2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ナラティブ | トップページ | 厄介 »

2018年10月29日 (月)

作者の死

作者の死」(さくしゃのし、英語 The Death of the Author)はフランスの哲学者ロラン・バルトが1967年に発表した文芸評論の論文[1]。また、そこで提唱された、ある物語の作者はその物語の解釈を決める最高権威(神)ではないとする考え方である[2]。
バルトはテクストは現在・過去の文化からの引用からなる多元的な「織物」であると表現し、作者の意図を重視する従来の作品論から読者・読書行為へと焦点を移した

« ナラティブ | トップページ | 厄介 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ナラティブ | トップページ | 厄介 »