2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 受容理論 | トップページ | 説明不足 »

2017年5月26日 (金)

観客

一口に「観客」といっても立場によって意味合いが異なる。
劇作家のいう「観客」は、テクストに対する一定水準の理解力を持つことを常に期待=想定されているいわば形而上の存在だ。
演出家にとっての「観客」はもう少し現実的で、視覚や聴覚への触発に敏感に反応する複数の人々といったところ。
プロデューサーにとっては、チケット代や劇場の場所、演時間や椅子の座り心地やエアコンのきき具合などをしきりと気にする形而下の存在。
それぞれのレイヤーが重なって生身の「観客」となる。

« 受容理論 | トップページ | 説明不足 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 受容理論 | トップページ | 説明不足 »