2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« おつり | トップページ | 同調圧力 »

2017年5月23日 (火)

「私」の分裂

ライブハウスに行くと、さっきまでステージで演奏してたミュージシャンが客席で腕組みしてつまんなそーにべつのバンドの演奏を見てたりしますよね。
同業者に対する「視線」ってそういうもん。
で、その視線の対象に、さっきの自分の姿を設定する観念を自己批評性というんですよ。

「私」という「物語」は、かように言葉によって分節化される。そうして「私」の分裂を促す。
私は演劇を通じてそれを実感するんです。
演じるワタシ/演じられるワタシ、この分裂を一身に引き受けるのが役者というもんだ、と定義できる。

« おつり | トップページ | 同調圧力 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おつり | トップページ | 同調圧力 »