニケーションをとることができる。一方、何らかの脳病変により、随意運動の生成に障害をきたすのみならず、自らが意図しない異常な規則的あるいは不規則的運動が発生してしまうことがあり、不随意運動と呼ばれている。
 今日の脳研究の理解では、随意運動に関連する主要な脳領域は大脳皮質、小脳、それに大脳基底核である。随意運動を伝える経路として、20世紀の初頭に始まる近代脳研究の黎明期から、延髄錐体が注目されてきた。大脳皮質から脊髄への直接下行路である錐体路が延髄錐体を構成する。錐体路の神経線維は延髄尾部の錐体交差で左右大脳皮質からの線維が反体側に交差し、脊髄に直接あるいは間接投射することで、左脳が右半身を、右脳が左半身の随意運動を制御している。錐体路が傷害されると、特に手指の精緻な随意運動に障害が生じることから、このときに生じる症状が「錐体路症状」と呼ばれてきた。一方、大脳基底核の病変に伴い生じるさまざまな不随意運動が臨床的に「錐体外路症状」と呼びならわされてきた。しかし、「錐体外路」は錐体路以外の運動系下向路の総称であり、必ずしも大脳基底核を通る神経経路だけを指すわけではないので、錐体外路症状の名称には問題がある。

石でできたマネキン人形

なんてものがもしもあったなら、その腕はきっとこんなふうだろうと、亜脱臼の肩からだらりと垂れ下がった自分の腕のことを思う。

関係性の演劇

http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/00000317/p1

 

まず今までの演劇の系譜論から離れて現代演劇を捉え直すために「関係性の演劇」という概念を提唱したい。「静かな演劇」の流行とか、演劇におけるリアリズムの復権とかいろいろな形で語られており、しかもその評価が分かれているある種の演劇のカテゴリーをこの「関係性」という概念で括れるのではないかと思うからである。
関係性の演劇とは演劇作品のなかで、主に登場人物、あるいは登場する人物の集団の間の関係を提示することで、関係の総体としてのこの世界を描いていこうという演劇の手法である。ここで「関係性」あるいは「関係」という言葉が含有する思想的な背景に触れなければならない。関係という概念は現代思想の重要なターム、実体に対する対立概念である。近代の思想は主体や自意識といったものをある種の実体と考え、重きを置いた。これに対して構造主義や現象学といった現代思想の特色はものごとの関る関係に重点を置いて物事を考える。関係がすべてであり、他者との関係なくして孤立した実体などありえないという考え方である。この世の中のことはすべて、他のこととの関係において我々の前の立ち現れる。これが、関係性の演劇の認識論的前提である。

たとえばテレビドラマなんかでよくある上司に罵倒されるのを耐えるシーン、そうではなしに何気ない日常会話で深く傷つく(発話者にはそのつもりはなく)シーンを関係性の演劇は可能にしたのだ。「耐える」表現は大げさにぷるぷる震えて見せたりではなく、沈黙でただ受け流そうとするのみ、事情を知る「観客」は、その沈黙の向こうに流れる心情を読み取ることができる劇構造になっている。そこで語られる内容「物語」は、意図的に単純化され、ありきたりなものに設定されている。それを、「最後まで聴かなくても想像がつく」だとか、的外れも甚だしい。バカでも想像のつく「ベタ」を意図的に選択しているのだ。ここでは物語内容の観客への伝達が主眼ではないからだ。そんなことすらわかりらずに間」がどうの、テンポがどうの。リアリティがどうのと、きいたふうなことをいうからトンチンカンだというのである。耳を傾ける価値もない。すっこんでろって話だ。

労働

コードなき差異

 

寝坊

今日は朝から仕事だったのにすっかり寝過ごしてしまった。

論点が

トンチンカンな話に巻き込まれたくないんだ。

気分転換

というか、気持ちを落ち着かせるために、どうしても煙草を吸ってしまうな。

どうやら

PCに負荷がかかりすぎているようだ。

マルチタスク

同時並行で複数の仕事を処理してるつもりでも、よく観察してみりゃ「並行」じゃなく、ひとつを中断して再開しての繰り返しで、その隙間にべつの仕事を詰め込んでいたりする。

レンタルDVD

タルコフスキーはもとより、トッドヴラウニングまで置いているのに、アランレネの『去年マリエンバートで』が、ない。品揃えの基準が分からない。まったくもう!

何一つ思い通りにならない

深夜のうちにPCに作業させて朝にはできあがってるだろうと思えばできてないし、仕事で、さんざん入力した後に文字化けするし。

2019年4月17日 (水)

巨悪

を設定して、何でもかんでもそのせいにすることで、実際の因果関係を見失ってしまrば有効な対策などとれないし、とれるわけがないんだ。

久しぶりにビデオで

第三エロチカの芝居を観た。懐かしいな。

背屈運動

ができないから、地面に踵から足をつくことができない。翻って、背屈さえできれば、けっこうスタスタ歩けそうなのだが。

号泣

https://kotobank.jp/word/号泣-494642

 

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」
[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34.1パーセント、本来の意味ではない「激しく泣く」で使う人が48.3パーセントという逆転した結果が出ている。

嗚咽

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/28116/meaning/m0u/

 

 

名](スル)声をつまらせて泣くこと。むせび泣き。「遺体にすがって嗚咽する」

 

