2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 廃用症候群 | トップページ | 「我思う、ゆえに我あり」についての解釈と批判 »

2018年10月29日 (月)

コストセンター

コストセンターとは、会計用語から生まれたもので、「原価中心点」とも言われ、一般的な定義としては業務にかかった費用だけが集計される部門とされます。コストセンターの目的は、いかにコストを抑えながら、良いパフォーマンスを発揮するかということ。直接利益を生まない事業部門であるため、業務効率化や圧縮が求められます。
コストセンターの例としては、経理や総務などのバックオフィス業務、顧客からの問い合わせに対応するコンタクトセンターなどがよく挙げられます。
また、自社内で製造を行い、販売しているような業態の場合は、生産部門(工場)をコストセンターとして捉える場合もあります。

« 廃用症候群 | トップページ | 「我思う、ゆえに我あり」についての解釈と批判 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 廃用症候群 | トップページ | 「我思う、ゆえに我あり」についての解釈と批判 »