2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 仲正昌樹「ハイデガー哲学入門─『存在と時間』を読む」 | トップページ | 夕顔 »

2017年5月29日 (月)

中島義道『ひとを〈嫌う〉ということ』

「なぜAのことを嫌うのか?」
そう問われて、自分がAのことを嫌っている理由を探す。
たとえば「モノを食うとき口をくちゃくちゃさせるから」。
では仮に、その「理由」がAから取り除かれたとしたら? つまり「くちゃくちゃ」しなければ、Aのことを嫌いじゃなくなるか。
そんなことは決してない。今度は「おしぼりで顔を拭く」のも気に入らない。
つまり「原因」を言ったようでいて実のところ、そもそも嫌いなAの属性を手当たり次第に指摘しているに過ぎないのだ。
そう著者はそう分析する。
すでに嫌いの「原因」をその人の属性から「その人自身」に変化させてしまっている。

« 仲正昌樹「ハイデガー哲学入門─『存在と時間』を読む」 | トップページ | 夕顔 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仲正昌樹「ハイデガー哲学入門─『存在と時間』を読む」 | トップページ | 夕顔 »