2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 支持基底面積 | トップページ | 身体失認により動作遂行時に身体の忘却・不使用がみられる患者に対する取り組み »

2018年11月 8日 (木)

Pusher 症状

脳卒中後の特徴的な姿勢障害の 1 つに, Pusher 症状を認めることがある. Pusher 症状とは, あら ゆる姿勢で麻痺側に身体軸が傾斜し, 非麻痺側上 下肢を使用し, 姿勢を修正しようとする動作に抵 抗してしまう現象である 1). 網本ら 2) は, 脳血管 障害患者において, ①麻痺がない者, ②両側に麻 痺がある者, ③意識レベルの改善が認められない 者, ④頭部外傷 ・ 脳腫瘍の者を除く対象例では, Pusher 症状の出現率が約 25%であり, 臨床上経験 することが多いと報告している. Pusher 症状を呈 した症例では, 側方への体重移動が困難となるこ とから, 身体が傾いてしまい適

« 支持基底面積 | トップページ | 身体失認により動作遂行時に身体の忘却・不使用がみられる患者に対する取り組み »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 支持基底面積 | トップページ | 身体失認により動作遂行時に身体の忘却・不使用がみられる患者に対する取り組み »