2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

脚本をお探しの方へ

« 情操教育 | トップページ | 立ち位置 »

2017年5月24日 (水)

役の生理/役者の生理

役の生理と役者の生理は分けて考えよ、というのが、ほとんど私の口癖になっている。
「役」というものは演者の主観の外化などでは決してなく、常に演者と観客との間主観的なものである。それが演劇である以上、構造的にそのようにしてしか「役」というものは存在しえない。
演者が「何を思っているか」ではなくて、「何を思っているように、観客に思われるか」が問題だ。その自覚のない者はしばしば己の生理が役のそれを阻害する。平たくいえば、独りよがりというやつだ。
そして同じことが作家にも、演出家にも言える。

« 情操教育 | トップページ | 立ち位置 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 情操教育 | トップページ | 立ち位置 »