嗚咽でもすすり泣きでも何でもかんでも「号泣」と表現したがる最近の風潮はなんとかならんものか。

痛みが

身体を徘徊している。

肩関節の

亜脱臼の痛みが、首に上がってきた。

いろんなことが

今さらながら悔やまれる。

チキンレース

https://kotobank.jp/word/chicken%20race-565500

1 相手の車や障害物に向かい合って、衝突寸前まで車を走らせ、先によけたほうを臆病者とするレース。チキンゲーム。チキンラン。
2 相手を屈服させようとして互いに強引な手段をとりあう争い。チキンゲーム。「値下げ競争はチキンレースの様相を呈している」

丸山圭三郎

 

全能感

https://www.weblio.jp/content/全能感

 

心理学用語で、「自分が何でもできる」という感覚を意味する語。特に子どもの発達段階において、しばしば見られる現象である。躁病や自己愛性パーソナリティ障害の構成要素の一つとされることもあり、自身の能力を過大評価してこの感覚を持つことによって、対人関係などに問題が生じる場合もある。万能感とも言う。

しばしば単に自己相対化能力の欠如および肥大した自尊心の表出という気もするが。

眠い。

ゆうべ仕事で遅かったから。

毎朝血圧を測っている。俗に寝不足と数値の高さに相関関係があるように言われ、そんな気がしていたが、今朝はすこぶる数値が低い。
目薬をどこへ置いたか忘れてしまった。情けなくて涙が出る。
嘘だ。自律神経がバグっているのか、薬の副作用かわからない。いずれにせよ涙が出ない身体なのだ。医者にそういうと目薬を処方された。結局原因はわからずじまい。

 

 

ZELDA

暗黒時代のZELDAにハマったクチで、だから後期になると離れてしまったのだけど、今聴き直すと後期もそれはそれでいい。かなりいい。

2019年4月16日 (火)

暇に任せて

ただ、漫然と読書したってしょうがない。そもそもそんな暇はないし。

ジジェク

とりあえず

アンイメージ時代の芝居2本をデジタル救出。画質も音質も良くないしホンも下手くそだけれど、そういうの全部込みでの記録である。

ゆらゆら帝国『イエスタデイワンスモア』

運動神経/感覚神経  

https://imidas.jp/genre/detail/F-135-0316.html

 

神経線維は一方向に興奮を伝えるため、末梢神経の神経線維には中枢から全身に指令を伝える運動神経と、全身からの情報を中枢に伝える感覚神経の2種類がある。脊髄神経の前根(ぜんこん)は運動性で運動神経線維のみを含み、後根(こうこん)は感覚性で感覚神経線維のみを含む。このことは、2人の発見者の名前をとってベル=マジャンディの法則と呼ばれる。運動ニューロンの細胞体は、脊髄内部の前角にあり、そこから出た軸索は前根を通って脊髄から出ていき、軸索の先端は枝分かれをしてその先端で骨格筋細胞に接触し、興奮を伝えるシナプスを作る。感覚ニューロンの細胞体は、後根の一部が膨らんだ脊髄神経節の中にあり、軸索は脊髄神経の先端から中枢に向かい、後根を通って脊髄に入る。運動神経線維と感覚神経線維の多くは、伝導速度の速い有髄線維である。とくに骨格筋を支配するα線維は、伝導速度が毎秒約70~120メートルと速く、触覚を伝えるβ線維はそれに次いで毎秒約30~70 メートルである。それに対して、痛覚や温度感覚を伝えるδ線維は、毎秒約12~30 メートルと遅い。

 

とはいえ運動神経の喪失は感受性(見聞きする事象の解釈)に大きく影響するだろう。
創作のなんたるかを知らぬ者には直接ペンを持ったりキーボードを叩いたりしない部位の運動機能の喪失と「書く」行為とは無関係に思うらしいが、メルロポンティのいう知覚の現象学を思い出してみればいい。そうして少々想像力を働かせてみるがいい。

 

昔の芝居のビデオ

をデジタル「救出」しているが、そもそも録音状態がよくなくて、何言ってんだかわからない。まあ、そういうのも含めて時代の記録ってことで。

主治医

https://kotobank.jp/word/主治医-528510

 

本来は1人の患者を責任をもって診療する医師をさしているが、規模の大きな医療機関では、ある患者を複数の医師が担当するという制度を有する場合もあり、これを主治医制度とよび、主としてその患者の診療にあたる医師を主治医という。主治医制度を採用している場合には、主治医は指導医とつねにダブルチェックを行い、診断と措置選択にあたっては、誤りのない方法をとるのが通常である。主治医は、その患者に対しては第一義的な責任者であることは事実であるが、最終的には、医療機関の開設者がその責を負うこととなっている。

貨幣

 

痛みが

比較的少ない日にも常に違和感がつきまとっている。

転倒リスク

が高いのはわかりきっている。
それに対する備えが「転倒しないように気をつける」だけじゃしょうがないだろう。
いざ転倒した際のダメージをいかにして最小に食い止めるか、転倒した後に立ち直るにはどうしたらいいか。それらを模索したのは退院後、自力でであった。

アジビラ

が「報道」ヅラしやがって。

ハイエク

 

フィジカル

演出はもとより、劇を「書く」という作業もまた「知覚」においてフィジカルな行為なのである。

堕落

 

代償

http://www.kawasaki-m.ac.jp/soc/mw/journal/jp/2007-j16-2/03_yoshimura.pdf

 

 

 

2019年4月15日 (月)

エントランスの郵便受け

まで杖歩行で。久しぶり。エレベーターのドアが怖い。以前、ドアに跳ね飛ばされて転倒したから、今日は妻に付き添ってもらった。

象徴

 

固定資産税を

払わなくちゃ。

欲望

 

川崎市立多摩病院

http://marianna-tama.jp/

脳、脊髄、神経のしくみとはたらき

 

https://kotobank.jp/word/脳、脊髄、神経のしくみとはたらき-792050

2019年4月14日 (日)

脱力

っていうのは力が入って初めて可能な随意運動なのだ。そもそも力が入らないのと脱力した状態というのは全然違う。これは観念的な話じゃない。

スリング

を長時間つけることで、なんだか肘や手首がだるく、また、拘縮を助長するような気がするのだけど、どうなのだろう? 主治医は事なかれ主義の思考停止「様子見ましょう」マンだし、専門家の知見に触れることができない。なんだかなー。

「口コミ」

を読んで、さもありなん。と思う。

国家とは/ヘーゲル

 

病院を変更するときやってはいけないこと

https://medical.jiji.com/topics/566?page=2

担当の医師だけでなく、病院全体の対応に不満がある、といったケースでは、違う病院に通いたい、という気持ちになるでしょう。この場合に決してやってはいけないのは、担当医師に何も告げることなくこっそり別の病院に行く、ということです。

 

それまで通っていた病院でどんな検査や治療を受け、どんな経過をたどったのか、どんな診断を受けているのかなどが全く分からず、困惑することが非常によくあります。
 ご本人は「これらの情報を自力で伝えることができる」と信じてやってきているのですが、まず的を射ない説明をされることがほとんどです。治療経過を正確に説明できるのは、その患者さんを直接診療した医師だけです。
 実際に患者さんを診療していない人は、たとえ医師でも治療経過を説明するのは困難です。よって、必ず診療情報提供書(紹介状)を書いてもらう必要があります。
 「別の病院に行きたい」と直接言うのは抵抗があるかもしれませんが、転居や、子供の送り迎えの都合、交通手段の変更、職場の変更など、実にさまざまな理由で病院を変更せざるを得ない人はいます。
 病院を変更したい旨を医師に伝えることに、さほど抵抗を感じる必要はないでしょう。くれぐれも、何の情報も持たずに病院を飛び出すことのないよう気をつけましょう。

エクセルの「応答なし」に

毎日まいにち時間を取られる。まったく無駄なことである。

2019年4月13日 (土)

亜脱臼の肩が痛む

重いばかりで何の役にも立たぬ、ばかりか、衣服の着脱を妨げるこの腕をいっそ切り捨ててしまいたい。

書くという欲求

 

診断書

を書くこともできぬ者が「主治医」とか、あまりにも馬鹿げている。

感想

感想に対する感想だってもちろんあるわけだ。つまらん感想に対してはつまらんという。アタリマエの話。

ホメオパシー

https://ja.wikipedia.org/wiki/ホメオパシー

 

 

ホメオパシー(漢字表記では同質療法[1]、同種療法[1]、独: Homöopathie、英: homeopathy, homoeopathy、homœopathy)とは、「その病気や症状を起こしうる薬(やもの)を使って、その病気や症状を治すことができる」という原理のもと、1796年にザムエル・ハーネマンが提唱した[1]。またホメオパティとドイツ語風に呼ばれることもある[2]。
ホメオパシーの理論・効果については、現代医学の研究結果でプラセボ(偽薬)効果以上の効果はないとされている[3][4][5][6][7][8][9][10]。
用いられる薬の「レメディ」は、現代医学の見地からはただの砂糖玉にすぎず、それ自体に害は無い。しかし本来は適切な医療行為を受けるべき人が代わりにホメオパシーを使うことで死亡事故などが引き起こされる事がある。日本では2009年に新生児に与えるべきとされるビタミンKシロップの代わりに助産師がレメディを用いて新生児が死亡した事件がある。
詳細は「山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故」を参照
日本学術会議が2010年8月24日、ホメオパシーの効果について全面否定し、医療従事者が治療法に用いないよう求める会長談話を発表し[11]、日本助産師会[12]や日本医学会[13]などが賛同の意を表明している。
世界的に見ても、先進国では効果が無いとして公的保険の対象ではなくなっている。

なぜものが見える?光を脳に伝える目の仕組み

 

https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_243.html

 

私たちは、外から入ってきた光によって、物の色や形、遠近感、動きなどを認識しています。
私たちが、ものを見ることができるのは、光が眼球の「角膜」や「水晶体」を通過して「網膜」に届き、電気信号に変換され、「視神経」を経て脳に伝わるからです。眼球は、直径約2.4cmの球体です。角膜と水晶体は透明な組織で、ともにレンズの役割を果たしていますが、水晶体は厚みを変えることでピント調節ができます。網膜は眼球の内面を覆うスクリーンで、光を感じとっています。
目に入る光の量は、「虹彩」が「瞳孔」(瞳)を大きくしたり小さくしたりして調節しています。虹彩は瞳孔の周囲の茶色い部分です。
ピントを合わせるときは、「毛様体筋(もうようたいきん)」という筋肉によって水晶体の厚みを調節しています。毛様体筋がリラックスすると、水晶体が薄くなり、遠くにピントが合います。毛様体筋が緊張すると、水晶体が厚くなり、近くにピントが合います。若いひとの眼はこのようなピント調節によって、遠くにも近くにもピントを合わせることができますが、年をとって老視になると、ピント調節ができなくなり、遠くにピントのあった正視眼では近くがぼやけることになります。

