2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 技術 | トップページ | 水回りの工事 »

2017年5月24日 (水)

プリミティブな価値観

忠犬ハチ公は主人の帰りを待っていた。
しかしほんとうに? 
それは誰にも分らない。擬人化された犬の内面を想像すると、そう思えて仕方がないというだけだ。
 
私たちが共有してるこうした「物語」は、ある時代のある地域に支配的な価値観にもとづくもの。普遍的「善」と信じられがちなプリミティブな価値観も実は限定的なものにすぎない。
とはいえ、その時代にそこで暮らす限り、それは単に観念の話じゃない。たとえば「矢ガモ」のカモはほんとは痛くないかも、というのは通用しない。犯人はきっちり法律で裁かれる。
翻っていえば、法律ってそういうもの。

 

« 技術 | トップページ | 水回りの工事 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 技術 | トップページ | 水回りの工事 »