2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 自民・佐藤正久参院議員 「違憲」批判は自衛官の胸に突き刺さる 改憲で誇り持てる環境を | トップページ | “復讐”は終わった…だが小池流はどこに向かうか判然としない »

2017年7月 3日 (月)

共産・小池氏「改憲に『ノー』の審判が下った」

また、選挙結果について「憲法、自民党の改憲案に明確な都民の『ノー』の審判が下ったと受け止めるべきだ」と主張した。

 

ぜんぜん意味が分からないわけです。
こういうのを私は「牽強付会」とか「我田引水」とか言ったりしますけれども、たぶん私が間違っている。少なくとも東京都民はそういう言い方をしないんです、たぶん。
 
名前を失念しましたが、北大経済学部のなんとかという教授。
当時、『朝まで生テレビ』のパクリみたいなのが北海道ローカルでもやられてまして、学生に「なぜ、先生は出演しないのか? 同僚の先生(人気のゼミだった)は出ているのに」と言われてたのを覚えてます。
ああいうところでは「正確」な話はできない、みたいなことを教授はこたえてました。「できない」ではなくて「する」のが学者の務めだろう、と食ってかかられ、うんざりした顔をしてましたね。
 
たしかに、うんざりします。
筋が通っているとかいないとか、蓋然性の有無だとか、そんなことより確証バイアスを刺激する「声のでかさ」が重視されるんですよ。
私の目には「大衆」というものが巨大な森永卓郎に見える。

« 自民・佐藤正久参院議員 「違憲」批判は自衛官の胸に突き刺さる 改憲で誇り持てる環境を | トップページ | “復讐”は終わった…だが小池流はどこに向かうか判然としない »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自民・佐藤正久参院議員 「違憲」批判は自衛官の胸に突き刺さる 改憲で誇り持てる環境を | トップページ | “復讐”は終わった…だが小池流はどこに向かうか判然としない »