活動休止のご挨拶

2017年秋に主宰で作・演出の今井が病に倒れ、半年ほどの入院後、現在は自宅に戻りましたが、重度の後遺症が残り、活動再開の目処が立たない状況です。
2012年の旗揚げから概ね年一回のペースで公演を重ねてきましたが、上記の理由により、活動を休止します。ピタパタの公演を楽しみにしていてくれたお客様にはたいへん申し訳ないのですが、どうかご了承ください。ピタパタの芝居づくりに関わってくれた俳優およびスタッフはそれぞれの活動を継続していますので、そちらを応援していただけますと幸いです。

ピタパタ主宰 今井一隆

 

死亡診断書

https://www.お葬式なら格安葬儀.net/shibo-shindansho/

死亡診断書とは、医師や歯科医師のみが作成できる、人の死亡を医学的かつ法律的に証明した書類のことです。この診断書がなければ、死亡が認められず法的には生存している可能性があると解釈されてしまいます。
つまり、実際に亡くなっているにもかかわらず、故人の火葬・埋葬ができないばかりか、故人への課税や公共料金の支払い、年金の支給が行われることになるのです。
それが原因で、不必要な費用負担や年金の不正受給といった事態に発展する可能性があります。そのため、このような事態を避けるために死亡診断書が必要になります。
死亡診断書はほとんどの場合、故人の死亡を確認した医師が作成します。この診断書には、故人の氏名や性別、死亡した場所・時刻・原因、そして死亡に至るまでの過程が詳細に記載されます。

痛みとは

https://toutsu.jp/

痛みの役割
私たちは「痛み」を感じることで、身体に何らかの異常や異変が生じていることに気づきます。もし、「痛い」という感覚がなかったら、危険を察知したり、回避することができず、ケガや病気を繰り返したり、命の危険につながることもあります。「痛み」は本来、私たちの身体や命を守る、生命活動に欠かせない役割を持ちます。
しかし、なかには「生命活動に必要ではない痛み」もあります。
必要以上に長く続く痛みや、原因がわからない痛みは、大きなストレスになり、不眠やうつ病など、ほかの病気を引き起こすきっかけにもなります。このような場合は「痛み」そのものが“病気”であり、治療が必要です。
痛みを感じる一般的なしくみ
切り傷や火傷、打撲などにより身体が刺激を受けると、「身体が傷ついた」という情報が発生します。その情報は電気信号に変換され、神経を伝って脳に届きます。脳がその情報を認識して初めて、「痛い」と感じるのです。
通常は、痛みの原因となったケガが治ると、痛みも消えていきます。

神経障害性疼痛とは

何らかの原因により神経が障害され、それによって起こる痛みを「神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)」といいます。
帯状疱疹が治った後の長引く痛みや、糖尿病の合併症に伴う痛み、坐骨神経痛、頚椎症に伴う神経障害疼痛などがあります。傷や炎症などが見えないにもかかわらず痛みがある場合には、神経が原因となっていることがあります。
40代以上に多く、日本では約600万人以上※の患者さんがいると推定されています。

ソフトな死

生死の境目というのは一般に信じられているほど明確なものではないのだろう。医師が死亡診断書を書くようないわゆる「死」をハードな死と呼ぶとすれば、さまざまな機能を不可逆的に喪失しつつ生存はしている状態をソフトな死と呼ぶことができそうだ。そういうわけで俺はソフトに死んだのだ。ゆらゆら帝国の歌で『ソフトに死んでいる』というのがある。その歌詞内容とは少々定義が異なるが。

 

選択

なんか「選択」を誤り続けている気がするなあ。

2019年4月12日 (金)

dvdmemoryで、チャプターの付け方

https://dvdcreator.wondershare.jp/guide/burn-video-to-dvd.html#part3.5

 

 

フーコー

 

眠りの質が

悪い自覚はあるんだ。身体が(とくに亜脱臼の肩が)痛くてしばしば目が覚めてしまうし、眠りが浅い。

2019年4月11日 (木)

ビデオキャプチャ

http://e-words.jp/w/ビデオキャプチャ.html

 

ビデオキャプチャとは、テレビチューナーやビデオレコーダーなど映像を扱う機器から、映像や音声をデジタルデータとして取り込んでコンピュータに保存すること。コンピュータの画面(やその一部)を動画として記録・保存することもビデオキャプチャということがある。

ウェブサイトを更新

新しいお知らせは何もありませんが、情報を整理しました。
https://www.pitter-patter.info/

スリングから

だらりと垂れた手を知らぬ間にあちこちにぶつけてしまう。

アーレント

 

ロック

 

無意識

 

入浴

難なく一人で、といってもよさそうだが、やはりその都度それなりの緊張感が伴う。

ストレッチ

http://keishuku.jp/rehabili/kata.html

 

「実施しても問題ないかどうか、まず医師、または療法士の先生にご相談ください。」とのことだが、相談できる医師も療法士もいない。

主体

 

ふく‐あつ【腹圧】

https://kotobank.jp/word/腹圧-123879

 

 

腹筋と横隔膜の収縮によって生じる、腹腔内の圧力。排便・排尿を助けるほか、女性では出産のとき、子宮の収縮とともに分娩(ぶんべん)の原動力となる。

コードなき差異

 

血圧計のエラー

https://monostudio.jp/578

血圧計がエラーを起こす理由の一つが、不整脈や脈拍が弱いといったものです。これは、血圧計の仕組みをしればその理由が良くわかります。
血圧計は、「コロトコフ音」という音を感知して測ります。この「コロトコフ音」というのは、動脈を一度圧迫し、その後に離すことで起きる音です。病院で、医師や看護師に、上腕で血圧を測られたことのある人ならば、この状態は想像しやすいでしょう。腕が圧迫され、それが解放されたときの音を、彼らは聞いているのです。
しかし、脈が弱かったり不整脈であったりすると、このコロトコフ音が正確に感知しづらくなります。その結果として血圧が測定できず、エラーとして表示される可能性があるのです。またそれ以外にも、抹消循環器系に障害がある人にも同様のエラーがみられることがあります。

2019年4月10日 (水)

アルシーヴ

PCのファイル

整理にひどく時間がかかっている。

シカゴ学派

 

山本七平

ヒステリー的主体

 

人手不足は「悪」なのか?

