2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 言葉出ない、急に怒る…家族が脳障害 どうすれば? | トップページ | 川崎市在宅重度重複障害者等手当 »

2018年8月 5日 (日)

理学療法士として歩行に関する知識をまとめてみました

元々、自然な歩行は「無意識」で行われます。歩きスマホが問題になるのも、人は「無意識」で歩けるからです。
声かけにより意識して踵接地を促すような方法では、意識が逸れた時点で、踵を着く歩行ではなくなるでしょう。
ではなぜ、そのように指示を出しながら歩行練習をするのでしょうか?

リハビリ職は、歩行の指示をして、理想に近い歩行動作を練習で反復することで、脳が運動を学習(運動学習)し、指示なしでも歩行効率の良い歩き方ができるように、と考えているはず・・です。

« 言葉出ない、急に怒る…家族が脳障害 どうすれば? | トップページ | 川崎市在宅重度重複障害者等手当 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉出ない、急に怒る…家族が脳障害 どうすれば? | トップページ | 川崎市在宅重度重複障害者等手当 »