2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 補助線 | トップページ | 想像力 »

2017年5月26日 (金)

読む

俳優が戯曲を「読む」ということは、書かれてある台詞を淀みなく、感情を込めて発声すればいいというものでは全然、ない。
作品の〈世界観〉を踏まえてテクストの言葉を我が身に接続すること。それが俳優にとっての〈読む〉という行為だ。
〈世界観〉というのは作者の思想や主義主張などとは、なんら関係がない。あくまでテクストの要請に基づく。
〈テクスト〉の語源はラテン語で「織る」の意である。テクスチャ=織物から派生した。そのいわば“織り目”が形作る陰影が作品の〈世界観〉なのだ、と私は思っている。

« 補助線 | トップページ | 想像力 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 補助線 | トップページ | 想像力 »