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1904/09/news050.html
そもそも「人手不足」と、今の日本が直面している「人口減少」はそこまで大きな因果関係はない。

 

厚生労働省職業安定局の「人手不足の現状把握について」(平成30年6月1日)を見れば明白だが、日本の人手不足は局地的な現象で、建設業、宿泊業・飲食サービス業、医療、福祉、運輸業、郵便業などのいわゆる「人手不足産業」と、そうではない産業に大きな落差がある。
 そして、これらの分野別の分析を見ると、人手不足の原因・特徴は「労働者時間が長く、給与水準が低い」(運輸分野)、「休日が少ない」(建設分野)、「賃金が安い」(介護分野・宿泊業、飲食サービス分野)とある。

 

「人手不足」の本質が「低賃金」だということは、1967年の日本生産性本部の調査でも明らかになっている。調査を報じた記事の見出しが分かりやすい。
 『低賃金、耐えられぬ 大半が「もっと大規模」へ移動』(読売新聞 1967年6月26日)
 中小企業が中途採用した若年労働者が、なぜ定着しないのかを調べたところ「低賃金」に失望したという理由がもっとも多かったのだ。
 つまり、人口が右肩上がりで増えていた時代の日本では、「人手不足で倒産しました」という話は、「ああ、低賃金労働者が確保できなくて倒産しちゃったのね」という受け取られ方だったのである。

 

存在する理由など何もない

 

リハビリとは、筋トレではなく、脳トレなのである

https://business.nikkei.com/atcl/opinion/16/051000048/052800002/?P=2

 

脳梗塞の麻痺は運動神経をつかさどる脳細胞が死滅し、司令塔の機能を失うことによって手足が動かなる。話がしづらくなるのも、頬や舌に正しく動かせという信号を脳が送れないことによって起こる。つまりリハビリとは、筋トレではなく、脳トレなのである。手や足を動かすことで末梢の神経に刺激を与え、神経回路を遡って、脳を再教育するのだ。

 

そういう認識に基づいて「末梢神経から刺激を入れて、脳を再教育する」のに合理的なリハビリが入院中に行われていたか、甚だ疑問である。

バタイユ

 

昔観た映画が

今観るとべつの感じ方をするってのはよくある話だけれど、そういうことじゃなくて、障害を負ったことで、最大公約数的なというか、一般的な感受性を喪失してしまったのは演出家としては致命的で、この意味でも芝居への復帰は絶望的である。なんでもないシーンをそうと流せず、過剰に価値を感じ取ってしまったりする曲解癖はマズいんだ。現象をズラしてそこに価値を見いだすのとは180度違う。演出家としての俺は死んだのである。メルロポンティいうところの「知覚の現象学」と関係ある話かも。だとすりゃ「書く」のもどうなのかってことになるな。「書く」行為がフィジカルなものだというのはそういうことで、ペンを持ったり、キーボードを叩いたりという表層的な行動のことをいってるんじゃない。この意味で「作」と「演出」はウロボロスの蛇的に互いに内包し合う関係なのだ。

一般に

耳に心地よいとされる音楽がときにむしろ耳障りだったりする。逆もまた真なり。

市場

 

今、一瞬で

できることを明日に先延ばしにする感性が理解できないんだ。

2019年4月 9日 (火)

チラシの折り込みスケジュールのメール

が届く。例年、この時期はそんなことをしていたからだし、べつに迷惑というのでもないけど、もうそういうのとは無縁になったのだなあとしみじみ思う。

ジジェク

 

古いビデオテープを

なんとかデジタル化して救出中。とりあえず、貴重品のみ。えらい時間がかかりそうだ。

共産党はヤバイ?その理由(1)

 

 

相変わらず

画像の貼り付けができないのだよ。参っちゃうな。

大智度論の物語 (1) (レグルス文庫 (27)

をアマゾンで購入。

トイレ掃除

をしていて思った。このまま便器に頭を突っ込んで、に自分自身を流してしまえたらどんなにいいだろう、と。

そろそろ原稿書きを

始めたいのだけれど、なんだかんだと落ち着かず、ずるずる先延ばしになっている。とりあえず参考文献を買いあさるばかり。

神経障害性疼痛

https://toutsu.jp/lp2/01/

 

その蓋然性は高いのに、一向に原因特定しようってならず、場当たり的に薬の足し算が続くのだからイヤになる。

言葉と物

 

クッションの綴じ目

 

万人の万人に対する闘争

 

昨日急に

寒くなったから、そのためなのか、身体が妙にこわばって動きにくい。それが今日も続いている。

肩が痛い

亜脱臼の肩が強烈に痛む。

2019年4月 8日 (月)

ハイエク

 

