2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 積分 | トップページ | 唯物論的制約 »

2017年5月26日 (金)

喫煙シーン

アニメの喫煙シーンにケチがついたことがあった。
〈学生が「タバコくれ」と友人にタバコをもらう場面などは未成年者の喫煙を助長し、国内法の「未成年者喫煙禁止法」にも抵触するおそれがあります〉など、ナンセンスで反論する気にもならない。煙草=絶対悪にまつわることは、いかなる文脈で叩いても正当化されるというわけだ。
そうした嫌煙ファッショ的風潮の中、確かに私の書く戯曲でも喫煙シーンが減った(皆無ではないけれど)。
ひとつには消防法上の問題がある。舞台上での火の使用はたいていの小屋で禁じられているが、煙草程度はOKというところが昔は多かった。またひとつには制作上、嫌煙の観客に対する配慮も、なくはない。
だが何より、テクストが要請するのである。
つまり、虚構の中に置かれた「煙草」は、もはや完全に近過去を示すアイコンとなってしまったということだ。

« 積分 | トップページ | 唯物論的制約 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 積分 | トップページ | 唯物論的制約 »