2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 思考の地平 | トップページ | 「くださる/いただく」問題 »

2017年5月23日 (火)

向うまかせ

劇の登場人物と劇作家とが、まったくの無関係というわけにはいかないけれど、登場人物が劇作家の分身となってメッセージを「代弁」するかのごとき芝居を見せられると、私は心底うんざりするのである。
「創作」って、作者にとって、そんな都合のいいもんじゃないはずだ。
泉鏡花はこう言った。
最初は、或る材料と事件とが、ふとした導火線によつて連絡(つなが)れて、好い工合に調和したといふことが動機になつて書き初めても、途中でどうかすると意外な方面に向かつて進むことが有るのです。然し、私は書く時にこれといふ用意は有りませんが、茲(ここ)に、一つの私の態度ともいふべきことは、筆を執つていよいよ書き初めてからは、一切向うまかせにするといふことです。

« 思考の地平 | トップページ | 「くださる/いただく」問題 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 思考の地平 | トップページ | 「くださる/いただく」問題 »