眼鏡が壊れてしまった

片手でかけたり外したりせねばならんから、設計上想定していないヘンな力がかかってしまうのだろう。困ったな。

ウェブサイトの整理

をしていた。
それに伴い、過去作品のダイジェスト動画を眺める。ひどく懐かしい。

https://www.pitter-patter.info/work

夢の中で

安物のギターを弾いた。
ああ、いいギターとアンプを売ってしまったのだよな。惜しいことをしたと思った。

 渋谷スクランブル交差点にベッド置く動画 警視庁が捜査

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190408/k10011877091000.html

 

68歳の会社員の男性は「私たちの世代では考えられないが、今の若い子たちは『目立ちたい』という思いなのでしょう。動画を撮影・投稿する人に対してきちんと教育する必要がある」と話していました。

 

俗にいう団塊の世代だろう。何が「私たちの世代では考えられない」だよ。だからいうのだ。世代論なんてものは己の過去の積極的な忘却に支えられている、と。

権力

民主主義国家における「権力」とは、左翼の夢想するように上から下に一方的に行使されるものではない。主権者が国民なのだから、いわば正当性を備えた同調圧力とでもいうべきものだろう。

眼鏡がぶっ壊れた

修理しなくちゃ。また余計な金がかかる。

2019年4月 7日 (日)

バタイユ

ハイエク

 

統一地方選挙

の投票に行ってきた。車椅子だったが思いのほか難なく投票できた。係の方の助けもあって。ありがたいことである。帰りに食事。少し早いが退院一周年を祝って。過ぎてしまえば一年なんて早いものだ。

エロティシズムのもつ二重の禁止と侵犯

 

少し早いが

退院一周年祝いの外食。

 

死体とは<他者>の物

居間の入口付近で

杖を手放して、壁や建具伝いに机の前の椅子まで歩く。

この短い距離の歩行ができるとできないじゃ大違いなのである。

多目的トイレでも、病院みたく「右トイレ」「左トイレ」とべつべつに用意されてることはなく、移乗に多少の歩行が要請されるから。

夢の中でも

DVDを焼いていた。

ラング/ランガージュ

ラング/ランガージュ

重力

日々身体のあちこちにずっしりと重力を感じて生きている。

べつにフツーに

ブログを書けばいいじゃんという気持ちになっている。

 

 

"令和"共産党が談話で冷や水

https://news.nifty.com/topics/12280/190407331091/

リンク先記事にも書かれてあるとおり、そもそも誰も強制などしていないのだ。それをあたかもされたかのように被害者ヅラでわら人形的に「敵」を設定して「闘争」するいつもの共産党スタイルである。

2008.12@草津

2008122

 

 

ハイエク

 

ジジェク

 

社会は防衛しなければならない

所詮は他人事の気楽さからの無責任

 

 

 

角田病院

http://www.tsunoda.or.jp/gairai/rehabilitation.html

 

 

2019年4月 6日 (土)

アリストテレス

 

独占価格

 

すべての経済活動は「借金から始まっている

https://toyokeizai.net/articles/-/273275

現代貨幣理論は、その名のとおり、「貨幣」論を起点とする経済理論であるが、この現代貨幣理論と主流派経済学とでは、貨幣の理解からして、180度違うのである。
まさに、地動説と天動説の相違と比肩できるほど、異なっているのだ。
では、ここで、現代貨幣理論が立脚する貨幣論について、ごく簡単に解説しよう。
今日、「通貨」と呼ばれるものには、「現金通貨(お札とコイン)」と「預金通貨(銀行預金)」がある。
「銀行預金」が「通貨」に含まれるのは、我々が給料の支払いや納税などのために銀行預金を利用するなど、日常生活において、事実上「通貨」として使っているからである。
ちなみに、「通貨」のうち、そのほとんどを預金通貨が占めており、現金通貨が占める割合は、ごくわずかである。
ここまでは、主流派経済学でも異論はないであろう。
問題は、通貨のほとんどを占める「銀行預金」と貸し出しとの関係である。
通俗的な見方によれば、銀行は、預金を集めて、それを貸し出しているものと思われている。
しかし、これは銀行実務の実態とは異なる。
実際には、銀行の預金が貸し出されるのではなく、その反対に、銀行が貸し出しを行うことによって預金が生まれているのである(これを「信用創造」という)。
驚かれたかもしれないが、これは事実である。

経済静学/動学

 

「タスクマネージャー」の開き方

最もシンプルなのは
「タスクバー」の右クリックによるメニューで「タスクマネージャー」を選択する

 

https://www.724685.com/weekly/qa180606.htm

バイタルサイン

を薬でもって無理矢理押さえ込み、生存を維持している。考えてみりゃ不自然な生である。

平成 31 年 4 月 7 日執行 川崎市議会議員選挙 多摩区選挙区 候補者の氏名及び党派別の一覧

https://touitsukawasaki2019.jp/pdf/meibo/shigi_tama.pdf

 

 

「専門スタッフの助言」

などというが、たいがい独りよがりで不要な干渉だったりする。

横浜市総合リハビリテーションセンター

http://www.yokohama-rf.jp/center/index.html

 

 

障害受容

できてるつもりだったけど、それでもまだ一縷の望みを捨てきれないでいるらしい。よいリハビリ法があると聞けば受診してみたいと思う。当然とも思えるが、往生際が悪いともいえる。いずれにせよ、簡単ではない。リソースは限られている。それが家の近所で受けられるならいいが、どうやらそうではないらしいから。

