2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« ミュラー・リヤー錯視 | トップページ | 「意味」と沈黙 »

2018年10月27日 (土)

さらにいうなら『相手が自分と違う文化的基準で生きている事を、ありのままに当然の事として「知る事」』の困難を知ることだよ。だからメルロポンティ的な「視線」の概念を頭に入れとく必要がある。思い上がったバカにはこれができないわけ。せいぜい我思う故に我あり的に素朴な根拠でアプリオリな「自己」を前提とするから自己相対化なんてできないんだ。

« ミュラー・リヤー錯視 | トップページ | 「意味」と沈黙 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミュラー・リヤー錯視 | トップページ | 「意味」と沈黙 »