2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 比喩 | トップページ | 民進・山尾志桜里氏、女系天皇容認「男系男子、論理必然ではない」 自民・下村博文氏は「歴史への冒涜だ」 テレビ番組収録で »

2017年6月14日 (水)

国家と団地

 
石川教授のいう統治機構の三層構造論。
それじたいはわからんではないです。でも、9条3項(?)によって自衛隊の存在に正統性が与えられ、予算も躊躇なくつけられるようになるから戦争に巻き込まれるみたいな話は論理の飛躍でしょ。 あと、石川教授は百地教授に対して「憲法論でなく政治論だ」と小馬鹿にした態度をとるけれど、安倍首相のレガシーづくりでしかないという「陰謀論」の強調は、それこそ反アベ勢力を結集しようという「政治」に他ならないんじゃないの?   
 
で、団地の理事長経験者としては、ペット問題を思い出しました。
うちのマンション、ペット禁止なんですよ。でも現に飼ってる人がいる。犬の毛だとかおしっこの「問題」が発生するわけです。理事会、なんとかしろと苦情がくる。
まさか犬を処分しろというわけにはいかない。理事は毎年変わりますし、めんどくせーことはうやむやにして先送りにしたいのも人情で、だったら飼育者の自治会的なものをつくって、そこで自主管理させようじゃないか、という提案をしました。苦情はそちらへ。
するとこれに反対する人がいるわけです。それをやったらペットの飼育を認めたことになる、どんどんペットが増えていく、と。  

そういう立場の人がまさに石川教授的発想なんですよ。あくまで「本来はいないもの」とすることで抑制的に統治できるという考えなんですね。
それでどうなると思います?
結局「ひとりひとりがモラルを持とう」だとか、そういう小学生の標語みたいなことを言って総会がお開きになるんです。そうならざるを得ないんです。
だって「いないもの」を管理なんかできない。
国家は団地と相似形。

« 比喩 | トップページ | 民進・山尾志桜里氏、女系天皇容認「男系男子、論理必然ではない」 自民・下村博文氏は「歴史への冒涜だ」 テレビ番組収録で »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 比喩 | トップページ | 民進・山尾志桜里氏、女系天皇容認「男系男子、論理必然ではない」 自民・下村博文氏は「歴史への冒涜だ」 テレビ番組収録で »