ほしい医療情報が

全然入手できない。
整理されたリストがあっても良さそうなものだが、ない。結局、自分でググって手探りで発掘していくしかない。なんという効率の悪さか。

新戸塚病院

http://www.ims.gr.jp/shintotsuka/

 

 

 

多摩区役所へ

南部線+小田急線で。多摩区民館は稽古でも難度も使用したから懐かしい。11Fの食堂も復活していて嬉しい。カツカレーを食った。諸々の手続きをしてから向ヶ丘遊園駅へ戻り、タクシーでアメリア稲城ショッピングセンターへ。ダイソーで買い物。帰りは、三沢川沿いの桜見物をかねて車椅子を自走したり、妻に押してもらったり。ささやかだけど幸せな時間だったな。

登戸内科脳神経クリニック

https://noborito-cl.com/

2019年4月 5日 (金)

あがた森魚『赤色エレジー』

誰でもトイレ

「『専用』や『優先』と呼ぶと、使っていい人いけない人を線引きしてしまう。分け隔てない社会を目指すユニバーサルやバリアフリーの考え方と相いれない」と都内自治体の担当者は打ち明ける。「特別扱いされるのはいや」という障害者の声もあり、名称変更に二の足を踏む。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32688910W8A700C1KNTP01/?page=2

 

「線引き」してもらった方が俺はありがたいけどな。「分け隔てない社会を目指す」などという欺瞞よりも実用性、合理性を優先してよと思うからだ。

コードなき差異

 

今だに/未だに

 

https://wisdom-box.com/confusing/similar/imadani/

 

実は辞書的な用法では「」は誤用ということになっていますので使い分けは存在せず、常に「未だに」が正解となります。しかし、最近では「今だに」を使う人が多いのでこちらも載せている辞書もあるようです。
一般的(世俗的)な使い方としては、肯定的な文章(現在もそれをしている)の場合は「今だに」、否定的な文章の場合(現在に至るまでそれが行われていない)は「未だに」という使い分けが多いようです。
この言葉は成り立ちに色々な考えがあるため、本当に「今だに」が誤用かどうかもはっきりしません。迷われた場合は、「いまだに」と開いて書くのが無難かもしれません。

 

そうですね。「今だに」のニュアンスで、意味的に「未」を使うのに抵抗のある時は、ひらがなに開いちゃうのが無難だと俺も思いますし、そうしてます。

自由の条件

 

久保田早紀

の引退ライブのDVDを観てる。結構苦労して手に入れたDVDだ。
ステージでヤマハのDX7を弾いてるのが「時代」だなあ。

選挙

「巨悪/無力な庶民=アプリオリな善」の漫画チックな二項対立の構図に依存してしか立ってることもできない無能な政治家などいらぬのだ。

打ち身

知らぬ間に地味に膝をどこかへぶつけているらしく、しくしく痛むのである。
そりゃそうなのだ。たとえばコーヒーの蓋を開けるにしたって、手で瓶を掴む代わりに両膝で挟み込む。
こういう記述がいつか創作の材料として役立てばいいなと思う。

ハイエク

 

差別表現

ある者を侮辱する表現として召喚された者もまた同様に侮辱されているのである。いくら「そういう気持ちはない」などと、検証不能な「主観」に逃げ込んだってダメなのだ。

丸山圭三郎

2019年4月 4日 (木)

M・フリードマン

 

善人

 

ハイエク

 

友人

 

書斎のDVDを


居間に運んでまた書斎に戻す。その作業の繰り返しで結構な歩行練習になる。

安全装置を

いちいちかける。手数が増えて面倒だけれども、「事故」を防ぐにはしょうがない。

安全装置を

いちいちかける。手数が増えて面倒だけれども、「事故」を防ぐにはしょうがない。

先日は妻が

店にスマホを置き忘れ、店員が追いかけて届けてくれたが、これが置き忘れたのが俺だったなら、脳機能障害の症状という物語に回収されてしまうのだろうし、自らもそのように納得してしまうのだろう。

何をどこへしまったか

後でわからなくならないように、自ら行動パターンを単純化しているが、それでもわからなくなってしまうのだから厭になる。

2019年4月 3日 (水)

メインPCに

いろいろ負荷をかけすぎなのかな。

HDMI

による画面の複製を試みたがうまくいかない。机の下に潜り込んでPC背面へのケーブルの抜き差しをするのも一苦労である。こんなことすらできないなんて、情けなくて泣けてくる。
嘘だ。後遺症で自律神経がバグっているのか、薬の副作用なのか、涙も出ないのである。その原因すらわからぬまま、目薬さして凌げと医者はいう。

画面の表示モードを選択する

 

https://dekiru.net/article/5620/

パソコンをプロジェクターに接続して画面を表示したいときに、覚えておくと必ず役立つショートカットキーです。[↑][↓]キーで[PC画面のみ][複製][拡張][セカンドスクリーンのみ]から目的のモードを選択し、[Enter]キーで確定しましょう。例えば、パソコンと同じ画面をプロジェクターに表示したい場合は[複製]を選択します。

夢の中の時計が

ひどく後れていて、目覚めたら現実には夕方だった。

2019年4月 2日 (火)

デリダ

 

