2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« | トップページ | 消えた »

2018年12月 3日 (月)

本編+αがあるわけだ。大衆演劇なんかじゃ昔からあたりまえにあることである。新劇/小劇場系でも、ポストパフォーマンストークは今や珍しくはないし、らうちゃんほど知名度のある出演者が物販の売り子をやれば、販売物の売上に少なからぬ影響があるだろう。 そういう制作的な目論見は当然あっていい。べつに客は参加を強制されるわけじゃないのだ。本編の余韻を味わいたいという者は、さっさとそこから立ち去ればいいだけの話である。そのための時間的「余白」はあるわけで、つまり選択肢は提示されてあるわけだ。それを選び取る程度の主体性すらない阿呆(クレーマー)が、独善的お客様根性で、己の好みをあたかも普遍的な価値観のごとくいいつのり、それに全体が従うべきと「べき論」をぶちたがる。とてもじゃないがつき合いきれぬし、つき合う必要はない。 こういうのに限ってさして売上げには貢献しない(下手すりゃタダ券で潜り込んでいたりもする)。いらぬ肉体的精神的コストを主催者側が負担することになる。相手にするだけムダである。

« | トップページ | 消えた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 消えた »