2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 心得 | トップページ | 観客 »

2017年5月26日 (金)

受容理論

たとえばAというシーンがあり、それと一見関係のないBというシーンが続けて演じられる。これが交互に繰り返されるなら、いずれAとBとは何らかの繋がりを持つ。
なぜか?
観客の視線に晒されているから。
すなわちAとBとの関係がどのように解き明かされるのか、観客に「期待」を持たせてしまうから
そうした受容理論を踏まえてテクストを構造化するか否かが「創作」と「作文」の違いだと思う。

« 心得 | トップページ | 観客 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心得 | トップページ | 観客 »