間主観性

https://kotobank.jp/word/間主観性-48882

E.フッサールの用語で,相互主観性あるいは共同主観性ともいわれる。純粋意識の内在的領域に還元する自我論的な現象学的還元に対して,他の主観,他人の自我の成立を明らかにするものが間主観的還元であるが,それは自我の所属圏における他者の身体の現出を介して自我が転移・移入されることによって行われる。こうして獲得される共同的な主観性において超越的世界は内在化され,その客観性が基礎づけられると説かれる。その後 M.ハイデガー,M.メルロー=ポンティらの議論を経て,廣松渉はこの語を諸個人が互いを主体として承認しつつ単一の世界を共有しているような事態であると定義した。今日では,自己と他者の分化に先行する基底的な構造をさして用いられる。

本当に恐ろしいことが起きるのは、神に見捨てられた時ではなく、神が我々に近づきすぎた時だ。

 

内的視点

 

主題はあっても対象がない

 

リゾーム

 

アラヤ識

 

 

 

思いつき、あるいは思い込みで

不要なコミットメントされるの、ほんと迷惑。挙げ句に動機の純粋性による自己正当化と相場が決まってる。

HDMIケーブル

https://direct.sanwa.co.jp/contents/sp/howtouse/how-hdmicbl.html

 

 

まもなく退院から一年

たとえばクローヌスごときを、あたかもありうべからざる一大事のように騒ぎ立て、不要な干渉をしてくる「専門家」がいないだけでも、退院して救われている。

空き箱に割り箸を貼りつけて

つくった迷路の中をビー玉を転がすように、我が身の重心のありかを意識して歩を進めるのである。

怪我したり、

余計な手間を増やさぬように寐ていよう。

ホモ・ディアレクティクス

 

副作用もあるようだし、

薬はできるだけ減らしていきたいのだが、主治医にはまるでその気がないらしく、実現しない。俺が入院中によその病院でされた処方箋を引き継いだまままったく無策で「しばらく様子を見ましょう」という定型句を繰り返すのみ。

毎朝である。

エクセルの「応答なし」に苦しめられる。

ジジェク

鉛直方向

をめっちゃ意識するようになった。

2019年4月 1日 (月)

足の指で地面を掴む

http://越谷市整体.com/blog/way-of-walking5/#section-X-3

 

足首の可動範囲が正しく機能すれば、足の指を力ませなくても地面をつかんで歩けることが分かります。

 

てことは、やはり足首の背屈だな、課題は。それを随意でできれば、けっこうスタスタ歩けるという直感はあったのだ。

神奈川県知事選挙

https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/touitsu/2019/14/13972/skh44466.html

 

神奈川県知事選挙に立候補したのは、届け出順にいずれも無所属で、3期目を目指す現職で自民党、国民民主党、公明党が推薦する黒岩祐治氏(64)。新人で共産党が推薦する市民団体代表の岸 牧子氏(62)の2人です。

 

現職/共産党
ってことらしい。

意識/無意識

 

シャワーを

 

ささっと浴びてくる、ってことができないのだ。今では妻の手を煩わせることもほとんどなくなり、以前よりはだいぶマシになったとはいえ、「入浴」はハードルの高いイベントであることに変わりがないのだ。

負けるが勝ち

ってことがあるだろう。彼はほんとに俺の説明がききたいわけじゃないんだ、欲しているのはただ「説明を聞いた」というアリバイで、その上でマウントしたいだけである。だったらハナから負け顔をしてやればいい。「自分も理解できてないから説明できない」これでいい。無駄な時間と労力を使わないで済む。

ISOファイル

https://wa3.i-3-i.info/word15853.html

 

 

1枚のCDやDVDの中身を1つにまとめたアーカイブファイル

象徴的虚構の効果

 

新年度

ここ数年はいつもこの時期、次回公演のチラシや情宣用動画づくり、予算作成などの制作作業務に追われていた。並行して台本の手直し、演出プランを練りながらの大道具作成、音響の素材準備など。今はもう、そういう慌ただしさとは無縁となった。創作どころか、ただ生存するだけで精一杯である。

臨床医学の誕生

 

深層の言葉

「主観性」と「普遍性」

 

安定のバカっぷり

 

社会的正義

 

ゆ‐ごう〔‐ガフ〕【癒合】

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/225243/meaning/m0u/

 

 

 

[名](スル)傷がなおり、離れていた皮膚や筋肉などが付着すること。傷口がふさがること。
「傷は見るまに―して」〈寅彦・春寒〉

自分の役

 

アルチュール・ランボー

 

亜脱臼の違和感

を説明するとしたら、見えないショルダーバッグをずっと肩にかけているよう、というだけでなく、そのベルトが肩に食い込んで癒合してしまった感じである。

可能性

 

存在と無

 

フリードマン

 

神は言葉であった

 

涙が出ないので

目薬を処方されたが、場当たり的な対応ばかりで原因がまったく特定されぬから気味が悪い。それをやらぬのはきっとコスパが悪いってことなんだろう。

ジジェク

 

人間この弱き者

 

 

靴下を

毎朝履くのも一苦労なのである。

亜脱臼の肩は相変わらずだし、なんだか腕にも疼くような痛みがこもっている感じだし。

社会の利益

 

人という生物

 

堕落

仕様変更

に伴うココログの使いづらさがハンパない。いったい何のためのリニューアルだったのか。

新元号が

発表になり、俗に「アカが書き、ヤクザが売ってバカが読む」といわれるどこぞの新聞社の記者が、さっそく曲解に基づく難癖をつけている。

ニーチェ

 

手を貸してくれないでも

おまえがそこをどけば済む話じゃ。ってことがしばしばあるな。

街の中のバリアフリーと「心のバリアフリー」

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201812/1.html

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »