2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 自律神経の仕組み | トップページ | 入院から退院まで »

2018年11月17日 (土)

自律神経の主な機能と体の反応

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
交感神経が働くと副交感神経が働くと
瞳孔(ひとみ)散大(光が多く入るように)縮小する
涙腺血管が収縮、涙の分泌が減る血管が拡張し、涙が増える
唾液腺唾液が減り、喉がカラカラに渇く唾液が増える(唾液は消化液)
胃腸の分泌腺胃液や腸液の分泌が減る胃液(胃酸などの分泌が増える
胃腸の運動動きが減り、便秘がちになるゴロゴロとよく動き下痢に傾く
気管の平滑筋ゆるんで気管内径が広がる気管を締め付け気管内径が狭くなる(喘息の状態)
心臓のリズム心拍数が増えてドキドキする心拍数が減る
心筋の収縮大きく収縮しタップリ血液を送る弱い収縮となる
抹消血管収縮し、血圧が上がる弛緩し血圧が低下、片頭痛がする
汗腺汗をたくさんかく
立毛筋収縮し鳥肌が立つ
膀胱、直腸の筋肉尿や便を貯める。便秘になる尿、便を押し出し、下痢に傾く
膀胱、肛門括約筋締まって、尿、便を出させない出口が緩んで、尿便を出す
脳、神経興奮する静まって、眠くなる
神経が働く状況目が覚めて活動を始めるとき、仕事をしているとき、けんかをしているとき、試合や運動をしているとき寝入るとき、寝ているとき、食事をするとき、のんびり休んでいるとき、排便排尿時
http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/community-medicine/child/jiritsu/jiritsu_2.htm

« 自律神経の仕組み | トップページ | 入院から退院まで »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自律神経の仕組み | トップページ | 入院から退院まで »