2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 加古隆『水の前奏曲 』 | トップページ | 結構ストレスたまるのよ »

2018年5月 5日 (土)

公演中止も

検討されたことや、しかし「続行」に至った経緯、その実現のためにされた努力を後に聴いて、ピタパタが、むろん「劇団」ではないものの、少なくとも『オトカ』公演において、単に俺の別称を超えた演劇ユニットとして緩やかな組織に変質=成長していたのだなあと思うと感慨深いのである。
たとえば音響プランなど全く引き継ぎをしていない。どうしてできたのか謎であったが、話を聴けば、ずいぶんな「力業」で対処してくれたのだった。確かに今回も俺が作・演出・プロデューサーである。が、この公演の「座長」は俺ではなかった。俺抜きで芝居が無事に上演されたことがその証左である。それでも、もし俺が死んでたら、公演中止にせざるを得なかっただろうと妻は言う。「死亡」に伴う諸々の処理と公演とを両立するのは無理だったろうと。なるほど、そう考えると、生き延びた甲斐があるってもんだ。
31901185_1612506812195216_164675432

« 加古隆『水の前奏曲 』 | トップページ | 結構ストレスたまるのよ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 加古隆『水の前奏曲 』 | トップページ | 結構ストレスたまるのよ »