2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« | トップページ | 排泄 »

2019年3月 6日 (水)

リハビリパンツ

「まれに失敗してしまう」「尿もれがある」という方なら、まずは安心のために「パッド」を使ってみることからはじめてみましょう。
普段使っている下着に「尿とりパッド」を使う方法がおすすめです。
もし失敗しても、パッドだけ交換でき、ズボンや下着は汚れません。
下着に「尿とりパッド」をテープで取り付けるだけなので、介護用(大人用)おむつに抵抗がある方でも、安心を得るための対策として、受け入れていただきやすいかと思います。
ほかにも「リハビリパンツ」という選択肢があります。
いわゆるパンツタイプの紙おむつですが、薄手のものが多く、下着をつける感覚に近いです。
トイレの失敗の頻度が高い方は、「尿とりパッド」よりも「リハビリパンツ」のほうが、より安心だと思います。
頻繁にトイレに行けないような場合は、「リハビリパンツ」と尿とりパッドを併用するとより安心です。
初めておむつを試すタイミングでは、パンツタイプとはいえ、紙おむつに対する抵抗感があっても不思議ではありませんね。
ご本人の意思によるものであれば、おむつ選びもスムーズに進められますが、ご家族やお世話する方からのはたらきかけによる場合は、無理強いしてしまうと、ご本人の自尊心を傷つけることにつながりかねません。
「使い捨てであったかいパンツがあるけど、使ってみませんか?」など、できるだけご本人の気持ちをくみ取ってあげることが肝心です。
介護用(大人用)おむつは、身体の状態やご本人の気持ちを考慮して、どのようなものを使うのかを考えていくことが大切だと思います。
● 介護用(大人用)おむつの選び方・使い方は十人十色
要介護の状態になっても、できるだけ排せつはトイレでしていただくことをおすすめします。
「リハビリパンツ」はトイレにいける方のために、上げ下げするだけで簡単に着脱できるおむつです。
トイレの失敗を恐れて外出を止めたり、生活意欲を失ったりすることは良くありませんし、活動量が減ることで身体の機能を衰えさせてしまうことも考えられます。
不安を払拭し、安心を得るためにも、「リハビリパンツ」を上手に使ってみましょう。

« | トップページ | 排泄 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 排泄 »