フォト
無料ブログはココログ

« 転移 | トップページ | 民主主義 »

2017年5月24日 (水)

万能薬

「万能薬」などというものは、この世にない。
多かれ少なかれ副作用のあることを承知した上で、ある症状を克服すべく、その薬を使用する。むろん、使用に際しては注意が必要で、だから専門医の意見にも耳を傾ける。副作用によって、むしろ命が奪われる蓋然性が高いのならば、そんな薬は使用すべきじゃない。
要するにリスクは定量的に比較し評価すべきものである。
ただ漠然と「副作用がある!」というわかりきった「事実」の連呼に、いったい何の意味があるか?

« 転移 | トップページ | 民主主義 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 転移 | トップページ | 民主主義 »