2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 人間の運動、メルロ=ポンティからの再出発 | トップページ | 人間機械論 »

2018年9月25日 (火)

知神経リハビリテーション

認知神経リハビリテーション
認知神経リハビリテーションでは運動は行為です。
現実との相互作用のために構築される行為なのです。
そしてそれは「知る」こと、つまり世界に意味を与えることを目的としています。
行為を計画し構築していく中のひとつの要素として筋収縮があるのです。
こうした視点に立つと、情報の受容表面という身体の本来の役割が見えてきます。
情報の受容表面として現実との対話を行うのです。
身体の存在は経験の重要な核なのです。
これが可能になるためには、脳の予測機構の存在が必要になります。
予測機構が希求する相互作用の意味を決定し、
予測されたものと実際に知覚されたものの比較を行います。
こうすることで、運動が「知る」ことにつながるのです。
だからそれは経験から生まれ、生きる経験を規定していくのです。
経験は言語によって表現することも可能です。
そのことを、患者の観察や病理の解釈
あるいは訓練を組み立てる場面で考慮していくことが必要です。
訓練
ですから訓練は問題という形で提示されています。

« 人間の運動、メルロ=ポンティからの再出発 | トップページ | 人間機械論 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間の運動、メルロ=ポンティからの再出発 | トップページ | 人間機械論 »