2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 一年前の今日 | トップページ | 言葉における存在の彼方 : メルロ=ポンティ・デリダ・レヴィナスの思考をもとに »

2018年9月30日 (日)

夢を見た。

「どうする? まっすぐ帰る? それともどっかで飯でも食ってく?」などと友達と話しながら新宿の街を歩き回っている。
かつてはあたりまえにあったことだが、今は決してあり得ない。単に歩けないということだけじゃなく、決定を保留したまま行動を継続し、「偶然」に期待するっていう選択肢がない。
今日で9月も終わり。来月には俺の「一周忌」である。最近は夢の中でも車椅子であることが多く、健康だった頃の「日常」の感覚がどんどん失われつつある。かつての自分にとってリアリティを感じたことが今の自分には感じられない。明らかにリアリティの質が変わったのである。

Namida

« 一年前の今日 | トップページ | 言葉における存在の彼方 : メルロ=ポンティ・デリダ・レヴィナスの思考をもとに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一年前の今日 | トップページ | 言葉における存在の彼方 : メルロ=ポンティ・デリダ・レヴィナスの思考をもとに »