2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« たとえば「愚妻」 | トップページ | パフォーマティブ/コンスタティブ »

2018年3月 7日 (水)

『去年マリエンバートで』の

脚本家として知られるアラン・ロブ=グリエはヌーボーロマンの代表的な作家だが、誰が読んでも楽しいとか面白いという類の作風じゃない。代表作の『嫉妬』や『消しゴム』『迷路の中で』の細密描写から俺は多くを学んだが、その「面白さ」を誰に対しても説明できるわけじゃない。興味のベクトルが異なる人には一生「縁がない」世界である。そしてフツーはそうだよ。それでいいだろう。己の凡庸さを黙ってを引き受けろ

« たとえば「愚妻」 | トップページ | パフォーマティブ/コンスタティブ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« たとえば「愚妻」 | トップページ | パフォーマティブ/コンスタティブ »