2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 思考の枠組み | トップページ | 男社会 »

2017年5月23日 (火)

福島浜通りの現状:敵は放射線ではない

福島の放射能は怖い。そのようにおっしゃる方々の多くは、(一部の明らかな悪意は別として)心の底から福島に住む子供たちを心配されているのだと思います。それだけではなく、避難区域の設定も、避難指示も、甲状腺スクリーニングも、そのどこにも「悪意」は存在しない。私たちはその事をもっと深刻に考えなくてはいけないのではないでしょうか。
http://agora-web.jp/archives/1611061.html?utm_source=SNS_20140904

この先生のいうことは、確かにそうなのだろう。
しかし「動機の純粋性」を忖度してやる時期はとうに過ぎた。学ばぬものは永遠に学ばぬのだ。これは「情報量」の問題じゃない。彼らは、いわばワイドショウ的な「正義」に慣れ親しみすぎている。それをイデオロギーが後押しする。だから物事を単純な善悪の二分法でしか捉えることができず、今そこにあるリスクを定量的に比較することの意味を(積極的に)理解しない。

« 思考の枠組み | トップページ | 男社会 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 思考の枠組み | トップページ | 男社会 »