2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 昨年の夏に | トップページ | 老兵は死なず、ただ消え去るのみ »

2019年3月24日 (日)

靴下を履く

といえば、主体的行為のように聞こえるが、い麻痺側の足には「履かせる」という感覚なんだ。つまり意思の力が及ばないそれはもはや自分の身体の一部ではない感じ。

« 昨年の夏に | トップページ | 老兵は死なず、ただ消え去るのみ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨年の夏に | トップページ | 老兵は死なず、ただ消え去るのみ »