2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« コノテーション | トップページ | 20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない、20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない »

2017年5月23日 (火)

死ぬのはいつも他人ばかり?

核兵器で死のうが、バナナの皮ですっころんで頭を打って死のうが、「死」には変わりない。
そう思う一方で、いや、やはり違う、と主張することも可能なんです。
つまり「死」というのは単に物理的な消滅でなく、死に方=死に至る「物語」のことなんだ、と。
そう解釈するなら、たしかに両者は等価じゃない。文学的に。
翻って、等価じゃないのはあくまで文学的次元の話なんだ、という自覚があれば、ときにそいつを括弧に入れて、核兵器とバナナの皮のリスクを定量的に比較し、「死」そのものを遠ざけるのに役立てることもできる。
それが「政治」というもんだろう。

ところで「死ぬのはいつも他人ばかり」とマルセル・デュシャンはいったけど、果たしてそうか? 死の当事者である「私」もまた「私の死」の傍観者という側面があるように思う。

« コノテーション | トップページ | 20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない、20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コノテーション | トップページ | 20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない、20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない »