2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 石平『私はなぜ「中国」を捨てたのか 』 | トップページ | ケインズ/ハイエク »

2017年5月25日 (木)

わたなべまさこ『聖ロザリンド』

「嘘をつく人は天国へ行けません」
“純粋”な子供には、社交辞令も、言葉の綾も通じはしない。8才の少女ロザリンドは“正直”に、次々と殺人を犯していく。無垢がゆえ(というか、「愉快犯」に見えるのだが)の大胆な犯行は、恐ろしくも痛快で、私は思わず笑ってしまったのだけど、子供の頃にこれを読んでトラウマになったという人も多いらしい。
 
373ぺージと結構な長さ。ストックホルム症候群が、犯人との長い時間の共有を必要とするのと同じ理屈で、この“長さ”も重要。読者は悪魔の行いに眉をひそめつつ、同時にこの少女に惹かれてしまう。ラストシーンではきっと涙を流すことになるだろう。
 
文庫(ぶんか社)の「あとがき」によれば、作者は当初この作品を『マーガレット』で連載することを考えていたらしいが、「刺激が強すぎる」という理由から、『フレンド』での連載になったとのこと。
なんで『マーガレット』でダメで『フレンド』ならいいのか、私にはぜんぜんわからないのだけど、とにかくいろんな“大人の事情”で、いろんなバーションの本が出版されているらしい。
「連載を読んでいた読者の方からは「幻の前半はどこで読めるのか?」と聞かれることがありますが、文庫で読めます!とお答えできます。」とのこと。

« 石平『私はなぜ「中国」を捨てたのか 』 | トップページ | ケインズ/ハイエク »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 石平『私はなぜ「中国」を捨てたのか 』 | トップページ | ケインズ/ハイエク »