2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« moumoon『どこへも行かないよ』」 | トップページ | 書かれてもいない »

2018年7月20日 (金)

比喩

文学的な表現において,心象 imageを利用して,説明,記述をわかりやすくし,強調や誇張の効果をあげるために,類似した例や形容で表現すること。直喩 simile,隠喩 metaphor,換喩 metonymy,提喩 synecdoche,奇想 conceitなどに分けられる。
〈譬喩〉とも書き,単に〈喩〉ともいう。なぞらえ,見立て,喩えを用いる言語表現の総称で,西洋レトリック用語の〈転義trope〉ないし〈転形scheme〉にほぼ相当する。すなわち,〈ある事物に対し別の事物の名称を与えること〉(アリストテレス)。以下のような種類がある。1.直喩(シミリsimile) 二つの事物の類似性の明示的な表現。〈カモシカのような脚〉。2.隠喩(暗喩,メタファーmetaphor) 二つの事物の類似性の暗示的な表現。〈言葉の錬金術〉。3.換喩(メトニミーmetonymy) 〈舌〉で雄弁を表すなど,ある事物の隣接する別語による表現。4.提喩(シネクドキsynecdoche) 〈帆〉で船を表すなど,部分をもって全体を,種をもって類(あるいはこの逆)を示す表現。5.諷喩(アレゴリーallegory) 隠喩の連続による表現で,ことわざに多用される。

« moumoon『どこへも行かないよ』」 | トップページ | 書かれてもいない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« moumoon『どこへも行かないよ』」 | トップページ | 書かれてもいない »